「ほっ」と。キャンペーン
在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
最新のコメント
>harusion11さ..
by tubomim at 09:57
こんにちは とてもきれ..
by harusion11 at 23:08
>arip314:新年在..
by tubomim at 08:56
新年好!您塗得太精彩了!
by arip314 at 16:55
花子ママさん、あけまして..
by tubomim at 15:11
つぼみさん、お久しぶりで..
by hanako_mama at 22:09
>chinahouse:..
by tubomim at 22:17
哇!你祖父是大画家呀!真棒!
by chinahouse at 16:43
> hanako_mam..
by tubomim at 16:47
>Fujimotoさん:..
by tubomim at 16:46
>hanako_mam..
by tubomim at 16:45
先日は、お宝を拝見できて..
by hanako_mama at 17:39
Googleで調べてしま..
by T.Fujimoto at 14:34
ベトナムには注目してい..
by p3-saito at 23:39
在我这边(台湾)越南餐厅..
by お節介じいさん at 12:02
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
19.ライダルマウント(莱德山庄)
f0056261_643589.jpg
このアンブルサイドにはライダルマウントがあり、ワーズワースが1813年から1850年までここで暮らしていた。1階はリビングと居室、2階は寝室で、ワーズワース夫妻と娘のドーラ、そして妹のドロシーの寝室もあった。さらに1843年に桂冠詩人の称号を得た際に贈られた品々、そして妹の手書きの日記やワーズワースの手紙も展示されている。
在安伯赛德附近有一座莱德山庄,华滋华斯于1813年~1850年居住在此地。1楼为餐厅和起居室,2楼为卧室,包括华滋华斯夫妇、女儿多拉及妹妹桃乐丝的卧室。还展示有1843年获颁桂冠诗人的获赠礼物、妹妹的日记手稿及华滋华斯的书信。
f0056261_6503867.jpg
広々とした花園は詩人が自ら設計したもので、2階の窓から外を眺めると花園の美しい景色や湖水地方の湖や山々が一望できる。
广阔的花园为诗人亲自设计,从二楼窗户望去,花园美景及湖光山色一览无遗。
f0056261_651898.jpg
詩人がよく歩いていた「Coffin's Path」は家のそばにあり、沿道風光明媚、百花繚乱ともいうべき美しさで、詩人は娘のドーラの名前をとって「ドーラの山野」(Dora's field)と命名した。
诗人常走的“Coffin's Path”就在房子的旁边,一路风光旖旎,百花争艳,诗人以女儿多拉的名字为之命名为“多拉的山野(Dora's field)”。
f0056261_6512942.jpg
f0056261_652458.jpg
f0056261_6531011.jpg
f0056261_6532560.jpg

