在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
タグ:韶関 ( 11 ) タグの人気記事
感心する一枚の年賀状(一张让我感动的贺年片)
f0056261_20544555.jpg
少しずつ減り続けるといっても、毎年出す年賀状があればもらう年賀状がある。ほとんどが個人のお付き合いであるが、一枚だけ昔の仕事関係のある会社からのものがある。
尽管在一点点减少,但每年还是既有发出的贺年片也有收到的贺年片。大概都是一些个人间的来往,只有一张是来自以前有过工作关系的企业。

これは2000~2001年頃、数回訪れた中国広東省韶関市某歯車工場からの年賀状である。当時韶関市国有企業改革のプロジェクトで、訪れた工場はこの歯車工場以外にも多くある。実は私はこの工場に数回しか行っていないし、そしてとても大きなグループ企業なのになぜ毎年私に?数年前に一度聞いたことがあるが、「私たちはあなたのことを覚えている」と言われ、このように10年以上毎年必ずくる、もらうたびに感心する。
这是在2000~2001年期间,我曾数次访问过的中国广东省韶关市某齿轮工厂寄给我的贺年片。当时是国有企业改革项目,我们除了这家企业外还访问过不少企业。其实我只去过这家几次,而且这家企业是家非常大的集团企业,为什么每年会给我? 前几年曾问过一次,被告知“我们记得您呢”就这样10多年来每年必到,收到时每每感动。

翻訳ブログ人気ランキング参加中
[PR]
by tubomim | 2013-01-02 21:11 | 2013年
洪水氾濫(洪水泛滥)
 最近新聞やテレビを通じて、九州地方などの連日の雨の被害状況に注目していますが、先日このブログを読んだ韶関のある方は私が大好きな韶関http://tubomim.exblog.jp/1858000/も先日百年一回の台風により被害を受けたことを教えてくれました。この方が提供してくれた写真を紹介させていただきます。
  最近通过报纸电视都在关注着九州等地连日的暴雨受灾情况。前两天一位阅览博客的韶关先生告诉我,我特别钟爱的韶关http://tubomim.exblog.jp/1858000/前日也由于百年一遇的台风受灾严重,请看他发来的照片。
f0056261_0345230.jpg

街灯がどこにあるか見えましたか 看到路灯在哪里了吗?

f0056261_0385469.jpg

船が上陸しました  船上路了
f0056261_0125694.jpg

台風の爪痕  台风过后
f0056261_0233194.jpg

工場浸水2.5メートル  车间浸水2.5米高
f0056261_0493377.jpg

浄水場も水没し、市民が並んで水を待っています  水场被淹没,市民在排队等水

七月炎炎天象异,忍看吴楚狂飙肆。百稼哀愁千户闭。
青衫泪,呜呜不绝江河水。

浊浪排空三万里,瑶池歌舞依然醉。欲问苍生何以济,
听仔细,神仙怎管人间事。

借用xiahouzi 小姐http://xiaohouzi.exblog.jp/看到中国南方的水灾后的感慨诗歌
[PR]
by tubomim | 2006-08-01 23:28 | 2006年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(九)
            韶関での入院
                             (横浜市)T.M
 初めて韶関市を訪れた時のことである。連日の仕事の緊張と宴会の疲れのためか何となく頭がふらふらしていた。しかし、すぐに良くなるだろうと高を括って誰にも言わず仕事を続けていた。そのうちまわりの韶関の方々が、私の顔色が悪いのに気が付き、市で最も伝統ある人民病院に連れて行ってくれた。診察を受けたところ、血圧が異常に高く、すぐ入院だと診断され、その場で車椅子に乗せられ病室に運ばれてしまった。

 焦燥感と不安感を抱きながら、生まれてはじめて乗る車椅子で運ばれた病棟は、真新しい近代的な棟であり、病室は、応接室まで設けられた日本でも見たことのないような立派な部屋であった。窓からは色とりどりの花に囲まれた池と橋のある中庭が眺められ、今までの不安な気持ちが減り少し安らいだ気分になった。

 すぐに主治医が来られて、改めて精密検査をしていただき、看護婦さん達も、大変親切に世話をしてくれた。昼間、私が眠っている間も、度々窓越しに様子を見に来られ、夜間も隣の応接室に看視人を付けてくれた。

 また、ホテルの大変散らかった私の部屋から、入院に必要な衣類や洗面道具などを探して持ってきてくれたり、病院の料理が口に合わないのではないかと心配して、家から手作り料理を持ってきてくれたり、日本にいる家族に早く連絡が取れるように携帯電話を貸してくれたりして、私の異国での入院の不安はそれですっかり消え、その病院の先生方と現地の友人の皆様に総てをゆだねる気持ちになった。

 お陰で僅か2泊3日の入院で血圧は正常に戻り、仕事に復帰することができた。そして、退院10日後に、再検査に伺ったときには、院長先生はじめ、主治医の先生、看護婦さんたちが大勢で迎えてくれ、その上、祝い品までいただき、全快を心から祝福してくれた。
f0056261_1210573.jpg

