在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
最新のコメント
>harusion11さ..
by tubomim at 09:57
こんにちは とてもきれ..
by harusion11 at 23:08
>arip314:新年在..
by tubomim at 08:56
新年好!您塗得太精彩了!
by arip314 at 16:55
花子ママさん、あけまして..
by tubomim at 15:11
つぼみさん、お久しぶりで..
by hanako_mama at 22:09
>chinahouse:..
by tubomim at 22:17
哇!你祖父是大画家呀!真棒!
by chinahouse at 16:43
> hanako_mam..
by tubomim at 16:47
>Fujimotoさん:..
by tubomim at 16:46
>hanako_mam..
by tubomim at 16:45
先日は、お宝を拝見できて..
by hanako_mama at 17:39
Googleで調べてしま..
by T.Fujimoto at 14:34
ベトナムには注目してい..
by p3-saito at 23:39
在我这边(台湾)越南餐厅..
by お節介じいさん at 12:02
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
石炭、石炭ストーブそして炭屋さん(煤、煤炉、煤铺)
一月前に書いたものだが、忙しいこと、難しいこと、長いこと…とりあえずいろんな「こと」で中国語のままにしていた。先日から少しずつ日本語に訳し出したが、日本語でうまく表現できないところがけっこう有った。その都度「小象、XXX日本語でなんと言えばいい?」「なに?」身振り手振りで説明したら「う~ん、僕が訳したほうが速いかも」と小象が私の身振り手振りを見ながら何回かに分けて翻訳してくれた。


前回、幼なじみの同級生の父親が練炭を運ぶ人であることまで書いたら、昔北京の家にあった石炭、石炭ストーブ、そして胡同にある炭屋さんを思い出した。
上一篇写到老同学的爸爸是位送煤工人,于是又想起了昔日北京家里的煤、煤炉以及胡同里的煤铺。

私が小さい時は北京の湯沸しやご飯炊き、そして暖房はすべて石炭を頼りにしていた。その後ガスが出てきたが、四合院の暖房ではやはり石炭が主役であった。
我小时候北京还没有煤气,烧水、做饭、取暖都是靠煤炉。即使后来有了煤气,四合院里冬天取暖依旧使用煤炉。

毎朝起きると、どの家でもまずストーブを開ける(空気を送り込む)。そして、寝る前に閉じる。うまくやらないと、朝起きてから火を点け直さなければいけない。そのためには薪か引火練炭を使って火を起こすので、ストーブから上がる煙を見たご近所さんは、「とりあえず家の火で食事を作りなさい。通勤、通学前にとりあえず暖かいものを食べさせなさい。」他にも熱湯を持ってきて、「ほら沸きたてのもんだ。とりあえずお茶でも沸かしてくれ。」もちろん、どこかでガスの臭いがすると、「どっからこんなにガスが臭うんだ?ちょっとみんな確認してくれ!」という呼びかけが聞こえてくる。
每天早起后,各家都要先将煤炉打开(开火*),睡觉前再将煤炉封好(封火*)。哪家的火没封好,早起就得重新生火。生火时需要先用劈柴或蜂窝炭引火,只要看到院子里哪家煤炉冒烟,就会有邻居招呼“先到我家火上做饭吧,赶紧让上班、上学的吃了热呼的出门。”也会有人提着开水壶过来“来,刚开的,先把茶沏上。”当然偶而院里闻到煤气味,也一定会有人喊“哪来这么大煤气味儿?都好好看看啊!”

