在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
祝先生(祝老师)
小象が2009年の夏休みに私の母校に戻って学んだことについて書いた時に、私のクラスの担任の金先生とその奥様が小象を大いに助けてくれたことに触れた。さらに、以前に書いた私のクラスの担任である黄先生も小象を連れて、私の在校時にはまだなかった新しいキャンパス、新しい食堂、そして新しいプールに見学・体験に連れて行ってくれた。
写到小象2009年暑期回我的母校学习时,提到了我的班主任金老师与师母给予了小象很大的帮助。还有以前曾写过的我的班主任黄老师也带小象去参观体验了我在校时尚没有的新校园、新食堂、还有新的游泳馆。

実は私のクラス担任となった方には、もう一人祝先生がいて、私も早くから書いてみたかった。彼はとっくに学校からいなくなってしまい、今どこにいるかもわからない。しかし彼は私の記憶の中にとどまり続け、いまだに忘れがたい。なぜなら、彼はかつて私の大きな助けとなってくれて、今に至るまで私に大きな恩恵をもたらしている。
其实还有一位我大学时的班主任祝老师,我也早就想写写。他虽然早已经不在学校,也不知道他如今在哪里,但他却一直在我的记忆里,令我难忘。因为他曾给过我很大的帮助,也让我受益至今。

以前に書いたが、私が大学に受かった後、クラスの中にはできる人がとても多かった。多くは文化大革命の10年間に大学が生徒を募集しなかったために集まった、埋もれていた精鋭たちであった。逆に現役の高校生は私しかおらず、その上日本語は全く習ったことがなかった。学校が始まって最初のころは、日本語の単語の書取りができなかったために恥ずかしくてすすり泣いて、先生にお許しいただいてグラウンドで気が済むまで思いっきり泣いたこともあった。私はできる人の中に完全に埋もれてしまい、クラスの中で私の声を聴くことは滅多になかった。特に授業中は、できる人たちは皆争って、手を上げて発言しているが、私は逆にみじめに視線を下げて、先生が自分を当てることを恐れているだけであった。
以前曾写到过,我考入大学后班里能人特多,大都是因为文革10年大学没有招生而积攒沉淀的精英。而只有我一个是在校高中生,还根本没有学过日语。开学初期我曾因为听写写不出日语单词而羞得抽泣,被老师宽赦到操场去尽情大哭。我完全被埋没在能人之中,在班里很难听到我的声音。特别是上课的时候,能人们争相举手发言,我则灰溜溜地把眼皮低下,唯恐老师叫到自己。

三年生の時にクラスに祝先生がやって来た。私と同じように、あまりしゃべらない先生であった。もしかしたら彼はクラスの中の状況についてあまり詳しくなかったのかもしれない。来るなり私を当てて発言させた。その上、私のわずかな取るに足らないような解釈を認めてくれて、その後も彼はできる人を当てるように、よく私も当てて発言させた。こうして私の状況にも変化と転機が生まれて、私も同級生と同じように積極的に考えて、学びながら質問をするようになった。段々と視線も上がり、手を挙げるようになり、同級生たちも私の日本語が上達したとほめてくれた。実は私はそれまでも結構努力していたのだが、ただ表明することが怖かった。祝先生は私が自信を持てるように助けてくれた!私は当時、もし今後先生になることがあるとしたら、私は必ずクラスの中の手を挙げられず、話をできない生徒を当てて発言させようと思った。なぜならば話をしないことは彼(彼女)が何も考えていないということではないから。
三年级的时候班里来了一位祝老师,也是一位不太爱说话的老师。也许是他对班里的情况不太了解,上来就叫我发言。并对我的一点点微不足道的见解给予了肯定,之后他也像叫能人们一样常常叫我发言。这下我的情况出现了变化与转机,自己变得与同学们一样主动思维,边学边问。渐渐地抬起了眼皮,举起了手,同学们也夸我的日语进步了。其实我以前也挺努力,只是不敢表达,是祝老师帮助我有了自信!我当时就想我以后要是当了老师,我一定叫班里不举手、不说话的同学发言,因为不说话不等于他(她)没有想法。

翻訳ブログ人気ランキング参加中
[PR]
by tubomim | 2012-04-03 11:42 | 2012年