先生、看護婦さんと一緒(左から5人目が筆者)

 韶関の皆さんの厚い温情には、感謝してもしきれない気持ちで一杯であり、韶関に思いを馳せるたびに、お世話になった皆さんのお顔とあの素晴らしい病棟が思い出される。

 韶関市の街並みは、大変清潔で美しく、また、周辺には観光資源が極めて豊富である。しかも、気候は温暖で過ごしやすく、料理は淡白で美味しく、日本人の好みに非常に合っている。
 そして何よりも私の心を捉えて離さないのは、ここに住んでいる人々のこころの暖かさと優しさである。出来ることなら、この地で晩年を過ごすのも、素晴らしいことではないかと思っている。
[PR]
by tubomim | 2006-05-17 12:12 | 2005年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(八)
              時計の修理屋
f0056261_19563379.jpg

 中国の広東省韶関市駅前に時計の修理屋があった。そこには一人の古い人民服を着ているおじいちゃんと、一つの小さなテーブルが一つと一脚のベンチが一つあった。目立たないけど、私にはとても重厚に見えた。
  在广东省韶关市火车站前有个修表的摊位。一位穿着旧中山装的老人,一个小木桌,一只小板凳,很不起眼,却让我很是敬重。
  在廣東省韶關市火車站前有個修表的攤位。一位穿著舊中山裝的老人,一個小木桌,一隻小板凳,很不起眼,卻讓我很是敬重。

 出張のためこの地に訪れた私は自分の腕時計バンドの片方のピンが穴から抜けたことに気が付いた。自分で数回押して戻してみたが、なかなか入らなかった。ある日修理屋の前を通った時ついに直してくれるようおじいさんにお願いした。思わなかったことにこのピンが少し変形したため、おじいちゃんは一所懸命にルーペを片方の目に吸い込まれそうにしながら、めり込ませるようにして、一所懸命ずっといじっていたが、やっぱりピンが少し変形していたため入らなかった。ルーペはおじいちゃんのしわ寄せの目のくぼみに深く嵌め込ん吸い込まれそうだったが、同時に私の心も吸い込いこまれてんでいった。すると私は「だめだったら、一本交換しましょう」といった。「お客さんの時計はいい時計なので、交換したらもったいない。」とおじいちゃんは続けまだあのルーペを吸い込ん覗き込でいる。私はまた「それなら修理しなくていい、どうせまだ使えるから」といった。おじいちゃんは目のくぼみからあのルーペを外し、立ち上がって、もう少し待たせるため自分が座っていたベンチを私に譲ってくれた。私はどうしてもおじいちゃんがあのルーペを吸い込むことに執着するのを見るに忍びないので、買い物を口実にしてこの場から去っていった。修理できなくても使用には影響差し支えないので、修理しなくていいと言い付けたった。たぶんおじいちゃんは存分執着しただろう気が済むまでやってみたと思って、あの修理屋の前に戻ってきた。彼は何回も拭いた後確かに直したあの時計を何回も拭いて私に手渡した。私は本当にとても感動した。
  出差来到此地的我,发现自己手表带有根穿针从一侧小孔中脱落了,自己尝试着推了多次也没推进去。那天走到摊位前,顺便请老人家帮着推一下。这根穿针有点变形,老人家用一只眼使劲嘬着放大镜,鼓捣了半天也没推进去。放大镜深深地嵌在他堆积着层层皱纹的眼窝里,同时也嘬着我的心,于是我说:“不行就换一根吧。”“你这是好表,换了可惜。”老人家继续嘬着那个放大镜。我又说:“那就不修了,反正也能用。”老人家从眼窝里取下放大镜,站起来让我坐在他的小板凳上再等等。我实在不忍心再看老人家这样执著地嘬着那个放大镜,就借口去买东西,并告诉他修不好也不影响使用,就不用修了。估计他执著得差不多了,我就转回到那个摊位。他擦了又擦递给我明明白白修好的那只表,我真的好感动。
  出差來到此地的我,發現自己手錶帶有根穿針從一側小孔中脫落了,自己嘗試著推了多次也沒推進去。那天走到攤位前,順便請老人家幫著推一下。這根穿針有點變形,老人家用一隻眼使勁嘬著放大鏡,鼓搗了半天也沒推進去。放大鏡深深地嵌在他堆積著層層皺紋的眼窩裏,同時也嘬著我的心,於是我說:“不行就換一根吧。”“你這是好表,換了可惜。”老人家繼續嘬著那個放大鏡。我又說:“那就不修了,反正也能用。”老人家從眼窩裏取下放大鏡,站起來讓我坐在他的小板凳上再等等。我實在不忍心再看老人家這樣執著地嘬著那個放大鏡,就藉口去買東西,並告訴他修不好也不影響使用,就不用修了。估計他執著得差不多了,我就轉回到那個攤位。他擦了又擦遞給我明明白白修好的那只表,我真的好感動。