どの家にも廊下、あるいは軒下には炭溜めがあった。しばらく経つと、炭屋さんに声をかけて、持ってきてもらった。炭屋さんには豆炭や練炭、引火練炭や薪などもあった。配達の人は冬になるとはんてんを着て、その上に大きなベルトをつけていた。三輪車の上に石炭の入った25㌔ほどのかごをいっぱい重ねて、それをベルトでくるんで肩に担ぎ、体を傾けて庭に入った。家の庭は大きいので、奥の庭に送るのはとても大変そうだった。石炭を降ろすと、受け取り主がお茶を出して、しばらくお喋りをしていた。
每家走廊上或屋檐下都会有个蓄煤的煤池子。隔一段时间就要去叫煤,请煤铺的送过来。煤铺里煤球、蜂窝煤、蜂窝炭、还有劈柴等。送煤的冬天都穿个大棉袄,棉袄外边扎个大腰带。骑着三轮车,车上摞满了盛煤的竹筐,一筐大约50斤左右。他们用一根带子将车上的煤筐兜好,往肩上一挎,前顷着身子就进院子了。我们的院子深,要是给后院送煤那还是真够辛苦的。卸完煤后,各家都会请他们歇歇,喝杯茶水,再聊上两句。
f0056261_1035365.jpg
ネットより引用
照片引自网上

昔の北京では西山から北京城西側の阜城門に運び、その後各胡同の炭屋さんに散っていった。話によると阜城門城門に描かれている、梅の花の紋は石炭と梅が同じ音であるところから来ているらしい。我が家の近くには二軒の炭屋さんがあって、ひとつは西側の十八半截胡同に、もうひとつは北側の豊盛胡同にあった。みんな炭屋さんと顔見知りなので、どこかで会うと「また石炭が切れ掛かってるよ。今度は二かごくらい持ってきて。」「あいよ。明日の午後に持って行くから家で待ってて。」この間ネットで調べてわかったのだが、炭屋さんで働く人の多くは河北省の定興出身だそうだ。どうりであの同級生のお母さんがなまっていた訳だ。
很早以前北京的煤主要是从西山运送到西边阜城门,然后再分散到胡同里的煤铺的。据说阜城门城门洞上雕刻的“梅花”的图案,就是取的“煤”的谐音。我家附近有两家煤铺,一家是西边的十八半截胡同煤铺,一家是北边的丰盛胡同煤铺。大家与煤铺的都挺熟悉,一般在院里或胡同里遇见就会招呼“我家煤球又快没了,麻烦您哪天顺脚给送两筐。”“好了,明儿下午您在家等着吧。” 这次上网检索才知道煤铺里干活的大都来自河北的定兴,要不我记得那位同学的妈妈外地口音呢。
f0056261_11193098.jpg
ネットより引用
照片引自网上

石炭といえば、私にはもうひとつ懐かしい思い出がある。それはをサイコロ炭を作ることである。石炭の出し入れをしていく内に、炭溜めの中には炭のかすがたくさん出てきたものだ。普通みんなは家の前の空き地で一山に積んで、その真ん中に穴を開けて、水を掛けて、それを混ぜて、また均して… 炭の粉を下に敷いて、シャベルに水をつけてそれを均し、古包丁を使ってサイコロ状にした。(ここまで書いたら、あのサクサクッという音が聞こえた気がした。)数日間、天日干しにしてからひっくり返すと、練炭と一緒に燃やすことができるようになる。この作業は、当時私がとても好きであり、無理やりにでもやりたくて、他の誰にも手を出させなかった作業である。皆にほめられると、さらにやりがいが出てくる作業でもあった。
关于煤,我还有一件童年的乐趣 ,那就是做煤尖儿(?)。用煤叉子叉来叉去,煤池子里就会剩下不少煤末子。一般大家就在自家门前空地上,堆成一堆,中间刨个坑,浇点水,和起来,再摊平。底下垫点煤面,用铁锨沾水把表面抹平,再拿旧菜刀横竖切成均匀的小方块(写到这里,我好像听到了那沙沙的声音)。待数日后晒干逐步翻起,就可以搀合着煤球一起烧了。这可是我当时特爱干的活儿,抢着要干的活儿,不让别人插手的活儿。大伙一夸,干得更来劲儿的活儿。

