在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
列の並びから(排队)
震災後、計画停電の初日、近くの電車はまったく動いていなかった。私は様々な手を尽くして都心へと向おうとしたが、結局職場にはたどり着かなかった。途中で「自宅待機」の指令が出たので家へ向かって引き返したが、帰り道もスムーズには流れず、やむを得ず、慣れない溝ノ口駅で降りて、普段は滅多に使わない路線バスに乗らざるを得なくなった。
震后第一天计划停电,附近的电车不走了。尽管我想方设法往城里赶,但也没能赶到班上。途中接令“回家待机”,于是掉头又往回赶。回家的电车也不顺当,不得已在不熟悉的沟口站下车,去寻找平日不太利用的公交巴士。

北口から南口まで探して、ようやく我が家の方面へと向かうバスを見つけたが、遠くにまるで龍のように何度も折り返して並んでいる長い列を見つけた。これでは、一体いつまで並べばいいのか?!まだいいことに、バスの出入りに合わせて、私の並んでいる列も少しずつ前に進んでいった。そして、比較的前の方に来たときにやっと分かったのだが、このバス停は実はいくつもの路線の始発であるが、乗客はごちゃ混ぜに長い一列になって並んでいた。バスが入ってきて行き先を表示すると、長い列の中からその方面へと向かう乗客が列から出てきて、順序良く乗車していた。次のバスが来てもやっぱりこのような感じで、全てが整然として流れていた。だからこそ、いかにとても長い列であっても、しっかりと前へ向かって進み続けるのであった。
从北口找到南口终于找到了去我家方向的公交巴士车站,远远地看到站牌前长龙般排着折了几个来回的长队。这得排到什么时候呀?!还好,随着巴士的出出进进,我们的队伍也停停走走。当我排到比较靠前的时候才发现,这个站牌是分别好几条线路巴士的始发站,但乘客都混合排成一条长队。当巴士靠近车站,显示出前往的线路时,长队中要去该方向的乘客就从长队中出来,前后顺序排队上车。下一趟车来了还是这样,一切井然有序。所以尽管是长长的队伍,但一直在向前挪动着。

道路事情が悪いため、我が家の方面へと向かうバスはなかなか来なかった。そこで、私は前の方でバスを待ちながら、詳しく見てみることにした。新しく来た乗客は全員行き先に関わらず列の後ろに並び、前の方に来てから自然にバスの行き先別に列になって、順序良く乗車していた。これらの一切は決して誰かに管理されていた訳ではないし、誰かが怒鳴っていたわけでもない。もちろん、列の和を乱すような人などいなかった。どれほど順序がよくて、効率の高い並び方だろう。列の並び方一つを取ってもレベルの高さが見えてくる。
由于,去我家方向的路况不好,巴士不能前往,所以我在前方边等车边仔细观察。每个新来的乘客不管去哪里,都是从队尾排起,排到前方再根据巴士前往的线路,出队自然地排成另外一个小队有序地上车。这一切没有人管理,没有人叫喊,更没有人加塞捣乱。多么有序、高效的排队方法,排队都排出水平来了。

もし、どちら様かが日本に来たときに、空港の入国審査場で多くの人が並んでいると、窓口が増設されるかもしれない。このとき、たとえそれを見たとしても、決して我先にと突っ込んではいけない。それはせいぜい賢いといったところで、決して知恵ではない。こういうときには、列の二番目の人を先に行かせるべきである。
如果哪位第一来到日本,在机场入境处人多排队时,工作人员可能会增开业务窗口。此时,您即使眼尖发现了也千万别往前冲,因为那最多是聪明,而不是智慧。此时应该是轮到排在第二个的人上前。
[PR]
by tubomim | 2011-03-20 15:05 | 2011年
ふっと思い出した(突然想起)
小さいとき、唐山大地震後に北京にいる私たちは庭に作られた耐震テントに住むようになった。しばらくしたら、部屋の生活に戻ったが、ベットの上にフレームを作っても安心して眠れないので、琺瑯の洗面器に空になったビール瓶を逆さまにして置いていた。
小时候,唐山地震后,在北京我们都住在院子的抗震棚里。过了一段时间搬回屋子住,但在床上都支起了抗震的架子,就这样还是不敢安心睡觉。于是,每天睡觉前在搪瓷脸盆里倒立一个空啤酒瓶。