f0056261_653557.jpg
f0056261_6541722.jpg

f0056261_6525848.jpg

f0056261_6554191.jpg

f0056261_655917.jpg

f0056261_6555465.jpg
ほかの何人かはきれいな花々に魅せられて動けなくなってしまったので、私は一人で楽しい小鳥のように跳ねながら花園の奥までやってきた。そして、おそらくここで行き止まりだろう。なぜならばここでは湖(Rydal Waterというだろう)が見られるから。そして湖面から吹いてくるさわやかな涼しい風を楽しんでいた。
他们几个在那里被美丽的花草缠住走不动了。我一个人像只欢快的小鸟蹦跳着来到了庄园的深处,也应该是尽头。因为在这里可以看到湖水(应该是Rydal Water),并享受着来自湖面的清爽的凉风。
f0056261_6561921.jpg
もし、この時誰かがここで私に遠景の写真を撮ってくれれば必ずや油絵と見まごうようなものになっただろう。こんなにもすばらしい場所なのに、惜しいことに私一人しかいない。
当时想谁要是在这里给我拍张远景,应该与油画相仿。这么好的地方,可惜只有我一个人。
f0056261_6563041.jpg
あふれる興味を引きもどし、この辺で引き返す。
收起雅兴往回走。
f0056261_6564863.jpg
遠くからあの何人かが見えたが、まだあそこで写真を撮っていた。
远远地看到了他们几个人,还在那里照呢。
f0056261_6571750.jpg
あ~、疲れた疲れた。もう本当に歩けなくなったから帰ろう。はは~、私しか奥のほうまで入っていないからみんな知らないでしょう、奥のほうは本当にきれい。それはもう全く違った美しさ。
累了,累了,实在走不动了回去吧。哈哈~只有我走到深处,你们不知道里面可美呢,是另一番美。
f0056261_659542.jpg
入口まで戻ると、そこにはまた熱烈に花開いたシャクナゲがあった。
走到门口又是热烈开放的石楠花。
f0056261_6592611.jpg
当然カメラも熱烈に撮影を始めた。
当然相机也热烈地拍照起来。
[PR]
by tubomim | 2011-07-20 20:58 | 2011年 | Comments(6)
18.アンブルサイド(安伯赛德)
f0056261_12243136.jpg
アンブルサイドは湖水地方の中心地帯。ローマ時代にはすでにここで村落が形成されていた。ここには私が好きな石積みの家が数多くあって、とても味わい深いものを感じる。
安伯赛德是湖区的中心地带。罗马时期就已经在这里形成了村落。这里有很多我喜欢的石砌房,看起来很有味道。
f0056261_1226381.jpg
石の隙間に咲くテッセン。
石缝中绽开的铁线莲。
f0056261_12262474.jpg
アンブルサイド市街区に入ると、必ずやこの橋の家を見ることになるだろう。橋の家は1723年に建てられ、もとはリンゴ屋さんであったが、今はナショナルトラストのお土産屋さんである。ミニサイズの二階建て石造建築が橋の上にあり、とてもかわいい。そのため、アンブルサイドのシンボルとなっている。
进入安伯赛德市区,你一定不会错过桥屋。桥屋建于1723年,原来是苹果店,现在则是国家信托的商店。迷你尺寸的双层石砌建筑,座落在跨桥上,非常可爱,成了安伯赛德的标志性建筑。
f0056261_1229780.jpg
中世以来、ここは木材交易の中心地及び定期市の開かれた場所であった。現在、道端には主にアウトドア用品の専門店やレストラン、そしてバーが並んでいる。
中世纪以来这里是木材交易中心及集市所在地。现在路旁主要是户外用品专卖店及餐厅酒吧。有不少人这这里补充装备后在徒步前往山区。
f0056261_12301293.jpg
ビアトリクス・ポターの描いた宝物たちがないところはない。
毕翠斯·波特笔下的宝贝们无处不在。
f0056261_123123.jpg
なんという花?
什么花?
f0056261_1232040.jpg
どういうことがエンジョイすることなのか。私たちはそれがどうしてもできず、いつも時間がないと言ってきた。実は、私は本当にここでエンジョイしたいと思ったので、撮影をするか、さもなければ走っているかであった。
什么叫作会享受,我们几个就不会,老说没时间。其实我特想在这里感受一下,而不是拍照一下就跑。
f0056261_1233921.jpg
橋の家の下を流れる小川。
流过桥屋下面的小河。
f0056261_12333387.jpg
綺麗な小さな花。かわいくて、君を撮らずにはいられない。
美丽的小花,可爱得不能不拍你。
[PR]
by tubomim | 2011-07-13 12:25 | 2011年 | Comments(4)
17.ラスキンの家(拉斯金故居)
湖水地方の素晴らしい自然に惹きつけられ、ここに住むようになった有名人は前に紹介したピーターラビットの著者ビアトリクス・ポター、湖畔詩人のウィリアム・ワーズワース以外にもう一人、思想家・評論家ジョン・ラスキンである。せっかく湖水地方に来たのでラスキンの家へ向かった。
钟爱湖区美丽的自然环境,住到这里的名人除了前面介绍的彼得兔的作者毕翠斯•波特、湖畔诗人威廉•华兹华斯外,还有一位就是思想家•评论家约翰•拉斯金。好不容易来到湖区我们就奔向了拉斯金故居。
f0056261_0153017.jpg
駐車場から降りると仲間が叫んだ「シャクナゲ!シャクナゲ!」、実は私たち一行5人の中3人はわざわざヒマラヤ高山や雲南省へシャクナゲを訪ねに行ったほどのシャクナゲのファンである。湖水地方のシャクナゲは花が大きく、色がカラフルで、そして品種も多い。5月はちょうど見ごろで、今回はまさにシャクナゲ満喫の旅であった。
在停车场一下车,我们的同伴们就高喊“石楠花!石楠花!”您可知我们一行5人中就有3位是石楠花迷。他们曾经专程到喜马拉雅高山及云南去探访石楠花。湖区的石楠花花大、色艳、品种多。5月正逢花开盛季,这次真可谓饱享石楠花之旅。
f0056261_0323947.jpg
ラスキンは52歳の時にコニストン湖を見下ろす森に囲まれた丘の上にある邸宅を購入し、家の大々的改造を行った後に彼は死ぬまでここに住み続けた。
拉斯金52岁的时候购入了位于山丘上被森林包围的可以俯瞰科尼斯顿湖的宅邸,对这座宅邸进行了大工程的改修后,他生前就一直住在这里。
f0056261_0505077.jpg
坂を登りながら観察、この辺りの建物は他所と違い、どうもこのような赤色が多い。
一边爬坡一边观察,这一带的建筑与其他的地方不同,好像到处都有这样的红色。
f0056261_0512329.jpg
ラスキンの家の敷地はとても広い、牧草、森林、そして高原荒野に咲き乱れた花はとてもきれい。
拉斯金故居占地很大,牧草、森林、还有那漫山遍野盛开的美丽鲜花。
f0056261_1193031.jpg
ここから湖を眺めることができる。この美しい景色に魅了され、知らないうち坂から戻り、湖のほとりに近づいてきた。気が付いたときにすでに時間がなし。結局ラスキンの家の中ではなく、外の見学になった。
从这里可以眺望湖水。我们陶醉于这番美丽的景色,不知不觉中又走下了山坡来到了湖畔。当发现时已经没有时间了,其结果我们参观的不是拉斯金故居的里面而成了外边。
f0056261_149489.jpg