 「いくら?」
 「一元。」
 「一元?」私は目を丸くした。
 「一元!」彼はきっぱり言った。
 私には言い返す言葉がなかった。さらに一分を多く渡しても、この老人の誇りを傷つけることになるのを知っているから。私は両手で彼が私のために直してくれた時計を受け取って、彼に深くお辞儀をした。彼の執着、彼のまじめ、彼の人柄のために私は深くお辞儀をした。
  “多少钱?”
  “1块。”
  “1块?”我瞪着眼睛,
  “1块!”他斩钉截铁。
  我无言相对,我知道再多给他一分都是对神圣老人的亵渎!我双手接过他为我修好的表,深深地给他鞠了一躬。我为他的执著、他的认真、他的为人深深地鞠了一躬。

  “多少錢?”
  “1塊。”
  “1塊?”我瞪著眼睛,
  “1塊!”他斬釘截鐵。
  我無言相對,我知道再多給他一分都是對神聖老人的褻瀆!我雙手接過他為我修好的表,深深地給他鞠了一躬。我為他的執著、他的認真、他的為人深深地鞠了一躬。


 上に述べたのはお金の問題ではなく、人の問題である。ここで小さい時百回、千回も暗誦した毛沢東の「白求恩を記念する」という文章を引用してみる。「人の能力には大と小がある、ただこのような精神があれば、一人の高尚な人、純粋な人、道徳のある人、低いレベルの趣味から脱皮した人、人民に有益な人になる。」まさに一つの忘れられない、自慢すべき、平凡だが偉大な時計の修理屋さんである!
  以上要说的不是钱的问题,是人的问题。这里想引用一段小时候背诵了千百遍的《纪念白求恩》:“一个人能力有大小,但只要有这点精神,就是一个高尚的人,一个纯粹的人,一个有道德的人,一个脱离了低级趣味的人,一个有益于人民的人。”真的,一个难忘的、值得骄傲的、平凡而伟大的修表人!
  以上要說的不是錢的問題,是人的問題。這裏想引用一段小時候背誦了千百遍的《紀念白求恩》:“一個人能力有大小,但只要有這點精神,就是一個高尚的人,一個純粹的人,一個有道德的人,一個脫離了低級趣味的人,一個有益於人民的人。”真的,一個難忘的、值得驕傲的、平凡而偉大的修表人!

2005年5月11日
Shiraさん:大変勉強になりました、本当にありがとう!
[PR]
by tubomim | 2006-05-12 20:00 | 2005年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(七)
             麗晶ホテル
f0056261_11543533.jpg

タンポポ蒲公英
 
 日本に慣れた人は中国に行くと、現地のサービスに不満を感じることがしょっちゅうあるが、私もこのような不遇に出会ったこともある。しかし今回広東省韶関市麗晶ホテルでの自らの体験はどうしても一筆しないと気が済まないほどよかった。
 韶関市の知名度が高くないように、麗晶ホテルもあまり目立たない。しかし自ら感じた一点一点は確実に私の思い出に消せないほど浸透した。
  在日本住惯了的人,去中国就常常会抱怨当地的服务不尽人意,我也有过如此遭遇。但我们这次在广东省韶关市丽晶饭店的亲身感受,好得让我不得不在此为她特书一笔。
  如同韶关市尚不太闻名一样,丽晶饭店也并不太起眼。然而在那里亲身感受的点点滴滴却都实实在在地铭刻在我的记忆中难以抹去。

  在日本住慣了的人,去中國就常常會抱怨當地的服務不盡人意,我也有過如此遭遇。但我們這次在廣東省韶關市麗晶飯店的親身感受,好得讓我不得不在此為她特書一筆。
  如同韶關市尚不太聞名一樣,麗晶飯店也並不太起眼。然而在那裏親身感受的點點滴滴卻都實實在在地銘刻在我的記憶中難以抹去。


 私は日本の調査団に随行して韶関市にいった。毎日朝早く出て、夜遅く帰ってきて、くたくたに疲れていた。ある日ホテルに戻って昼食をとることになったので、午後の出発する時間までは20分の余裕があった。一眠りしたいと思っていたが、本当に寝てしまったらえらいことになると心配して、「15分後に起こしてもらえますか。」と交換台に聞いた。「安心してお休みください。時間になったら必ず起こしますから。」その後私は数回暇を見つけては、お母さんにゆだねるのと同じように自分を交換手に任せ、安心して一眠りしたことがある。
  我是随同日本调查团去韶关市工作的。每天早出晚归紧张的工作把我累得疲惫不堪,偶尔一天回饭店吃午饭,离下午出发还有20分钟,真想打个盹,但又怕真的睡着了误事,问一下总机,可否15分钟后叫醒我,小姐道:“您就放心地睡吧,到时我一定会叫醒您”。此后,我曾多次忙里偷闲将自己托交给总机,就像告诉了妈妈那样放心地睡去。
  我是隨同日本調查團去韶關市工作的。每天早出晚歸緊張的工作把我累得疲憊不堪,偶爾一天回飯店吃午飯,離下午出發還有20分鐘,真想打個盹,但又怕真的睡著了誤事,問一下總機,可否15分鐘後叫醒我,小姐道:“您就放心地睡吧,到时我一定会叫醒您”。此后,我曾多次忙里偷闲将自己托交给总机,就像告诉了妈妈那样放心地睡去。