今となっては北京の胡同も大分取り壊しが進み、胡同の中の人々も続々とマンションに引越し電気・ガスの恩恵を受けている。胡同内の炭屋さんももうじき歴史の舞台から降りようとしている。まだ私の記憶があるうちに急いでこれらを記録しなければ。確かに昔のことだけれども書いていくと却って新鮮に思えてきて、黒いものだが書くと却って明るく感じて、しかもポカポカとしてくるのである。
如今北京的胡同都拆得差不多了,胡同里的人们也陆续搬进楼房去享受电器•煤气了,胡同里的煤铺也逐步要退出历史舞台了。趁着我还有些记忆,赶紧把它记录下来。虽然是老事写起来却挺新鲜,虽然是黑的,写起来却感到是亮的,而且还是热呼呼的。

“开火”就是用火钩子挑起上面的火盖儿、火圈儿(小圈、大圈),下面拉开火门。上面用火通条通火,下面用火钩子钩着炉箅子擞火。有的时候会炼在一起擞不下来,那就要先将炉箅子撤出来,一点一点轻轻地钩。这可需要技术,钩不好,一炉膛的煤就都掉下来了,还得重新生火。
“封火”就是多擞几下火, 炉膛里多蓄些新煤,上面压上火盖儿,下面关上火门,让火在里面慢慢闷着。旁边还可以烘衣服,发面。

我家外屋里用的是日本人战后处理的煤炉子,在日本也看到过一模一样的。铸铁的很重,每次冬天安装炉子需要2~3个小伙子一起搬。前后两个火眼,炉膛特别大,家人戏称煤老虎。特别暖和,3间大屋连在一起,一个炉子就足够了。

[PR]
by tubomim | 2008-11-26 21:52 | 2008年 | Comments(18)
2008年秘密基地の第三報(2008年秘密基地第三报)
毎回、ここに訪れた時の風景を記録すれば、ここの各シーズンの風景の変化を確認・比較できることができるだろう。お世話になった秘密基地へのプレゼントになるかも。
把每次到这里来时看到的风景记录下来,可以确认·比较这里每个季节风景的变化。这也许能成为我送给这个蒙受恩惠的秘密基地的一份礼物吧。
f0056261_22404640.jpg
f0056261_22405533.jpg
f0056261_2241391.jpg
f0056261_22411234.jpg
f0056261_22412053.jpg

[PR]
by tubomim | 2008-11-23 22:36 | 2008年 | Comments(0)
青空の旅(晴空之旅)
真っ赤な太陽を後にして青空へ飛んできた。空から見た景色は実に美しい。
告别了金色的太阳,我们飞向蓝天。从天空看到的景色实在是妙不可言。

f0056261_2049597.jpg
雲の山水画
云绘山水
f0056261_21275232.jpg
雲の綿
云绵
f0056261_21393528.jpg
雲の流れに身をまかせ~♪
云流
f0056261_21434434.jpg
雲の影
云影
f0056261_6384186.jpg
雲の畑
云耕
f0056261_6505044.jpg
雲の雪崩
云崩
f0056261_6382483.jpg
雲の大陸
云陆
f0056261_6415523.jpg
雲のサンタ?
云彩圣诞?
f0056261_6485421.jpg
雲の銀河
云河--疑是银河落九天
f0056261_6533935.jpg
いつも地上から雲を見上げるのだが、今回は天空から見下ろすことになった。さまざまな雲模様だけではなく、富士山などの素晴らしい景色を眺めることもできた。北京→東京まで三時間余りの旅、窓から一刻も離れずにこの素晴らしい青空の旅を楽しんでいた私と私のカメラの興奮ぶりに自分もびっくり。
平日都是从地上仰视云天,而这次是从天空俯视云海。不仅看到了各种各样的云彩,还看到了富士山等美丽的景色。从北京到东京3个多小时的旅程,我和我的相机就一直趴望在窗口感受这美妙的晴空之旅,其兴奋的劲头让自己都感到震惊。

