在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(五)
                   韶関への旅                                  (神戸市)H.U
 照葉樹林帯のど真ん中、楽しみであった。予想に違わず中国の旅としては一味違った楽しいものであった。印象に残ったいくつかを……
 珠璣古巷:ここで見られた幾世帯もの人々が暮している光景に気持ちが安らいだ。 イヌやネコが伸び伸びと闊歩し、その前をアヒルが群れて共存している。~始祖と書かれた門前で三世代、祖母・母・孫がの~んびりと座っている。
f0056261_20451232.jpg

(撮影:神戸市H.U)

わんぱく小僧はカメラを構える私を見つめている。赤ん坊はお尻丸出しの開襠褌子。
f0056261_20402675.jpg

(撮影:神戸市H.U)

赤い服の少女がはにかみながらこちらを見ている。
f0056261_20512083.jpg

(撮影:神戸市H.U)

広場には名物の干しアヒルがぶらさがっている。いいなー。 
f0056261_210620.jpg


南嶺国家森林公園:ここにしか無いという広東松、特徴的な能舞台の背景の松のような、枝振りは忘れないものとなった。ジャングル滝回廊という滝道を下る。清流はまるで日本の渓谷を歩いているような錯覚をおこす。
f0056261_21115234.jpg

(撮影:八王子市M.H)

雲門寺:学僧が多く、各所に見られる寂れて僧侶の見当たらない寺院の多い中、ここの学僧の真摯な態度は好感がもてた。僧衣をまといすっと立つ姿は時をさかのぼったように感じた。学堂の建物が新しい。老師たちも随分若い。いろいろと聞いたり、調べたりして見たい事柄が多くあり、立ち去り難かった。
f0056261_2152173.jpg


瑶族の踊り:寂れてはいるが、踊り子は皆一生懸命。可愛らしい。私たちも一緒に陽気に踊った。ピカピカの観光施設での少数民族のもてなしより、この朽ちかけた小屋でのもてなしが安らぐ。私はこちらの方が大いに気に入った。
f0056261_21535485.jpg

f0056261_117969.jpg

 
 もう一つ付け加えておきたいのは、この旅行中、どこを訪れても厠所のきれいなこと。厠所(ツォースォ)でなく、まさしくトイレであった。この清潔さがいつまでも続きますようにと願いつつ旅を終えた。
[PR]
by tubomim | 2006-04-28 20:42 | 2006年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(四)
馬堤人遺跡 
 馬堤人の遺跡は市街から18キロメートルほど離れている。「馬壩人」は、中国猿人と現代人の間に位置する古代人の一類型であり、12万年前の旧石器時代の古代人類である。「馬壩人」の頭蓋骨化石が出土した地点には、「古代人」と「新人」の生活をあらわす彫塑の群像が展示されている。その馬堤人の遺跡はライオン岩にある。そのライオン岩は南から北へ、2つの高さの違う精巧な美しい石灰岩が並んで構成され、北から遠くを眺めると、獅子が横になって熟睡するように、南からは勇ましい獅子が踊っているようにみえる。そこでライオン岩だと名声を得た。岩の内の洞穴が縦横に、洞窟の中に洞窟をかぶせて、穴の中に穴があり、形態がそれぞれ異なっている鐘乳石、石筍、石柱など、至る所にある。
f0056261_2023198.jpg

洞内の様子(撮影:八王子市 M.H)
大峡谷
 広東乳源大峡谷は、長さ15km、深さ300数mの石英砂岩の峡谷である。峡谷の先端部の地形は平坦で、谷川の水は、谷の先端部から谷底まで、200数mの垂直の断崖絶壁を勢いよく流れ落ち、威風堂々たる峡谷の滝を形作っている。
f0056261_20351715.jpg

大峡谷(撮影:八王子市 M.H)
f0056261_20575395.jpg

大峡谷を横断するショー(撮影:八王子市 M.H)