近頃、日本の地震に揺られ、ゆっくり寝ることはできない。いつもテレビを付けて、地震速報を聞いてから起きるわけにもいかない。そこで私はふっとこの琺瑯の洗面器に逆さまに置かれている空のビール瓶を思い出した。すでに忘れた昔の話だが、地震の揺れにより、また思い出した。
这几天,日本地震摇得我也不敢踏实入睡。总不能开着电视睡觉,听到地震速报再爬起来吧。此时我突然想起了这个搪瓷脸盆里倒立着的空啤酒瓶。已经忘却的昔日往事又让地震给摇出来了。
[PR]
by tubomim | 2011-03-17 22:01 | 2011年
乱れた足(震后上班)
今日の仕事の内容は研修員をセンターまで迎えに行き、その後病院へと案内し、研修を行うことだった。テレビをつけてみると、我が家の近くの電車が運休していることを知り、何も言わずに大象は6時過ぎなのに車で私を都内まで送ってくれることになった。しかし、あまり遠くまで走らないうちにもう渋滞に引っかかり、8時過ぎになってもまだ5,6駅分のところまでしかたどり着かなかった上、ガソリンも底をつきそうになり、ガソリンスタンドも営業停止に追い込まれていた。
今天工作的内容是去中心接上研究生,再去医院进行研修。打开电视一看我家附近的电车停运,大象二话没说6点多就开车往城里送我。可是没走出多远就堵在路上了,堵到快8点多,才开出5~6站地。车油也快没有了,加油站也都叫停了。

この時、小象から東急線は運行しているという連絡を受けて、向きを変えて東急線のたまプラーザ駅へと向かった。駅に入ると、確かに電車は動いていた。ただ、車内の人が外にはじき出されんばかりではあったが。そんなの関係ない。烈火のごとく焦っていた私は一気に突っ込んだ。あとは押されようがつぶされようが気にしない。何が何でも私は必ず行く!東急線はゆっくりと、ゆっくりと走り、中でつぶされていた私は立ちながら眠ってしまった。その後溝の口駅に着いたところでどうしてもこれ以上は進めなくなり、羽を身に付けて飛び立とうとさえしている私は我慢できずに中から無理矢理出てきた。
此时小象来电通报东急线电车在蹭行,于是掉转车头直奔东急线的多摩广场站。进站后还真有车,只是车里的人早已溢到电车门外。这没关系,心急如火的我一头就扎了进去,后面就由他们推吧、塞吧,反正我是走定了。东急线慢慢地、慢慢地走着,以致于塞在里面的我站着都睡着了。后来东急线实在走不动了就停在沟口站待机,恨不得插翅飞行的我耐不住又挤了出来。
f0056261_1327108.jpg

この時、勤め先から今日は皆出勤できていないので、自宅待機に切り替えると連絡が来た。そこで溝の口駅で降りてバスを探すことにした。なぜなら、ここには我が家の近くへと向かうバスがあることを私は知っていたから。しかし、1時間以上待ってもバスは来ない。そこで、また東急線に乗って来た道を帰り、あざみ野駅で降りたが、ここでも我が家に向かうバスはやってこなかった。そこでさらに東急線に乗ってたまプラーザ駅へと戻り、ようやく我が家へと向かうバスを見つけた。20分ほど待って、始発から終点まで乗ってようやく我が家の近くへと帰ってきた。疲れ切った私は下車後に朝食と昼食を一度にしっかりと食事をした。おなかは満足したが、心の中はすっきりしなかった。
这时单位来通知,今天大家都动不了,回家待机。于是沟口站下车去找巴士,因为我知道这里有直通我家附近的巴士。可是今天这个巴士就是不来,等了一个多小时没车。又乘上东急线往后走,あざみ野站下车,没有发现去我家方向的巴士。又再乘东急线先行,回到多摩广场站,终于找到了开往我家附近的巴士。等了20多分钟,从起点坐到终点终于回到了我家附近。下车后精疲力尽的我早饭午饭合在一起足足地吃了一顿,胃里满足了可心里不痛快。