ちなみにスチュワーデスに確認したところ、離陸・着陸前後の撮影はNO,上空の撮影はOKだそうです。
顺便讲一下,向机组乘务员确认过了。在起飞·降落前后是不允许拍摄的,但是从空中拍摄OK。

[PR]
by tubomim | 2008-11-23 21:20 | 2008年 | Comments(10)
北京空港第3ターミナルの朝(北京机场第三航站楼的清晨)
f0056261_20393996.jpg
今朝北京空港第3ターミナルへやってきた。ちょうど金色の太陽がゆっくり昇ってきたところだった。
今晨来到北京机场第三航站楼,正赶上金色的太阳冉冉升起。
f0056261_20442912.jpg
日差しがロビーに差し込む。
阳光射进了大厅。
f0056261_2213454.jpg
駐機場に日差しが撒き散らされている。
阳光撒满了机坪。
f0056261_22135789.jpg
管制塔が金燦々のマントをかぶっている。
塔台披着金灿灿的斗篷。
[PR]
by tubomim | 2008-11-21 20:37 | 2008年 | Comments(9)
愚公移山
私たちは小さいころ、小学校に入学する前から毛沢東の老三篇を暗記(しなければならなかった)したのである。《人民のために奉仕》、《ベチューンを記念する》に加え《愚公、山を移す》というものであった。すでに数十年も過ぎたが、先日小象の学校の保護者会の配布資料の中に私は下記の「愚公移山」を一目で発見。いや~、中国の愚公がどうして日本で山を移すことになった?!
我们小时候,还没上小学就都会(必须)背诵毛泽东的老三篇。《为人民服务》、《纪念白求恩》、还有一篇就是《愚公移山》。几十年过去了,那天去小象的学校开家长会,颁发的资料里,我一眼就发现了下面的这个“寓公移山” 哎呀~中国的寓公怎么到日本来搬山了?
f0056261_11313989.jpg

先日花子ママさんのコメント欄に別件で「愚公移山」を書いたところ「説明してほしい」という返事コメントがあった。そこでネットで検索したらなんと《愚公移山》の中国語動画そして日本語解説を見つけた。《愚公移山》が言っているのは、「山ほどの困難があっても少しずつ克服すれば小さくなり、いずれは越えられる」ということで、「継続は力なり」という精神を提唱しているのである。
那天给花子妈妈留言里写了“愚公移山”,她让我解释一下。我就在网上检索,还真找到了《愚公移山》的中文动画片还有日文的翻译。《愚公移山》讲的是像山那么大困难,只要像愚公那样一点点努力搬运,总会减少的、搬完的,鼓励的是持之以恒的精神。