珠璣古巷 
 珠璣古巷は、長さ1500m、幅5mの路地で、古の街道が北から南へとこの路地を貫いていた。南宋の時代、北方から南方へ移った大勢の役人や商人の多くが、ここにしばらく滞在してから珠江三角州へと移住した。
f0056261_22441237.jpg

                古巷

f0056261_15421194.jpg

古巷を通りぬけるとゆったりと枝を広げている大きな榕樹が目に映った。
f0056261_11105917.jpg

榕樹の下でこの二人に出会った。
f0056261_15473155.jpg

さらに先に行くと静かな竹林、小径そして水たまり、思わず「曲径が幽処に通じ」という名句を思い出した。
[PR]
by tubomim | 2006-04-26 19:48 | 2006年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(三)
南華寺 
 韶関市街から24キロメートルに南華寺がある。 南華禅寺は、中国仏教の禅宗六祖・慧能が発展させた「南宗禅法」の発祥地であり、またそのことから、「南宗祖庭」と呼ばれる。
f0056261_20314212.jpg

南華寺
 ここは中国の仏教の有名な経典の《六祖壇経》の誕生地で、禅宗を広めた第六祖の慧能禅師の死んだままの姿がここに祀られている。ミイラ化した本当の姿は中国語で「真身」と呼ばれている。1500年の歴史を持っている南華禅寺が広東、更に東南アジアにおける最も影響力を持つ中国の重点寺院になった。日本とも縁の深いお寺でもある。
f0056261_1924030.jpg

禅宗六祖・慧能の真身

                  鑑真和上と韶関
                                 (東京都)S.U
 広州新白雲国際空港から華南第一の大河珠江の支流北江に沿って京珠高速道路を北上すること一時間半余り、北江が二股に分かれる辺りに広がる市街地が韶関である。まるで水の上に浮いているような美しい町並みだ。

 市の南部、曲江区にある南華寺(南華禅寺ともいう)は唐代に栄えた禅宗の名刹で臨済宗、曹洞宗などの宗派はその時代にこの寺から生まれた。従って禅宗の祖庭とも呼ばれている。中国特有のややオレンジがかった黄色の壁を持った廟が整然と配置された美しいたたずまいを持ち、門前には精進料理を食べさせるレストランも並んでいる。
f0056261_20303393.jpg

 この寺で忘れてならないのは八世紀に苦難の末に来日し、日本の仏教のみならず医薬、彫刻、食品など多方面に亘って日本文化の発展に多大の功績を残した鑑真和上が五度目の渡航失敗で海南島に漂着した後、韶関のこの寺に滞在していたことだ。ここで和上は目を患い遂に失明してしまう。この頃和上は和上に来日を懇請し、ずっと弟子として付き従ってきた二人の日本人僧侶を含め信頼する三人の弟子を次々と失ってしまう。それでも和上は「これ仏法のためなり、他に行かんとする者なくば我行かん」との初心を貫きここから華南と華中を隔てる嶺南山脈を越える街道を北上し江西省に入り長江に至り本拠地楊州に戻り、日本からの遣唐使の戻り船で六度目の渡航に挑み、念願の来日を果たすのである。この和上の辿った唐代に拓かれた街道が市の北部に梅関古道として保存されている。この付近は唐の頃から梅の木が多く今でも早春には道の両側に咲き競う梅花が美しい。
f0056261_7391075.jpg

 韶関を訪れたら南華寺に詣で、梅関古道に足を運び、自らは失明し、信頼する弟子を失いながら再起を図ろうとして石畳の街道を北上していった和上の不屈の意志を想い、幾多の挫折を乗り越え来日を果たした和上の日本文化に対する多大の貢献と、それに対して僧侶としての最高位を贈り、和上のために唐招提寺を創建し、最高の礼をもって報いた当時の大和朝廷と日本人たち、二千年以上に及ぶ両国交流の歴史の素晴らしい一齣を改めて反芻したい。
[PR]
by tubomim | 2006-04-24 19:10 | 2005年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(二)
 韶関の森林被覆比率は71.2%もある。中国では珍しい「緑一点」の存在で、地球の同緯度の地区で最も緑の多い地区の一つである。神秘的で険しい丹霞山、滝がなだれ落ちる大峡谷、朝には鐘の、暮れには太鼓の音が響く南華寺、木々が青々と生い茂る森林公園……空中を舞う蝶や山野のいたるところで風を受けて咲き乱れる野の花やゆっくりと流れる清らかな小川や貴重な古樹など感動的な美しい風景ばかりである。
f0056261_0254124.jpg