なぜなら、朝早く6時過ぎには家を出たのに13時過ぎにようやく家に帰ってきたから。徒歩、車、電車、バス。使えるものはすべて使ったが、結局職場には行けなかった。
因为一大早6点多出门,13点多才回家。徒步、汽车、电车、巴士能用上的都用上了,也没上成这个班。
[PR]
by tubomim | 2011-03-14 15:43 | 2011年
義援金(捐款)
私たち、『一博一品』及び『一博一品2009』編集チームのメンバーは、昨夜から話し合いを続けた結果、本の売り上げ及び節約によって生まれた剰余金をこのたびの震災の被災者の皆様に義援金としてお送りさせていただくことになりました。明日にもネット上より手続きをいたします。
我们《一博一品》及《一博一品2009》编辑组的成员,从昨晚商议决定将售书费用以及节省的费用捐献给本次灾区的灾民,明天将通过网络办理手续。

この場を借りて、私たちにご支持をお与えくださった皆様に感謝の意を述べさせていただきます。また、一部まだ売れ残っている本がありますが、もしお買い上げいただいた場合は売り上げの全額を全額、義援金として送らせていただきます。
在此特别感谢所有给予我们支持关心的朋友,另外我们还有一些尚未销售的书籍,如果销售出去,销售收入也将全额用于捐款。

詳しくは『一博一品』トップページをご覧ください。
请参照《一博一品》主页。

●午後16:30ごろ赤十字宛に募金58000円を送らせていただきました。

寄付記録
[PR]
by tubomim | 2011-03-13 22:56 | 2011年
地震の瞬間(地震的瞬间)
地震の瞬間、私は中国の研修員と一緒に都内の病院で講義中であった。最初、普通のよくある地震かと思ったっが、徐々に揺れが激しくなり建物構造の鉄骨の軋む音が聞こえ、「普通の地震と違う、テーブルの下に隠れて」と皆さんに声をかけたが、ローラー付きのテーブルはゴロゴロと転がっていった。せっかく開けたドアもまた閉まった。テーブルの下で隠れながら会社や家族に電話をしたがすでに不通状態。
地震的那个瞬间,我正与中国的研究员一起在都内的医院上课。起初还以为就是平日常有的地震,但摇摆得越来越厉害,以致听到了钢筋铁骨发出的铮铮响声。我忙喊道“与以往的地震不同,快趴到桌下!”可是带轱辘的桌子被摇得乱跑,打开的门又被关上。藏在桌子下面的我马上给单位与家人打电话,但此时已经打不通了。

揺れが少し治まり、廊下に出てみたが、また揺れ始めたので、階段から降りて外に出た。外から見るとびっくり。高いビルはまるでこんにゃくのように左右に揺れていた。木も街灯も揺れるし、鉄筋構造の建物がガタガタと音を鳴らしていた。
摇摆稍停后,我们来到走廊。没两分钟又开始摇起来了,赶紧顺着楼梯来到外边。从外边一看吓坏了,高楼就如同魔芋糕般左右摇摆。树在摇,灯在晃,钢筋结构吱嘎作响。

地下鉄は運転していないだろう、運転しても怖いから、皆さんを連れてとりあえず3駅分歩き、新宿までたどり着いた。途中、落ちた看板やガラス、そして地面と建物の間に隙間が入っているものを度々見かけたが、地震後わずか数十分のうちにどちらもバリケードで囲まれて、「注意」、「小心」などと書いてある。また新宿駅にはすでに人がいっぱいいたが、混乱した状態には見えず、皆さんが階段や床に並んで座っている。公衆電話の前には長い列が並んでいて順番に電話をしていた。この対応の速さ、冷静さなどは私と同行している中国研修員たちに感銘を与えた。
估计地铁已经不再运行,就是运行也不敢坐了。于是带着大家一直走了小3站路,来到了新宿。途中看到了几处摔下的牌子、玻璃、还有地面与建筑物之间的缝隙。但每一处在震后短短的几十分钟内就都用栅栏围起,并写上“注意”“下心”等等。新宿车站里面已经停滞了很多人,但看不到一点混乱的状况,人们整齐地坐在台阶与地面上。公共电话前人们排着长长的队伍静静地等候着依次通话。面对这样的应对、这样的冷静,我与同行的中国研修员们不得不为此感慨。
f0056261_23493157.jpg

f0056261_15394618.jpg
f0056261_15395299.jpg
f0056261_15395983.jpg
新宿駅の状況を見て、私たちは強行軍を続けることに決め、西へ進む帰宅軍の列に入った。皆さんは静かに歩くことだけに没頭。ひとすら歩くこと2時間弱、皆さんを安全に宿泊施設に案内できた。途中仕事関係者や家族に数えきれないほど連絡したが、不通だった。
看到了新宿车站的情况,我们决定继续急行军。于是加入了向西挺进的归宅部队,大家只是默默地埋头赶路。一直走了小两个小时,终于安全地把大家带回了住宿的中心。途中与单位及家人打过无数次电话,均未打通。