f0056261_01426100.jpg
ワーズワース(1770~1850)、ラスキン(1819~1900)、ピアトリクス・ポター(1866~1943)三人ともここに住み、ここを愛し、ここの情報を世界に発信してくれた。また三人とも長生きで、年代はそれほど離れていなかったのでお互いの事を知り、もしかしたらお知り合いかしらといろいろ考え、図書館へ行った。見つけた『イギリス湖水地方』の中にこの三人かかわる人物相関図を見つけた!
华兹华斯(1770~1850),拉斯金(1819~1900),翠斯•波特(1866~1943)。他们三人都住在这里,钟爱这里,将这里的信息发向世界。而且三人都长寿,年代也相隔不是太远。他们是否彼此相知,也许还彼此相识?我在作着种种猜想,于是到图书馆去查阅。结果我在查阅的《英国湖区》一书中还真找到了与这三人有关的人物相关图!
[PR]
by tubomim | 2011-07-11 00:19 | 2011年 | Comments(4)
16.ホークスヘッド・グラマースクール(鹰岬文法学校)
f0056261_19111732.jpg
ビアトリクス・ポター・ギャラリーの近くに学校があり、1585年に開校。イギリスの代表的なロマン派詩人であるウィリアム・ワーズワース(William Wordsworth)は1779~1787年、ここで勉強していた。
毕翠斯・波特艺廊附近有一座鹰岬文法学校,建于学校1585年。英国 浪漫派诗人华滋华斯于1779~1787年就读于此。
f0056261_1915459.jpg
館員は親切に案内してくれた。
馆员为我们作了热情的介绍。
f0056261_20242595.jpg
一階の教室だけが昔のままの教室の姿をとどめている。
一楼整个是教室,一直保持着昔日的原状。
f0056261_20262685.jpg
懐かしい、これ!なんという名前だっけ?昔使ったことがある。
好怀念,这个!叫什么来着(画石板?)?很小的时候用过。
f0056261_20275678.jpg
学生たちの落書き、ワーズワースが当時机に 「W. Wordsworth」と彫り込んだ落書きもあり。
学生们刻划的痕迹,也有华滋华斯当年也在桌子上刻划的“W. Wordsworth”。
f0056261_20301379.jpg
教室の後ろに置いてあるこの大きな木箱,大事な物を預ける金庫。上には大きなカギが三つ、三本のキーはそれぞれ別の三人が持っているといわれた。
教室后面这个大木箱,专放贵重物品,有3把锁,钥匙分别由3个人保管。
f0056261_20323638.jpg
階段の踊り場の脇に小部屋があり、職員室だったはず。。
楼梯转弯处有一个小房间,应该是老师的办公室。
f0056261_2033353.jpg
二階は資料展示室になっている。壁にはワーズワース像。
二楼是资料展览室,墙上的华滋华斯像。
f0056261_1914240.jpg
学校の裏の奥にあるセント・マイケル教会。教会前の丘はこの学校を通っていたワーズワースのお気に入りで、ここから村全体を眺めることができる。
位于文法学校后面的山坡上的圣米迦勒天使教堂,教堂前的山坡是华滋华斯在校期间最喜欢来的地方。在这里可以展望全村的风景。
f0056261_21291684.jpg
しかし、私のお気に入りは園内のこのよう石つくりの建物。私たちが訪ねたイギリスの街の建物はみんなそれぞれの建築様式をもっている、好き!
我喜欢的是学校院内这些石砌的房子。我们所走过的英国的这几个地方都有着各自不同的建筑风格,喜欢!
[PR]
by tubomim | 2011-07-07 22:28 | 2011年 | Comments(10)
大英博物館 古代ギリシア展に行ってきました!             (去看了大英博物馆 古代希腊展)
f0056261_7595343.jpg
今日、三人で『大英博物館 古代ギリシア展』を見に行った。上野駅の公園口から出るとすぐにこの「円盤投げ」の看板に気が付いた。
今天,三位博友去看了“大英博物馆 古代希腊展”,从上野站公园口一出来就看到了那个“《掷铁饼者》”的广告牌。
f0056261_23195015.jpg
初めて知ったのだが、この国立西洋美術館の本館は世界遺産の候補に推薦されていた。戻ってきて、さっそく検索したが、最近「落選 勧告」も受けた報道もあり、しかし報道元をアクセスすると表示できない状態。検索しているうちにここに辿り、世界遺産のことについて少し勉強させてもらった。
第一次知道,这座国立西洋美术馆被推荐为世界遗产的候选。但回家后一检索,又有报道说最近被“劝告 落选”了,可是所谓的这个报道点击后又不显示。检索来检索去,冲到了这里,在这里了解到一些有关世界遗产的信息。
f0056261_8224794.jpg
「カレーの市民」。庭先の彫刻を携帯で撮影。滅多に携帯で撮影しないが、いざの撮影したいときにやはり便利だよね。
《加来的市民》,用手机拍照庭院里的雕塑。平时很少用手机拍照,突然感到一旦需要照点什么的时候,手机还是挺方便的。
f0056261_8241631.jpg
「考える人」。そのほかにロダンの「地獄の門」などが庭先にある。
《思想者》。此外庭院里还有《地狱之门》等作品。