韶関観光スポット見取り図

丹霞山
 丹霞山は韶関市の東北の50kmに位置して、世界的な「丹霞地形」という名称の由来となった地で、その総面積は280k㎡である。春夏秋冬、日の出・日没の別なく、赤色砂礫岩から構成される山の岩肌一面に、「その色はひめゆりのようで、その輝きは美しい霞のように」と称賛される壮大な景観を呈する。
f0056261_024329.jpg

f0056261_194211.jpg

壮大な赤い絶壁――丹霞山
f0056261_10412286.jpg

丹霞山の夕日 

 山中には680個もの石が大小の峰、砦、壁、柱、橋を形作っている。山中に林立するさまざまな形状の石は、人や物にたとえられ、真に迫る姿をしている。その様子は巨大な赤石彫塑公園さながらであり、「中国赤石公園」と称賛されている。
 陽元石と陰元石の風景は、天下の奇観と言うにふさわしく、世間の人々に丹霞山の不思議さを知らしめ、あこがれを抱かせている。


f0056261_0392048.jpg

陽元石
f0056261_7321443.jpg

陰元石

陽元石
 高さ28メートル、直径が7メートル。風化作用によりできた天然の石柱として、隣の陽元山の大きい石壁から分離してすでに30万年の歴史があったと専門家が考証した。
 
陰元石 
 高さ10.3メートル、幅4.8メートル。1996年にヤマアラシを追いかけてきた地元の猟師はヤマアラシが潜り込んだこの中に入るため、周りの野籐や枝などを切ったら神様がくれたこの宝物を見つけたといわれている。
 ここまで来て、自分の目で確認したら、神様の「鬼斧神工」に脱帽しない人はいないだろう。
[PR]
by tubomim | 2006-04-22 00:22 | 2005年
知られていなかった中国の観光都市――韶関市(一)
 韶関(しょう かん)(韶关shao2guan1)ってどこ?どんな町?あまり聴いたことがないでしょう。今日からここで実際に韶関に行ったことのある私と私の友人たちが韶関のことについて皆様に紹介させていただきます。
(このシリーズは日本語のみ)

 広東省北部に位置する韶関の総面積は1.8万k㎡、総人口は310数万人である。広州新白雲空港から車で高速道路160キロを約1時間半走れば市内に入る。広州駅⇔韶関駅間の汽車の場合は2時間半。
f0056261_18403122.jpg

韶関地理位置図

 韶関市内には三本の川が集まって、生み出される独特な雰囲気をもった六つの岸の風景は実にすばらしい。昼間は、遠くに青山が連なるのをながめ、近くには漣がきらきらと光るのが見える。夜になると、街中にともされた灯りが三江に逆さまに映り、銀河が天空から落ちてきたのかと見紛うばかりだ。
f0056261_239364.jpg

すばらしい風景――三江六岸

                 美しい街「韶関」                                                               (さいたま市)S.M
 3回にわたって、韶関に約2ヶ月滞在した。とても美しい街で、三つの河のほとりに静かな佇まいを見せている。

 ところで「韶関」の「韶」はどういう意味なのだろうと、漢和辞典で調べてみた。私の辞書には「韶」の意味は、「①美しい②春めく」と書いてあった。「関」は交通の要衝にある街のこと。なるほど、「韶関」とは「美しく、春のように爽やかな街」と言う意味で、まったくその通りだと納得した。こんなにきれいな街が、日本では殆ど知られていないのは残念である。

 1月下旬、最初に韶関を訪れたときの印象である。2つの大きな河が合流して更に大河となり、その両岸と半島に拡がる街並みを見て、麗しい街だと感じるとともに、昔何処かで似たような風景に遭ったことを思い出した。