その後電車が運転していないのを知り、そして駅の状態も見ていたので、駅に行かずに、宿泊施設で仕事もしながら一泊泊まらせてもらった。そのうち家族と連絡がとれ、大象は無事、小象は関内の近くでうろうろしている間に同じ学校の保護者に拾ってもらって診療所で一晩、家族三人三箇所、翌日の昼近くにやっと無事に集まった。
此后,因为我已经知道电车停止运行,而且也看到了车站的状况,于是我就没有赶去车站乘车回家,而是在中心里干些工作,留住了一宿。其间与家人取得联系,老公无事,儿子在横滨的关内街头不知去向时被同校的家长发现,带回诊所在那里过了一夜。一家三口三个地方,第二天傍晌才终于团聚。

お亡くなりになられて皆さんに哀悼の意を、頑張っている皆さんに敬意を示させていただきます。
向遇难的各位致以深切的哀思,向奋战的各位表达由衷的敬意。
[PR]
by tubomim | 2011-03-13 10:52 | 2011年
文莱1 ニューモスク(杰米清真寺)
つづき
接着写


ブルネイで勤めている徐先生の御嬢さんが仕事が終え、私たちを地元で人気があるインド料理屋へと案内してくれた。食事中に御嬢さんがブルネイのことをいろいろ教えてくれた。少し脱線するが、この御嬢さんの唇はとてもきれいで、私は紹介を聞いているうちに思わず数回覗いてみた。私だけではなく、食後沈先生も徐先生に「御嬢さんの唇は実にきれいですね」と言った。
在文莱工作的徐老师的女儿下班后,带我们来到一家当地人喜欢的印度料理店。用餐中徐老师的女儿为介绍了很多汶莱的情况。写点题外话,这位小姐的嘴唇非常的美,以致于我在听她介绍的过程中窥视多次。不光我这样,餐后沈老师也对徐老师说“你女儿的嘴唇真漂亮”

食後、すでに暗くなっていたが、私たち一行は4人でライトアップされたジャミヤシル・ハサニル・ボルキア・モスク「ニューモスク」をゆっくり堪能した。
餐后,尽管天色已经全黑了。但我们4人还是前往灯光照射下的杰米清真寺 (Jame’s Asr Hassanil Bolkiah Mosque)。
現ボルキア国王の即位25周年に合わせて約8年の歳月をかけ、1994年に完成した。内装の床や柱は総大理石を使われ、本堂とミナレットの上のドームは純金製。また、礼拝堂は約5000人が一度に収容できる広大なものでブルネイ一の規模を誇り、壮大で豪華なモスクである。オマールモスク(オールドモスク)に対して、「ニューモスク」とも呼ばれている。


[PR]
by tubomim | 2011-03-09 22:33 | 2009年
アイディア(小创意)
昨天更换了新的护照,将旧护照收起来的时候,将这个小创意晒在这里。
f0056261_11202686.jpg
出国一次,出出进进至少4个章。去的国家多了,次数多了章就更多,最后搞得杂乱无章,面目全非。不仅自己搞不清何时进出了哪里?更让盖章的官员难以辨认、无从下手,严重影响了办事效率与心情。
f0056261_11271392.jpg
于是,我在上面事先随手规划一下,这样一切就变得一目了然,进出有序。此招尽管多次受到出入境官员的赞叹,但我仍担心涉嫌在护照上胡写乱花,所以每次都用铅笔轻轻规划,给纠正错误留个余地。
如果,以后哪家护照上面添印了类似的线条了,记得这个小创意可是俺的,特晒此留证。
友情提示:去中国大使馆更换护照时,需要携带旧护照打开后第一页的复印件,外国人登录证复印件及2张照片,以免在大使馆内多次排队。这也是请教了咱们xdaiba才去的。