《愚公移山》を暗記したのはすでに遠い昔のことであるが、あの愚公おじいちゃんはたまに励ましに来てくれる。主に私が出張から帰宅し、部屋の掃除をするときに励ましに来てくれる。当時愚公おじいさんは太行山と王屋山の二つの山に面した。私も大象が散らした山と小象がバラした山に面している。さらに悩まされたのは、私の場合、山を移してもまた戻ってくるのである。時に思う、私たち女性は生涯、部屋の掃除のためにどれほどの時間(生命)を使ったのか、そして意味はあるのか。ただ継続するのではなく、文句なし、後悔なしで継続しなければならない。これは私が《愚公移山》を身をもって勉強した感想である(主婦応用編)。
背诵《愚公移山》的事情已是遥远的从前,但老愚公还有时会来鼓励我一下。那就是我出差回家后,在家打扫卫生的时候。记得愚公当年面对两座大山,一座太行山,一座王屋山。现在我也面对两座大山,大象祸害一堆、小象折腾一片。更可恨的是,我的这两座山搬了还会回来!有时想我们女人一辈子要用多少时间(生命)来搬这样的山,是否值得?持之以恒还得无怨无悔,这就是我学习《愚公移山》的切身体会(主妇应用篇)。
[PR]
by tubomim | 2008-11-16 10:11 | 2008年 | Comments(19)
箱根の紅葉狩り(箱根红叶)
f0056261_15524038.jpg
11月8日、ブロ友enさんに誘われて、「大山歩こう会」の一行8名と共に箱根へ紅葉狩りに行った。あいにく、この日の頂上には雲霧がたちこめていた。
11月8日,应博友en桑的邀请,与“走大山会”的一行八人去箱根欣赏红叶。不巧,这天山顶云飞雾绕。
f0056261_15595445.jpg
雲霧の中、前のこの人たちはとても鮮やかに見えた。
云雾中,前面的几个人特别鲜亮。
f0056261_15574269.jpg
雨の中、道端のこの紅豆も格別に輝いている。
雨水中,路旁的红豆格外耀眼。
f0056261_168381.jpg
丸太は無言だけど、年輪はちゃんと語っている。
木桩无言,年轮有语。
f0056261_16124676.jpg
何の木?漢字はあるけどわからない。そもそも読めない。
什么树?虽有汉字,但看不懂,也不会念。
f0056261_16241386.jpg
芦ノ湖の周辺、雲散霧消、紅葉は目の前に現れた。
芦之湖畔,云开雾散,红叶就在眼前。
f0056261_1631161.jpg
さ、海馬で湖の向こうへ行こう。
走,骑上海马飞奔对岸。
f0056261_16344936.jpg
振り返ってみたら、「来週ちょうど見ごろだよ。」と鳥居がつぶやいた。
猛回首,牌坊道∶“红叶下周最好看!

2007年4月,在箱根大涌谷拍摄的温泉蛋煮制过程


[PR]
by tubomim | 2008-11-13 15:46 | 2008年 | Comments(18)
象の蹄の機能(象蹄子的功能)
f0056261_15505819.jpg
先日大象は材木店から安く分けてもらった木の幹を運んできた。のこぎりでひいたり、かんなで削ったりして我が家の硯のためにとても頑丈な台を作ってあげた。さらに下にローラーをつけた。これでもう、今後運ぶときに苦労しなくていい。
前几天大象从木材店扛回一个降价的树根,又锯又刨给我家的大砚台作了个结结实实的台子。底下还安装了几个灵活转动的轮子,这样就免去了长年来搬运的辛苦了。
f0056261_1614148.jpg
二日後、和服店で買った中古帯を外して、洗い、アイロンをかけて、また組み合わせて縫った。コツコツと台のために華やかなカバーを作ってあげた。
两天之后,又把和服店里买来的旧腰带拆开、洗好、熨平、拼上。一针一线地给台子缝了个花花绿绿的罩子。
f0056261_1692239.jpg
この縫い目、すべて象の蹄によるものである。
这个针脚就出自那个大象蹄子。
f0056261_16121872.jpg
出来上がり、いかがでしょう?
缝好了,怎么样?
f0056261_16143573.jpg
はい、硯を台に座らせるとこのようになる。
砚台坐在上面是这样的~。

昨日whyさんとこの話をしてみたら「つぼみさんはできますか?」と彼女が私に聞いた。私は首を横に振った。「whyさんは?」と聞いたら、彼女も同じく首を横に振った。「当初はこの大象の蹄がとても気に入った。自分の手は本当に不器用だから。」と私は思わず自慢した。そのときにふっとあの技術の教科書を思い出した。小象の蹄が私ではなく父親に似ることを願っている。生活の中で役立つことが多いから。
昨天跟why小姐说起来了,她问我“你会吗?”我摇摇头。我问她“你呢?”她也摇摇头。我得意地告诉她“当初,俺就是看上了这个大象蹄子。因为自己动手能力特差。”此刻,不禁想起了那本技术教科书,但愿小象的蹄子随他爸爸别像我。因为生活中用得着的地方可多呢。