 それはドイツの南部、バイエルン州にあるパッサウ Passauという街である。オーストリアとの国境にある街で、韶関と同様にドナウ河 Donauとイン河 Innが合流する美しい街である。下流には音楽の都ウイーン Wienがあり、河くだりの観光船が運航されている。この街はヨーロッパの七つの美しい街の一つに数えられている。このパッサウに私は4ヶ月滞在し、この街に魅せられ、第2の故郷と考えるようになった。中国の韶関もこれに匹敵する美しさで私を魅了した。第3の故郷と感じている。当然、中国の七つの美しい街の一つに数えられて然るべきである。

 中国の北京、上海、広州など大都会はすでに日本人によく知られているが、実は広州からさらに北へ足を伸ばせば美しい秘境の韶関に至るのだ。観光資源が十分開発されていないことなど課題がまだあるが、今後徐々に改善され、素晴らしい観光都市に変貌するものと期待している。
[PR]
by tubomim | 2006-04-20 23:13 | 2005年
セールス3(推销3)
 部長にレースを重点的にセールスするように言われた私は東京中レースの店を探し回った。そしてついに「レース」という文字の看板を見つけると、目を輝かせて飛び込んで行くほど夢中だった。当然、十中八九は追い払われたが、そのたびごとに、ますます強情になり、なんとしても飛び込んで行かずにはいられなかった。
  部长让我重点推销抽纱,于是我就满东京的找抽纱店,最后找得我看见“レース(抽纱)”两字的牌子就眼亮,就要往里闯。当然十有八九被轰出来,但越轰越倔强,非要往里闯。
  部长让我重点推销抽纱,于是我就满东京的找抽纱店,最后找得我看见“レース(抽纱)”两字的牌子就眼亮,就要往里闯。當然十有八九被轟出來,但越轟越倔強,非要往裏闖。

 最初の日に追い払われた店に、翌日また出かけて行き、「私は昨日追い払われたものです。会社にレースのセールスをするように言われましたが、私はそれについてよく知らないし、日本語も上手に話せないので、教えていただけませんか」と説明した。私はここで「謙虚」という技を出した。「謙虚さによって人は進歩する」(小さい頃よく暗記された毛澤東語録)という通り、私はついに一歩前へ進んだ。今回は、私は応接間のソファーに通された。彼らは私が持って行ったサンプルの欠点を指摘し、私の発音を直し、レース業界の市況について教えてくれた。彼らは得意になって先生を務め、私は学生として謙虚に耳を傾けた。その後もまた私は次々と他の会社の門をたたいては開けていった。後に、彼らは私の一番の顧客となり、私たちは何度も一緒に中国に出張に出かけ、まっさきに中国からコンテナ単位のレースの反物を試験的に輸入した。
  头一天轰出来,第二天我又去,说明我就是昨天被轰出去的那个,公司让我来推销抽纱品,可我既不懂专业,又讲不好日语,能不能给我指点指点。这里我使用了“虚心”这块敲门砖,“虚心使人进步”我终于进了一步,这次坐到了会客室的沙发上。他们指出我的样品的不足,纠正了我的发音,介绍了抽纱业的行情。他们得意地当了一回老师,我虚心地做了一回学生。也由此陆续敲开了其他抽纱公司的门。他们后来成了我的最大客户,我们一起多次去中国出差,率先尝试着整集装箱地从中国进口成匹抽纱花边布。
  頭一天轟出來,第二天我又去,說明我就是昨天被轟出去的那個,公司讓我來推銷抽紗品,可我既不懂專業,又講不好日語,能不能給我指點指點。這裏我使用了“虛心”這塊敲門磚,“虛心使人進步”我終於進了一步,這次坐到了會客室的沙發上。他們指出我的樣品的不足,糾正了我的發音,介紹了抽紗業的行情。他們得意地當了一回老師,我虛心地做了一回學生。也由此陸續敲開了其他抽紗公司的門。他們後來成了我的最大客戶,我們一起多次去中國出差,率先嘗試著整集裝箱地從中國進口成匹抽紗花邊布。