 ホテルの会議室でずっと通訳をしていた。休憩時間に部屋から出たととき、お茶いれのお嬢さんがひそかに私を隣の部屋へ呼んだ。「ずっと通訳していたから、大変疲れて、おなかもすいたでしょう。一個胡麻団子を食べるにはそれほど時間もかからないでしょう。」と言った。目の前でお茶と胡麻団子を持っていたお嬢さんが、どう見ても実家の妹のように思えた。
  在饭店会议室连续作翻译,中间出来休息时,小姐悄悄叫我到隔壁的房间,“一直在翻译,一定又饿又累,吃个麻团不会占用多少时间”。我望着端着茶和麻团的小姐,怎么看都觉得她就像我家亲小妹。
  在饭店会议室连续作翻译,中间出来休息时,小姐悄悄叫我到隔壁的房间,“一直在翻译,一定又饿又累,吃个麻团不会占用多少时间”。我望着端着茶和麻团的小姐,怎幺看都觉得她就像我家亲小妹。
 
 調査がいよいよ終わる時期に私はホテルから出て街のコピー屋へ調査報告書をコピーに行った。戻ってきた際にホテルの前は一方通行で、遠まわりすると時間がかかるから、私はホテルの道路の反対側でタクシーから降りた。大きなダンボールを抱きながら、一歩一歩ホテルへと歩き続けた。ホテルにさえつけばもう助かると思った。ところがまだ広い道路の真ん中あたりにいるとき、すでにホテルのベルボーイに見つけられていた。彼は三歩を二歩にして走ってきた。そのとき、実家の弟が走ってきたように見えた。
  调查将要结束时,我到外面去复印调查报告书,回来时由于是单行线,又怕绕道耽误时间,我就在大马路的对面下车了,之后我抱着一大箱子报告书,一步一步地往饭店挪,心想只要挪到饭店就有救了。结果,还在大马路上,就被门卫的小伙子发现了,他三步并两步地跑过来,此时我仿佛看到跑来了自家的小兄弟。
  调查将要结束时,我到外面去复印调查报告书,回来时由于是单行线,又怕绕道耽误时间,我就在大马路的对面下车了,之后我抱着一大箱子报告书,一步一步地往饭店挪,心想只要挪到饭店就有救了。结果,还在大马路上,就被门卫的小伙子发现了,他三步并两步地跑过来,此时我仿佛看到跑来了自家的小兄弟。
 
 韶関から出発するあの日、朝早く起きた。お湯でも飲もうかと思って、ポットをみたら空っぽだった。するとポットをドアの外に置いて、お湯をお願いする電話をしようというところで先にカーテンを開けてみるとまだ夜は明けていなかった。起こすには忍びなくて飲まないように我慢することにした。しかし2分もたたないうちに軽いノックの音が聞こえ、暖かいポットを持ってきてくれた。まだうす暗いうちに彼たちはどのように瞬時にひそかに外に置いたポットを見つけたのか。絶えずにパトロールしたのか、それとも監視カメラによるものか、いずれにせよ、心を使った結果である。
  出发那天起得很早,刚想喝口水,一看水瓶里空了,于是把水瓶放到门外,准备打电话请他们送水来,但拉开窗帘一看天还没亮,不忍心叫醒他们,就决定忍着不喝了。可没有2分钟,随着轻轻的敲门声,服务员送来了热乎乎的暖瓶。我真不知道天还黑蒙蒙的,他们是怎样及时地觉察到那只悄悄送出门外的水瓶的,是在不停地巡视?还是凭借着监视器?我想不管怎样一定是用了心。
  出发那天起得很早,刚想喝口水,一看水瓶里空了,于是把水瓶放到门外,准备打电话请他们送水来,但拉开窗帘一看天还没亮,不忍心叫醒他们,就决定忍着不喝了。可没有2分钟,随着轻轻的敲门声,服務員送來了熱乎乎的暖瓶。我真不知道天還黑蒙蒙的,他們是怎樣及時地覺察到那隻悄悄送出門外的水瓶的,是在不停地巡視?還是憑藉著監視器?我想不管怎樣一定是用了心。

 誰かの体調がよくないと彼らは薬局がオープンするまで待って体温計とお薬を買ってきてくれた。
 誰かが一本の入れ歯を下水道に落としたと聞いたら、翌日奇跡のように下のフローの管のカーブから見事に見つけてくれた。
朝出かける際には今日の天気を教えてくれるし、夕方戻ってきたら暖かい挨拶で迎えてくれる。
あの微笑、高ぶらず卑屈にならず、見せ掛けでもないし偽物でもない、まさに以心伝心!今になっても常に思い出して味わうほど美しかった。
  有人不舒服,他们就会等到药店开门,把体温表和药买来。
  有人把一颗假牙掉在洗脸池的下水道里,第二天他们居然能神奇地把它从下一楼层的弯管处找出来。
  早上出门他会提醒你今天的天气,晚上回来她会向你问寒问暖。
  那微笑,不卑不亢、不虚不假、以心传心……美得至今让我们常常回味。