[PR]
by tubomim | 2008-11-11 15:57 | 2008年 | Comments(10)
モード学園コクーンタワー (MODE学园蚕茧大厦)
f0056261_2185154.jpg
新宿西口で変わった建物がずっと工事をしていた。竣工して見てみたら鳥の巣ではなく昆虫の繭に見えた(新宿駅西口地下のロータリーから撮影)。
新宿西口有个奇特的大楼一直在施工。竣工一看不像鸟巢倒像是蚕茧。
f0056261_21262938.jpg
地上50階!路上で歩いている人と比べるとこの巨大さがわかる。
地上50层!看看路上的行人就知道有多高。
f0056261_21392794.jpg
この変わった建物に好奇心が刺激され、忍び込んで入ってきた。
奇特的建筑刺激了我的好奇心,偷偷摸摸钻进去看看。
f0056261_21442523.jpg
向こうの受付もけっこう変わっているね。
那边的接待台也够奇特的。
f0056261_21564341.jpg
エスカレーターも水族館みたい。
扶梯,好像来到了水族馆。
f0056261_21532610.jpg
閲覧室それともカフェ?社員専用かも、近づく度胸なんかない。
阅览室还是咖啡厅?也许是公司职员利用的地方,没敢走近。
f0056261_22125552.jpg
同じフロアにセブンイレブン発見。もう大丈夫、ここは立ち入り禁止じゃない。普通の人の安全地帯らしい。
同一楼层发现了7~11便利店。没事了,这里是咱们普通人可以进出的大众场所。
f0056261_2218464.jpg
外に出てからこの看板を目にした。どうもファッションの東京モード学園、ITのHAL東京、医療・福祉のメディカル総合学園 首都医校、この3つの教育機関が融合した新校舎らしい。
出来看到这个牌子。原来这里是时装的东京mode学园、TI的HAL东京、医疗·福利的医学综合学院 首都医校,三校合一的新校舍。
f0056261_22211197.jpg
新宿駅に戻ってから柱一面のこの広告に注目した。「11月6日ブックファースト新宿店オープン」 なんとあのモード学園コクーンタワーの中ではないか、こそこそとではなく正々堂々と本屋に行けばよかったのに~ 
回到新宿车站看到柱子上都是这样的广告。“11月6日Book1st新宿店开张”这不就是在刚才的那个大楼里嘛?哪里用得着偷偷摸摸呢,堂堂正正到里面的书店就行了呗。
11月6日开业当天
創造する若者を包み込み、触発させる」という意味を込めイメージしたというコクーン (繭) のような外観が特徴です

[PR]
by tubomim | 2008-11-08 21:10 | 2008年 | Comments(18)
コイン収集(攒钢镚)
近頃、私はコインの収集をしている。正確にいうと自分が生まれる前に製造されたコインを収集している。数年前のある日、私はたまたま財布の中で自分が生まれる前に製造されたコインを一枚見つけた。使うのはもったいないと思い、しまってしまった。その後財布の中で古っぽくて、つやがなくなったコインを見かけたら必ず裏返して発行年数を確認するようになった。
近来,我喜欢攒钢镚,准确地说是攒比自己还老的钢镚。几年前的某日,我偶尔在钱包里发现了一枚比自己还老的钢镚,没舍不得花就攒起来了。以后但凡在钱包里发现了发旧的、不再光亮的钢镚,我就总是习惯性地翻过来看看是哪年发行的。


手の中にあるコインをじっくり見ると、時には感心した。金属でできたコインでさえ年数によりここまで磨耗されるのだ。人間の体も無理はないだろう。コインは古くなっても洗浄したり、錆を取ったりといった手入れができるが、私たち人間の場合は元気であり続けて、輝き続けて、価値を維持させるためには、外面の手入れはもちろん、内面の手入れと潤いはもっと大事なのではないかと思った。
端详着手里的钢镚,有时也会感叹时光把金属打制的钢镚都消磨成了这样,更何况我们那血肉之躯呢。钢镚旧了可以清洗除锈,我们人呢,要想继续硬朗、继续发光、继续保值,除了护理外表,更重要的大概是还要护理滋养内心。