 ある時、ある得意先が不得意になり、手工芸品の傘数本を返品したいので、取りに来てくれと言ってきた。私が広げて見ると、全く欠陥がない。しかし彼らの顧客が返品してきたので、なんとしても引き取ってくれと言われた。しかたなく、私は1束の傘の箱を抱えて出て来た。歩けないほど暑かったが、損を出したのに、どうしてタクシーになど乗れるだろうか。地面に蹲っていた私は突然思いついた。傘をこの場で売り払うことができるではないか。そこで、私は、この会社の近くのかんかん照りの地面の上に、一本一本私のレース工芸品傘を広げると、次々と女の人たちを呼び集めた。こうして輸入価格で返品された傘は、その場で、私の手によって小売価格で売れていった。まさに日本人がよく言う「転んでも決してただでは起きない」という言葉通りである。
  一次有家老客户不好说话了,有几把工艺伞非要退货,让我去取。我撑开一看根本没有毛病,可他们坚持要退,说是他们的客户退回来的。没办法我抱着一捆伞盒子出来了,大热天实在走不动,已经赔了钱哪敢再乘出租车?蹲在地上的我突然想到为何不可把它就地处理掉,于是我在他们公司不远的太阳地里撑开了我那一把把抽纱工艺伞,招来了一位位女士小姐,就这样进口价退回来的伞,又让我就地以零售价推出去了。正应了日本人常说的“摔倒了,决不空手爬起来。”
  一次有家老客戶不好說話了,有幾把工藝傘非要退貨,讓我去取。我撐開一看根本沒有毛病,可他們堅持要退,說是他們的客戶退回來的。沒辦法我抱著一捆傘盒子出來了,大熱天實在走不動,已經賠了錢哪敢再乘計程車?蹲在地上的我突然想到為何不可把它就地處理掉,於是我在他們公司不遠的太陽地裏撐開了我那一把把抽紗工藝傘,招來了一位位女士小姐,就這樣進口價退回來的傘,又讓我就地以零售價推出去了。正應了日本人常說的“摔倒了,決不空手爬起來。”

 今 私は東京の街頭でセールスマンを見るたびに、「不撓不屈」という成語を思い出すのである。
  现在,我每看到东京街上那些跑推销的,我就想到“不屈不挠”这句成语。
  現在,我每看到東京街上那些跑推銷的,我就想到“不屈不撓”這句成語。
f0056261_2348117.jpg
 
私が初めて契約してもらったコンテナを積んだ船はやっと海の向こうから現れてきた!
装载着我签约的第一个集装箱的货船终于从大海的那边出现了!
裝載著我簽約的第一個集裝箱的貨船終於從大海的那邊出現了!

1999年12月27日
[PR]
by tubomim | 2006-04-18 23:11 | 1999年
セールス2(推销2)
 大通りを行き来していた私は、今 しようとしている「雑貨の輸入」は、以前したことのある「設備の輸入」と同じ貿易であっても、決して「手馴れた仕事」でも、「簡単にやってのけられる仕事」でもないことにようやく気づいた。そのうえ、実際にこの仕事はアルバイトよりずっと難しい。1時間の仕事をして、1時間分のアルバイト料をもらうのは、足腰が痛むつらい仕事であっても、やましいところがなく心が安らかである。今はこんなにたくさんの給料をもらっているが、いったいどこへ行ってそんなに多くの仕事を探せばよいのだろうか。私はお金はいらない。仕事が欲しいのだ。私は仕事をしてお金を稼ぎたいのだ。来日後に稼いだ一円一円について、どうやって稼いだかを私は話すことができるし、その中にどれだけの汗と心血がつまっているかを知っている。そこには出ところのはっきりしない収入「灰色収入」はない。労せずして得ることは許されないのだ。それにしても、私はどこへ行けば……。
  在大街上徘徊的我才发现以前做的“设备进口”和现在做的“杂货出口”同样是贸易,但绝非“轻车熟路”、“小菜一碟”。而这份工作实际比打工难得多,打一个小时工,拿一个小时钱,虽腰酸背痛,可心安理得。现在拿了那么多钱,上哪儿去找那么多活?我不要钱,我要活,我要干活挣钱,来日本后挣的每一分钱我都能说出来历,知道里面凝聚了多少汗水和心血,这里没有灰色收入,不许不劳而获。可我上哪儿……
  在大街上徘徊的我才發現以前做的“設備進口”和現在做的“雜貨出口”同樣是貿易,但絕非“輕車熟路”、“小菜一碟”。而這份工作實際比打工難得多,打一個小時工,拿一個小時錢,雖腰酸背痛,可心安理得。現在拿了那麼多錢,上哪兒去找那麼多活?我不要錢,我要活,我要幹活掙錢,來日本後掙的每一分錢我都能說出來歷,知道裏面凝聚了多少汗水和心血,這裏沒有灰色收入,不許不勞而獲。可我上哪兒……