  有人不舒服,他們就會等到藥店開門,把體溫表和藥買來。
  有人把一顆假牙掉在洗臉池的下水道裏,第二天他們居然能神奇地把它從下一樓層的彎管處找出來。
  早上出門他會提醒你今天的天氣,晚上回來她會向你問寒問暖。
  那微笑,不卑不亢、不虛不假、以心傳心……美得至今讓我們常常回味。

  
 三回ほど麗晶ホテルに泊まる幸運があった。ホテルに入るたびに家に戻ったような感じがする。彼たちを見ると実家の兄弟姉妹に再会したような雰囲気がした。
 麗晶ホテルのフロントにはただ三ツ星がかけてある。しかし彼たちの人々の微笑みは一つ一つ美しい星みたいに私の思い出の中でピカピカ輝いている。
  有幸去丽晶饭店住了三次,一进饭店就是回到家的感觉,一见到他们就如同看见了自家的兄弟姐妹般地亲切。
  虽然,丽晶饭店的前台只挂着3颗星,但他们每个人微笑的面孔,就像一颗颗美丽的亮晶晶的星星在我的美好记忆中一闪一闪。

  有幸去麗晶飯店住了三次,一進飯店就是回到家的感覺,一見到他們就如同看見了自家的兄弟姐妹般地親切。
  雖然,麗晶飯店的前台隻掛著3顆星,但他們每個人微笑的面孔,就像一顆顆美麗的亮晶晶的星星在我的美好記憶中一閃一閃。

f0056261_12142415.jpg

2001年12月1日
[PR]
by tubomim | 2006-05-07 23:52 | 2005年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(六)
韶関に感動されるのはすばらしい景色だけではなく、ここのすばらしい人々でもある。
           
                丹霞山の人々   
 二人の日本友人とともに新圳へ出張に行った。ぜひ一度広東省北部の有名観光地である丹霞山へ行くように私はその際極力に薦めた。すると短くて、忙しい仕事が終わって、日本に戻る前に時間を作って、私たちは北上した。
  陪两位日本朋友去深圳出差,我力荐他们一定要安排去一次广东省北部的著名景区丹霞山,于是结束了短暂紧张的工作后,返回日本前我们就抽空北上了。

 残念なのは行った日は大雨になり、観光地には観光客が一人もいなく、雨の中で客待ちの農民だけが数人いた。雨粒はぱらぱらともともと日よけ用の大きな日傘をたたき、傘の下の小さい籠の中にばらばらと山の産物や記念品を並べているので、私たちはそれぞれここの有名な「陰陽石」のカードを数枚買った。
 観光地に入るとある橋の下の空洞にマントを羽織っている二人の農民が目に映った。その中の一人は私たちを見つけると大雨の中で、カードを挟んで喜んで走ってきた。すでに買ったと私がカードを示したら、彼は「それならいい、どうぞごゆっくり、雨の山道は滑りやすいから。」と親切に教えてくれた。実は沮喪になった彼に悪態をつかれるかもと私は覚悟していたが、彼にこのように言われると私の心はほかほかになった。これをしばらく自分の胸にしまっておいたが、思わずこの「ほかほか」を同行の日本人にも転送した。私たちはしばらく感心した後思い切って折り返し、雨の中で山を降りて、あの橋へ戻ってきた。
 その時、橋の空洞の中には一人の農民だけが残り、しゃがみこんでいる。私たちがカードを買いたいと聴いたら、顔中に望外の喜びが溢れた。しかし私たちがさきほどの客だとわかった途端、すぐに「ちょっと待って!」と言って雨の中を進み、先の同伴を追いかけるため、飛ぶように山の下へと走った。しばらくしたらあの同伴もへらへらの顔をしながら彼と一緒に走って戻ってきた。同伴は先に数枚を私たちに売り、残りの数枚は先ほど彼を追いかけたあの人のカードを買わせた。
  可惜去的那天赶上滂沱大雨,来到景区没有看到一位游客,只有几位在雨中等待游客的农民。雨点劈劈啪啪地敲打着几把本是遮阳的大旱伞,伞下的小筐里零零星星地摆着一些山货与纪念品,我们每人买了几张著名的阴阳石图片。
  进了景区,在一个桥洞里发现了两位披着斗笠的农民,其中一位看见我们后,冒着大雨夹着图片兴奋地跑来。我表示我们已经买过了,他和蔼的说:“那好,你们可要慢慢走好,雨天山里路滑。”我本以为也许会被他颓丧地骂两句呢,让他这样一说我心里热乎乎的,揣了一会儿我不由得又把这个「热呼呼」传送给了同行的日本人。我们感慨了一阵,决定转身下山,雨中又返回了桥头。
  此时桥洞里只剩下一位农民蹲在那里,当他听说我们要买图片,一脸喜出望外的表情。但当看出我们是刚才的客人时,他当即说:“等等!”只见他冒雨飞快地跑下山去追回了刚才的同伴。那个同伴脸上露着憨憨的笑容与他一起跑回来了。他先卖给我们几张,另外几张他让我们买了追他回来的那人的图片。