[PR]
by tubomim | 2011-03-08 06:36 | 2011年
23、クチン⇒ブルネイ(古晋⇒文莱)
f0056261_124640100.jpg
長~い旅、日記になってしまった。でも続けて書く。マレーシアのクアラルンプールに3日、クチンに7日、11日目にやっと隣の国ブルネイへ出発。
成了漫~长之旅,的日记。但是还要接着写。在马来西亚的吉隆坡3天,古晋7天,第11天才飞往邻国文莱。
f0056261_2251584.jpg
出発の前、先日ホテルの近くで見かけたこの「サラワク日本友好協会」を訪ねた。協会の中で日本語教室が開かれ、数名の日本人の先生が教えている。クラスは常に定員いっぱいの状態で、今日、教え子たちは隣の島へ日本語の試験を受けに出かけたと紹介された。クチンで頑張っている日本人もいるんだなと感心した。時間があれば、この看板に書いてある1339年04月15日についても尋ねたかった。
出发之前,我拜访了前两天在酒店附近发现的这家“砂日友好协会”。这里面办有日语学习班,并有几位日本老师在这里教学。据介绍学习班总是人员爆满,今天学生们去临岛参加日语升级考试去了。不禁感慨在这个地方也有奋斗着的日本人。如果有时间我还真想问问牌子上写的这个“1339年04月15日的由来呢。
f0056261_23575260.jpg
クチン空港でクチンを親切に案内してくれた林先生が追いかけてきて、現像した写真を届けてくれた。なんでこんなに親切なの?日本だったら私も同じようにできるか?どのように感謝すればいいの?「写真にサインしていただけば嬉しい、会えるだけで縁だから」と言われた。一期一会、林先生との出会いを大事にする。
在古晋机场,热心带我们去游玩的林老师特意赶来赠送洗印好的照片。为什么这么热心呢?在日本我也能作到这样吗?让我们怎么感谢他呢?“只要在照片上签个名字就很高兴了,能认识一回是缘份嘛”。一期一会,我会珍惜与林老师的这次相识。
f0056261_0245852.jpg
さ~いよいよ、ロイヤル・ブルネイ航空に乗り込む。
走,终于踏入了汶莱皇家航空班机
f0056261_0282399.jpg
機内は
机舱内
f0056261_0284174.jpg
スチュワーデスは
空姐
f0056261_0323680.jpg
空港から出て、目に映ったナンバープレートの大きな数字、さすが、ここはブルネイ
从机场出来,醒目映入眼帘的是这车牌上这气派的数字。到底这里是文莱呀!
f0056261_0402669.jpg
車で市内へ移動。車窓から撮影したマンション。
坐车前往市内,隔着车窗拍摄的公寓。
[PR]
by tubomim | 2011-03-05 23:00 | 2011年
痴漢に遭遇したら
昼、前に何回も一緒に中国に行った訪中調査団の団長と昼食。食事中に団長が話したこと。奥さんが長年ボランティアで在日外国人が日本での生活に困らないよう日本語を教えていらっしゃるのだが、ある日「電車の中で痴漢にあったら、なんと言うの?」「触らないでください」と教えたら、生徒から「NO! ばかやろ!殺すぞ」ときっぱりとした回答。
中午,与以前多次一起去过中国的访华调查团的团长共进午餐。餐间团长讲道,他的夫人常年来志愿为在日生活的外国人教授日语,以便减少他们在日生活中的不便。某日夫人教道“在电车里碰到了色狼怎么说?”“要讲,请不要碰我。”没想到学生痛快地回答“NO!混蛋,杀了你!”(是不是翻译成:小样的,灭了你!更解恨?)


おかげさまでとても楽しい昼食であった。
就这样,吃了一顿很快乐的午餐。
[PR]
by tubomim | 2011-03-04 21:27 | 2011年
ケーキ(蛋糕)
f0056261_21382872.jpg
ふっと気が付いたのですが、ケーキ屋さんっていいお仕事ですね、だってみんなよい気持ちを持って入っていくから。
突然想到蛋糕房真是不错的工作,因为顾客都是怀着美好的心情进去的。
♪今天3月3日,是日本的女孩节。♪
[PR]
by tubomim | 2011-03-03 21:40 | 2011年