 デパートのショーウィンドーの前に座って悩んでいた私は日本語学校に向かって歩き出した。来日したばかりの留学生の多くが売り払いたい中国製品をいくつか持っていると考えたのだ。そこで、午後は、そうして借りてきたサンプルを担いで、商店にセールスに出かけた。当然、1件も商談は成立しなかった。しかし、私が飛び込んだ店は3軒に止まらなかった。夕方、私が内モンゴルの羊革のコートをはおり、山東省のレース、江蘇省のニットウェア、福建省の竹製品等を手に下げて事務所に戻り、業務報告をしたとき、周囲の雰囲気や部長の表情から、少なくとも今日はうしろめたい思いをせずに退社できるということがわかった。
  坐在百货店橱窗前发愁的我开始向语言学校走去,因为我想到刚来的留学生大都有几件准备出手的国货,于是下午我就扛上这些借来的样品去商店里推销,当然一件也没谈成,但我去闯了可不止三家。傍晚当我披着内蒙的羊皮大衣,提着山东的抽纱品,江苏的针织品,福建的竹制品……回到办公室汇报工作时,从周围的气氛和部长的表情中我知道至少今天可以心安理得的下班了。
  坐在百貨店櫥窗前發愁的我開始向語言學校走去,因為我想到剛來的留學生大都有幾件準備出手的國貨,於是下午我就扛上這些借來的樣品去商店裏推銷,當然一件也沒談成,但我去闖了可不止三家。傍晚當我披著內蒙的羊皮大衣,提著山東的抽紗品,江蘇的針織品,福建的竹製品……回到辦公室彙報工作時,從周圍的氣氛和部長的表情中我知道至少今天可以心安理得的下班了。
[PR]
by tubomim | 2006-04-16 22:56 | 1999年
セールス1(推销1)
 私は日本へ留学する以前、中国国内の大学を卒業後にエネルギー関係の輸出入総公司に配属された。そこでは、主に日本からの設備輸入業務に携わった。2~3年の勤務期間中に10回ほど日本へ来たが、来日時には、高級ホテルに泊まり、チャーターした車に乗り、いつも宴席に招待された。パリッとしたスーツを着た日本の営業マンが絶えず私にぺこぺこした。こうしたことはすべて私が買い手であり、売り手にとって神様であるからだと私にはわかっていた。
  来日留学之前,中国国内的大学毕业后,我分配在能源部门的进出口总公司,在那里主要负责从日本进口设备的业务,工作了2~3年就来了10次日本。访日时住高级宾馆,坐包车,总是吃宴会。穿着笔挺西装的日本营业人员不停地冲我点头哈腰。我知道这些都因我是买方,是卖主的上帝。
  來日留學之前,中國國內的大學畢業後,我分配在能源部門的進出口總公司,在那裏主要負責從日本進口設備的業務,工作了2~3年就來了10次日本。訪日時住高級賓館,坐包車,總是吃宴會。穿著筆挺西裝的日本營業人員不停地沖我點頭哈腰。我知道這些都因我是買方,是賣主的上帝。