 私たちの同行者の一人は腹部の手術をしたばかり、山を登る前に私は彼のために篭かきを探してみた。以前ここに来た時に登山口で客を待つ篭が一列に並んでいるのをよく見たから。雨の日に観光客がいなければ当然篭かきもいない。たとえ観光客がいても、大雨の中で客を担いで山を登る人はいるはずもない。私たちは何も期待せずに登り始めた。雨粒はますます大きくなり、傘が支えきれないほどぶつかっている。私たちが苦しそうに半分ぐらい登ったところに突然後ろに人の呼び声が聞こえた。私はびっくりして振り返ってみると、なんとチョッキを着ている二人の男は篭を担ぎながら大雨の中で軽やかな足取りで、追いかけてきた。「先ほど篭を探してくれたでしょう。僕たちは雨を避けるため部屋の中にいたんだよ。」「でも大雨の中で担いでもらう訳にはいかないわ。」「ぼく達はあなたたちを担ぐために走って来たのではないか?どなた?どうぞ!」山を降りて、篭が地面に着陸すると、篭に乗った人はすぐ篭かきの手をしっかり握って、言葉がでないほど感無量になり、ただひたすら頭を下げるだけになった。どのように篭かきの手にお金を押し込んでも彼らは下山の片道だけの料金しか受け取らないことに固執した。
  我们同行人中有一位刚做过腹部手术,上山前我为他去找了一下轿夫,因为以前来这里时,总会看见登山入口处停着一排轿子在等游客。雨天没有游客当然就没有轿夫,即便有游客,谁会在大雨中抬你上山呢?我们无所期待地开始爬山了,雨点越来越大,砸得几乎撑不住伞。正当我们吃力地爬到一半多的时候,忽听后面有人喊,吓了我一跳,回头一看,两个汉子穿着坎肩,扛着轿子大雨中以轻快的脚步追上来了。“你们是不是刚才找轿子?我们在屋里躲雨呢。”“怎么好大雨中让你们抬着?”“我们跑上来不就是为了抬你们吗?哪位?上! ”下了山,轿子一落地,坐轿人就牢牢地抓住抬轿人的手, 百感交加地说不出话,只是不住地点头。不管你怎么往轿夫手里塞,他们就坚决只收下山的单程费用
f0056261_2340685.jpg

大雨の中

 山から出てきて、雨が過ぎた空がからりと晴れた。途中にある果物を売る農婦がいた。彼女は果物の皮を剥いて親切に私たちに試食を薦めてくれた。「食べて買わなくてもかまわない、都会の人はめったに山の新鮮なものが食べられないから。」としゃべった後、彼女は剥いた皮を両手で丁寧に遠いところにあるゴミ箱まで持っていった。私たちは美味しさを味わっただけではなく、さらに美徳もここで見られた。彼女が戻ってきた時に小さい篭の中の果物はすべて私たちに買い占められた。
  出了山,雨过天晴,沿途有个卖水果的农妇。她剥开果皮,热情地让我们品尝,“吃了不买没关系,城里人难得尝尝山里的鲜货。”说完她把剥下的水果皮,用双手捧到远处的一个果皮箱倒掉。我们尝到了美味,更看到了美德,待她返回来时,小筐里的水果已经被我们全包了。

 また私は自ら見たことであるが、私たちをここに案内してくれた韶関市観光局の副局長は途中で突然渓流を飛び越えて向こうの岩石を登った。何かあったかと思ったら観光客が捨てた空ペットボトルを拾って戻ってきた。そしてずっと山の下まで手に持っていた。
  我曾亲眼看到韶关市旅游局副局长在陪同我们参观这里时,他突然一大步跨过小溪,攀岩而上。我们以为发生了什么事情,只见他捡回了一只游人丢弃的空矿泉水瓶子,一直提着下了山。

 2000年から、私は仕事関係で3回ここにきたことがあり、その後また家族や友人とプライベートでまた3回ここにきた。これで丹霞山にきたのはすでに6回にもなった。私をここまで吸い込んだのはただここの美しい山、きれいな水ではなく、それよりこのすばらしい山水が育ててくれた純粋善良の人々であった。
  从2000年起,我因工作关系来这里三次,此后自己又陪同客人及家人来过三次。我已经是六上丹霞山了,吸引我的不仅是它的青山秀水,更是这片青山秀水养育出来的纯洁善良的人。