今まで生きてきた。自分が生まれる前に製造されたコインを探すのはなかなか大変で、合わせていくつも見つかっていない。私の集めたものをひっくり返しながら眺めていると、確かに古い。確かに輝きもない。でも、1円であることに変わりはない。これ以上値は下がらない!使いやすいが見つかりにくい。見つけたとしても、使うのはもったいない。何年もすれば値段が上がっていくのかもしれない。
活到如今,要想找比自己还老的钢镚也还真不容易,一共我也没攒到几个。翻弄着我收藏的这几个钢镚,的确旧了、的确不再光亮了,但1分就是1分,分文不打折扣!好使不好找,就是找到了,我还不舍得花呢,也许多少年后还没准升值呢。

参照:コイン博士になろう

11月6日の朝、私の宝物のコインたちのために…
つまらない文章はいくら読んでもかまいませんが、年齢まで詮索なされぬように。
11月6日清晨,写给我那几个宝贝的钢镚。
*只管阅读闲文,不必掐算年龄。





[PR]
by tubomim | 2008-11-06 08:07 | 2008年 | Comments(20)
カラオケ・中華料理・公園散歩(新宿周辺)から戻ってきた
突然企画した「カラオケ・中華料理・公園散歩(新宿周辺)」に突然参加したメンバーの行動力はさすがに速い!関連記事はすでにUP、行きたくても行けなかった皆さんこちらへどうぞ!
突然参加突然决定的“吃、喝、玩、乐”活动的博友们动作就是迅速.有关的贴子都已经贴上了.想去没去成的朋友可以到这里看看.

●よく「事」を「幹」してくださった今回の幹事、ありがとう!
●中国の歌をあまりにも知りすぎてこれから「定点観測」したいという「贅沢」な仲間
●可愛い声を聞かせてくれた仲間
●とりあえず写真を中心にUPした仲間

f0056261_1533794.jpg
カラオケの時間が二時間しかないのでさっそく曲を決めよう。(大象撮影)
卡拉OK只有两个小时的时间,赶快决定唱那支歌。
f0056261_1514921.jpg
記念撮影ができたのは牛筋湯面、糟溜魚片、手工水餃。。。写真を撮影しようと思っていたらすでにみなさんのお腹の中に入っちゃった。
只拍照了牛筋汤、糟溜鱼片、手工水饺......其他待到要拍照时都早已进入大家的肚子里了。
f0056261_14474423.jpg
お腹がいっぱいになった一行は新宿御苑に入った。(大象撮影)
一行吃饱了就来到了新宿御苑。
f0056261_14424453.jpg
この紅豆、きれい!
红豆,真漂亮!
f0056261_14453371.jpg
なんという名前?梅擬だそうだ。(大象撮影)
叫什么名字?梅擬?瞎讲,哪像梅呀(哈哈)。
f0056261_11595491.jpg
アイスクリームを食べながら記念撮影。呼んでも無理だよ、話に夢中だもの。(sharon撮影)
边吃冰激凌边照个相。叫她也没用,聊得正带劲呢。
f0056261_711449.jpg
ひなたぼっこ。太陽のエネルギーで心身ともリフレッシュ。(小酒館撮影)
晒太阳。身心都来个太阳能充电。
f0056261_1230378.jpg
大菊 裾野の月(chenxi撮影)
大菊花 原野之月。
f0056261_12423894.jpg
がんばってレンズを下に伸ばし覗いてみたが、こんな細い一本だけなのに
想办法把镜头伸进去一看,就这么细的一根
f0056261_12442427.jpg
なんと706輪の花も咲かせた。
竟然绽开706朵!
f0056261_1331496.jpg
きみ、本当に大きい!(小象撮影)
好家伙,您真可大.

花子ママさんのお土産:カットして ペースト忘れの 秋の朝 ~♪わかりますか?

こんな楽しい一日でした。
如此愉快的一天。
[PR]
by tubomim | 2008-11-03 11:36 | 2008年 | Comments(15)