 しかし、私たちはいつも輸入ばかりしてはいられない。一旦、私が売り手になり、今は売るためにこれほど骨を折っている日本の営業マンにセールスをする側になったとき、私はどれほど骨を折らなければならないことになるだろうか。そこで、買うことを担当していた私はいかにして売るかを研究・学習し始めた。私は「売れない時代の売る」(相当生意気なテーマだなと後に思った。ちなみに中国語の「生意」の意味は1、生気、2、商売)という文章を書いて日本語作文コンクールに出した。そして、思いがけないことにこのことがきっかけとなって、私は例の研究生(参照:http://tubomim.exblog.jp/1600017/)として日本の大学院でマーケティングを学ぶことになった。
  但我们不可能总是进口,一旦我成为卖方,向现在为卖而如此辛苦的日本营业人员推销时我将如何辛苦?于是负责买的我开始研究学习如何卖。我写了一篇文章《滞销时代的推销》参加日语作文比赛,没想到由此我作为前述的“研究生”(参照:http://tubomim.exblog.jp/1600017/)来到日本的研究生院学习市场学。
  但我們不可能總是進口,一旦我成為賣方,向現在為賣而如此辛苦的日本營業人員推銷時我將如何辛苦?於是負責買的我開始研究學習如何賣。我寫了一篇文章《滯銷時代的推銷》參加日語作文比賽,沒想到由此我作為前述的“研究生”(參照:http://tubomim.exblog.jp/1600017/)來到日本的研究生院學習市場學。

 しかし、本当にそのテクニックを学んだのは、日本の大学院を卒業して、就職後の実践活動であった。会社での初日、私は大企業の貿易部の雑貨課に置かれた私の新しい机の前に座り、気持ちを高ぶらせていた。なぜなら、中国製品を日本に輸入する腕前を見せる場と、正社員という身分を手に入れたのだから。それに、同期の日本人社員よりも多くの給料(外国籍社員手当てや住宅手当など)をもらい、もうアルバイトをする必要はなくなったのだ。私にはどのような仕事が割り振られるのだろうか。
  然而,真正学到本事的是在日本的研究生院毕业,参加工作后的实践中。第一天上班我坐在大企业贸易部杂货课我的新桌椅前又激动又兴奋。因为我既有了用武之地——把中国货出口到日本,又有了铁饭碗——正式职工的身分。并拿着高于同期日本职工的工资(外籍职工津贴及住房津贴等),再也不用打工了。将分配给我什么样的工作呢?
  然而,真正學到本事的是在日本的研究生院畢業,參加工作後的實踐中。第一天上班我坐在大企業貿易部雜貨課我的新桌椅前又激動又興奮。因為我既有了用武之地——把中國貨出口到日本,又有了鐵飯碗——正式職工的身分。並拿著高於同期日本職工的工資(外籍職工津貼及住房津貼等),再也不用打工了。將分配給我什麼樣的工作呢?

 同僚たちがみな次々と出かけて行くと、部長が私に向かって口を開いた。「君は何をしに来たのかね?」「貿易です。」「貿易は座っていてできるものなのかね。出かけて行って探すんだ。午前中に1社、午後に2社だ。10時から5時までは、事務所の中に姿を見せないように。5時以降に帰ってきて報告すること!」私はこうして事務所を追い出された。
  同事们都陆续出去了,部长开始叫我了。“你来干什么的?”“做贸易的。”“贸易是坐出来的吗?出去找,上午一家,下午两家。10~5点不要让我在办公室里看见你,5点以后回来汇报!”我就这样被赶出来了。
  同事們都陸續出去了,部長開始叫我了。“你來幹什麼的?”“做貿易的。”“貿易是坐出來的嗎?出去找,上午一家,下午兩家。10~5點不要讓我在辦公室裏看見你,5點以後回來彙報!”我就這樣被趕出來了。

上の「参照:アドレス」の部分を皆さんのブログと同じようにアクセスが出来るようにしたいのですが、何回やってもなかなかできません。何方が教えていただけばありがたいのですが。
P3-saitoさんへ:お蔭様で出来ました、本当にありがとうございます。
[PR]
by tubomim | 2006-04-14 23:18 | 1999年
苦学2(勤工俭学2)
f0056261_12335058.jpg
 