2005年5月10日
[PR]
by tubomim | 2006-05-04 23:40 | 2005年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(五)
                   韶関への旅                                  (神戸市)H.U
 照葉樹林帯のど真ん中、楽しみであった。予想に違わず中国の旅としては一味違った楽しいものであった。印象に残ったいくつかを……
 珠璣古巷:ここで見られた幾世帯もの人々が暮している光景に気持ちが安らいだ。 イヌやネコが伸び伸びと闊歩し、その前をアヒルが群れて共存している。~始祖と書かれた門前で三世代、祖母・母・孫がの~んびりと座っている。
f0056261_20451232.jpg

(撮影:神戸市H.U)

わんぱく小僧はカメラを構える私を見つめている。赤ん坊はお尻丸出しの開襠褌子。
f0056261_20402675.jpg

(撮影:神戸市H.U)

赤い服の少女がはにかみながらこちらを見ている。
f0056261_20512083.jpg

(撮影:神戸市H.U)

広場には名物の干しアヒルがぶらさがっている。いいなー。 
f0056261_210620.jpg


南嶺国家森林公園:ここにしか無いという広東松、特徴的な能舞台の背景の松のような、枝振りは忘れないものとなった。ジャングル滝回廊という滝道を下る。清流はまるで日本の渓谷を歩いているような錯覚をおこす。
f0056261_21115234.jpg

(撮影:八王子市M.H)

雲門寺:学僧が多く、各所に見られる寂れて僧侶の見当たらない寺院の多い中、ここの学僧の真摯な態度は好感がもてた。僧衣をまといすっと立つ姿は時をさかのぼったように感じた。学堂の建物が新しい。老師たちも随分若い。いろいろと聞いたり、調べたりして見たい事柄が多くあり、立ち去り難かった。
f0056261_2152173.jpg


瑶族の踊り:寂れてはいるが、踊り子は皆一生懸命。可愛らしい。私たちも一緒に陽気に踊った。ピカピカの観光施設での少数民族のもてなしより、この朽ちかけた小屋でのもてなしが安らぐ。私はこちらの方が大いに気に入った。
f0056261_21535485.jpg

f0056261_117969.jpg

 
 もう一つ付け加えておきたいのは、この旅行中、どこを訪れても厠所のきれいなこと。厠所(ツォースォ)でなく、まさしくトイレであった。この清潔さがいつまでも続きますようにと願いつつ旅を終えた。
[PR]
by tubomim | 2006-04-28 20:42 | 2006年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(四)
馬堤人遺跡 
 馬堤人の遺跡は市街から18キロメートルほど離れている。「馬壩人」は、中国猿人と現代人の間に位置する古代人の一類型であり、12万年前の旧石器時代の古代人類である。「馬壩人」の頭蓋骨化石が出土した地点には、「古代人」と「新人」の生活をあらわす彫塑の群像が展示されている。その馬堤人の遺跡はライオン岩にある。そのライオン岩は南から北へ、2つの高さの違う精巧な美しい石灰岩が並んで構成され、北から遠くを眺めると、獅子が横になって熟睡するように、南からは勇ましい獅子が踊っているようにみえる。そこでライオン岩だと名声を得た。岩の内の洞穴が縦横に、洞窟の中に洞窟をかぶせて、穴の中に穴があり、形態がそれぞれ異なっている鐘乳石、石筍、石柱など、至る所にある。
f0056261_2023198.jpg

洞内の様子(撮影:八王子市 M.H)
大峡谷
 広東乳源大峡谷は、長さ15km、深さ300数mの石英砂岩の峡谷である。峡谷の先端部の地形は平坦で、谷川の水は、谷の先端部から谷底まで、200数mの垂直の断崖絶壁を勢いよく流れ落ち、威風堂々たる峡谷の滝を形作っている。
f0056261_20351715.jpg

大峡谷(撮影:八王子市 M.H)
f0056261_20575395.jpg

大峡谷を横断するショー(撮影:八王子市 M.H)

珠璣古巷 
 珠璣古巷は、長さ1500m、幅5mの路地で、古の街道が北から南へとこの路地を貫いていた。南宋の時代、北方から南方へ移った大勢の役人や商人の多くが、ここにしばらく滞在してから珠江三角州へと移住した。
f0056261_22441237.jpg

                古巷

f0056261_15421194.jpg

古巷を通りぬけるとゆったりと枝を広げている大きな榕樹が目に映った。
f0056261_11105917.jpg

榕樹の下でこの二人に出会った。
f0056261_15473155.jpg

さらに先に行くと静かな竹林、小径そして水たまり、思わず「曲径が幽処に通じ」という名句を思い出した。
[PR]
by tubomim | 2006-04-26 19:48 | 2006年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(三)
南華寺 
 韶関市街から24キロメートルに南華寺がある。 南華禅寺は、中国仏教の禅宗六祖・慧能が発展させた「南宗禅法」の発祥地であり、またそのことから、「南宗祖庭」と呼ばれる。
f0056261_20314212.jpg

南華寺
 ここは中国の仏教の有名な経典の《六祖壇経》の誕生地で、禅宗を広めた第六祖の慧能禅師の死んだままの姿がここに祀られている。ミイラ化した本当の姿は中国語で「真身」と呼ばれている。1500年の歴史を持っている南華禅寺が広東、更に東南アジアにおける最も影響力を持つ中国の重点寺院になった。日本とも縁の深いお寺でもある。
f0056261_1924030.jpg