中では撮影ができない。肝心の円盤投げだが、弓のように張っている背中のライン、地を掴む足の指、血管の浮き出た腕…まさに今投げ出そうとしているような緊張感が伝わってきた。二千数百年前の、一体一体の肉体に表情を表すかのようなこの表現力にびっくり、そして感心。そして、紹介文は簡潔かつ明瞭、そして生き生きとしたもので実にすばらしい物であった。時間があればもう一回行ってじっくり見てみたい。「当時は肉体に気を配り、コンディションを維持するのは社会的義務…」と紹介されていた。社会的義務?!すごい!今の私のこのプチメタボは、社会迷惑、ルール違反になっちゃうの?!また「喜劇役者の像」は初めて見たが、誇張な表情が印象深い物だった。
展馆内不能拍照。此展重点的那座《掷铁饼者》,脊背的线条、抓地的脚指、青筋暴露的臂膀…将投掷前瞬间的紧张感传递给了观看的人们。让两千数百年前的这一座座肉体上赋予了丰富表情的表象力让我震惊·感动。还有那些解说词简洁明了,生动感人,真的很棒。有时间还想再去好好地看看。有段介绍词说“当时的人,非常注意自己的肉体,保持好身材是社会义务…”啊~社会义务?! 了不得!如今咱这小肥肚不就成了影响社会、违反公德了?! 还有那个“喜剧扮演者像”我是第一次看到,其夸张的表情让我印象深刻。
[PR]
by tubomim | 2011-07-06 23:16 | 2011年 | Comments(5)
大英博物館 古代ギリシア展
『大英博物館 古代ギリシア展』を見に行きたいと思っています。一緒に行きたい方、ご連絡をどうぞ。