禅宗六祖・慧能の真身

                  鑑真和上と韶関
                                 (東京都)S.U
 広州新白雲国際空港から華南第一の大河珠江の支流北江に沿って京珠高速道路を北上すること一時間半余り、北江が二股に分かれる辺りに広がる市街地が韶関である。まるで水の上に浮いているような美しい町並みだ。

 市の南部、曲江区にある南華寺(南華禅寺ともいう)は唐代に栄えた禅宗の名刹で臨済宗、曹洞宗などの宗派はその時代にこの寺から生まれた。従って禅宗の祖庭とも呼ばれている。中国特有のややオレンジがかった黄色の壁を持った廟が整然と配置された美しいたたずまいを持ち、門前には精進料理を食べさせるレストランも並んでいる。
f0056261_20303393.jpg

 この寺で忘れてならないのは八世紀に苦難の末に来日し、日本の仏教のみならず医薬、彫刻、食品など多方面に亘って日本文化の発展に多大の功績を残した鑑真和上が五度目の渡航失敗で海南島に漂着した後、韶関のこの寺に滞在していたことだ。ここで和上は目を患い遂に失明してしまう。この頃和上は和上に来日を懇請し、ずっと弟子として付き従ってきた二人の日本人僧侶を含め信頼する三人の弟子を次々と失ってしまう。それでも和上は「これ仏法のためなり、他に行かんとする者なくば我行かん」との初心を貫きここから華南と華中を隔てる嶺南山脈を越える街道を北上し江西省に入り長江に至り本拠地楊州に戻り、日本からの遣唐使の戻り船で六度目の渡航に挑み、念願の来日を果たすのである。この和上の辿った唐代に拓かれた街道が市の北部に梅関古道として保存されている。この付近は唐の頃から梅の木が多く今でも早春には道の両側に咲き競う梅花が美しい。
f0056261_7391075.jpg

 韶関を訪れたら南華寺に詣で、梅関古道に足を運び、自らは失明し、信頼する弟子を失いながら再起を図ろうとして石畳の街道を北上していった和上の不屈の意志を想い、幾多の挫折を乗り越え来日を果たした和上の日本文化に対する多大の貢献と、それに対して僧侶としての最高位を贈り、和上のために唐招提寺を創建し、最高の礼をもって報いた当時の大和朝廷と日本人たち、二千年以上に及ぶ両国交流の歴史の素晴らしい一齣を改めて反芻したい。
[PR]
by tubomim | 2006-04-24 19:10 | 2005年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(二)
 韶関の森林被覆比率は71.2%もある。中国では珍しい「緑一点」の存在で、地球の同緯度の地区で最も緑の多い地区の一つである。神秘的で険しい丹霞山、滝がなだれ落ちる大峡谷、朝には鐘の、暮れには太鼓の音が響く南華寺、木々が青々と生い茂る森林公園……空中を舞う蝶や山野のいたるところで風を受けて咲き乱れる野の花やゆっくりと流れる清らかな小川や貴重な古樹など感動的な美しい風景ばかりである。
f0056261_0254124.jpg

韶関観光スポット見取り図

丹霞山
 丹霞山は韶関市の東北の50kmに位置して、世界的な「丹霞地形」という名称の由来となった地で、その総面積は280k㎡である。春夏秋冬、日の出・日没の別なく、赤色砂礫岩から構成される山の岩肌一面に、「その色はひめゆりのようで、その輝きは美しい霞のように」と称賛される壮大な景観を呈する。
f0056261_024329.jpg

f0056261_194211.jpg

壮大な赤い絶壁――丹霞山
f0056261_10412286.jpg

丹霞山の夕日 

 山中には680個もの石が大小の峰、砦、壁、柱、橋を形作っている。山中に林立するさまざまな形状の石は、人や物にたとえられ、真に迫る姿をしている。その様子は巨大な赤石彫塑公園さながらであり、「中国赤石公園」と称賛されている。
 陽元石と陰元石の風景は、天下の奇観と言うにふさわしく、世間の人々に丹霞山の不思議さを知らしめ、あこがれを抱かせている。


f0056261_0392048.jpg

陽元石
f0056261_7321443.jpg

陰元石

陽元石
 高さ28メートル、直径が7メートル。風化作用によりできた天然の石柱として、隣の陽元山の大きい石壁から分離してすでに30万年の歴史があったと専門家が考証した。
 
陰元石 
 高さ10.3メートル、幅4.8メートル。1996年にヤマアラシを追いかけてきた地元の猟師はヤマアラシが潜り込んだこの中に入るため、周りの野籐や枝などを切ったら神様がくれたこの宝物を見つけたといわれている。
 ここまで来て、自分の目で確認したら、神様の「鬼斧神工」に脱帽しない人はいないだろう。
[PR]
by tubomim | 2006-04-22 00:22 | 2005年