時間:7月6日(水曜日)午前 
場所:上野 国立西洋美術館 
内容:展覧会公式ホームページ
チケット:チケット情報
ご参考:●自宅で発券できるオンラインチケット 当日チケットの購入は時間がかかると思い、私も先ほどオンラインで購入しました。1500円⇒1300円。
f0056261_11183766.jpg

[PR]
by tubomim | 2011-07-03 10:07 | 2011年 | Comments(9)
15.ピアトリクス・ポター世界館(毕翠斯·波特的世界)
5月23日、チェスターから湖水地方へ移動。列車で行けないこともあるし、ローマ時代の長城を訪ねにいくためにこの日から三日間専用車をチャーター!
5月23日,从切斯特前往湖水地方。因为列车不便,还有我们要去探访罗马长城,所以从这天起,我们包了三天车!

湖水地方はイングランドの北西部にある国定公園で、渓谷沿いに大小無数の湖が点在する風光明媚な地域である。数時間ずっと走ってきた専用車は湖水地方の玄関口ウィンダミアを過ぎ、静かなボウネス街を抜ける道で停車。ここだと言われて、雨の中、指で示された丘を登ってみるとここはなんと「ピアトリクス・ポターの世界の博物館」!まさに童話世界に来た気分。
湖水地区是位于英格兰西北部的一个国家公园,沿着溪谷点缀着无数大小湖泊,风光明媚景色迷人。我们的包车开出几个小时候后,通过了湖水地区的入口温德梅尔,在一条穿过静静的波纳思小镇的路旁停下了。被告“就是这儿”雨中,我们顺着那手指的方向登上了一个小山坡。上来一看没想到这里就是“毕翠斯・波特的世界”!仿佛来到了童话世界一般。
f0056261_084277.jpg
可愛い動物たちに囲まれるビアトリク。お陰様で私たちはここで「ピーター・ラビットの話」などに登場するキャラクター達と次々に会えた。
被可爱的动物围绕的毕翠斯。托她的福,我们在这里接连遇到了《彼得·兔的故事》等裡面的登場卡通。
f0056261_21365954.jpg

f0056261_0113347.jpg

f0056261_0115732.jpg

f0056261_010133.jpg

f0056261_09558.jpg

f0056261_21391789.jpg

f0056261_21392899.jpg

f0056261_21411390.jpg

f0056261_21413396.jpg

f0056261_21415955.jpg

f0056261_21562251.jpg
彼女の作品、肉筆のハガキなど、なんと日本語・中国語の紹介文もある。
她的照片、亲笔绘画的明信片等等,沒想到还有中文・日文的介绍。
f0056261_21551034.jpg
その後少し離れているビアトリクス・ポター・ギャラリーにも行った。17世紀築のこの建物はポターの夫ウィリアム・ヒーリスの法律事務所だったが、内装はほぼ変わっていない。中にはビアトリクス・ポターの原画のスケッチと水彩画、遺品およびビアトリクス・ポターの人生と作品についての情報が展示されている。
我们还去了离这里有一段距离的毕翠斯・波特艺廊。这座17世纪的建筑是波特的丈夫William heelis的律师事务所,内部装饰基本保持原状。里面有毕翠斯・波特原画的速写、水彩画、生前遗物、有关毕翠斯・波特的人生及作品的介绍。

f0056261_225504.jpg
彼女はこの湖水地方を一目で気に入った。そして、ここで癒されながらたくさんの作品を世に送り出した。そして、その作品を見た私たちもその作品に癒されて、素敵な童話の世界に引き込まれていった。
她当年对湖水地区一见钟情,一边在这里休闲一边为世人送上了太多的作品。而拜读了这些作品的我们又被这些作品而温暖,被引向了美丽的童话世界。
[PR]
by tubomim | 2011-07-03 00:03 | 2011年 | Comments(2)