鸭子滑水,暗中使劲。
( 鸭子在水面上悠闲地、静悄悄地向前滑行,其实鸭掌在水下拼命地划呀划 ... )
 

 今スーパーやコンビ二及びファーストフードなどに入ると必ず活躍している外国人留学生の姿が目に映る。あのすがすがしい姿に脱帽、そして同時に私は心から応援をする。アルバイトを通じていろいろ勉強になったが、特に勉強になったのはお金がないことに困らない強さである。お金がなければ、働く。働いたらお金になる。いっぱい働いたら、お金がいっぱいになる。このような素朴で基本的なことがよくわかった。日本に来なかったら中国でとっくに安定している悠々な生活をしているはず。「日本に行って、何が得になったか」と聞かれると「自立、自分の力で働くこと。」「え?まだ働く?」「はい!まだ働ける。」と自信、自慢が思わずに溢れてくる。
  现在走进超市、便利店及快餐店,留学生活跃的身影就一定会映入眼帘。看着他们朝气蓬勃的身影表示敬佩的同时,真的我会从内心表示声援。通过打工我学习到很多,特别学习到的是不危惧缺钱的勇气。没钱就干,干了就有钱,干得多钱就多。明白了这样一个朴素而根本的道理。如果我没有来日本在中国可能早已过上了悠游自在的安定生活。当问道:“去日本你收获了什么?”时,我回答:“自立,靠自己的力量干活。”“啊?还干活呢?”“对!还能干。”不由得露出了自信与骄傲的表情。
  現在走進超市、便利店及速食店,留學生活躍的身影就一定會映入眼簾。看著他們朝氣蓬勃的身影表示敬佩的同時,真的我會從內心表示聲援。通過打工我學習到很多,特別學習到的是不危懼缺錢的勇氣。沒錢就幹,幹了就有錢,幹得多錢就多。明白了這樣一個樸素而根本的道理。如果我沒有來日本在中國可能早已過上了悠游自在的安定生活。當問道:“去日本你收獲了什麼?”時,我回答:“自立,靠自己的力量幹活。”“啊?還幹活呢?”“對!還能幹。”不由得露出了自信與驕傲的表情。

 日本語専攻出身だったので、その後、私は次々と中国語を教えたり、翻訳・通訳をしたりする仕事を見つけた。手帳には、私が日々東奔西走し、寸刻を惜しんで飛び回る姿が残されている。アルバイトの収入は当時の私の私費留学生活を支えてくれたが、それよりも重要なのはその体験がその後の私、今の私、これからの私をずっとずっと支えてくれるのである。
 アルバイトにありがとう。
  由于日语专业出身,后来我找到了教中文,作翻译的工作,效率手册上记载着我每天东奔西走,争分夺秒的穿梭身影。打工的收入支撑了我自费留学的生活,更重要的是这段经历一直支撑着那之后的我、现在的我以及将来的我。
  真要谢谢这段打工的经历!

  由於日語專業出身,後來我找到了教中文,作翻譯的工作,效率手冊上記載著我每天東奔西走,爭分奪秒的穿梭身影。打工的收入支撐了我自費留學的生活,更重要的是這段經曆一直支撐著那之後的我、現在的我以及將來的我。
  真要謝謝這段打工的經曆!

2000年1月17日
[PR]
by tubomim | 2006-04-12 19:15 | 2000年
苦学1(勤工俭学1)
 
f0056261_19242973.jpg

                 強く生きている彼岸花 
 
 1年間で70万円以上の費用をどこへ行って工面したらよいのだろう。ここでは親戚や友人をあてにすることはできない。自分でアルバイトをして工面するしかないのだ。当時、留学生は数少なく、社会もまだ開けておらず、情報化も進んでいなかったので、アルバイトを探すのは難しかった。雇う側は留学生を使いたがらなかったし、自分も授業の合間にしか働けなかったので、できることなら学校から家までの間が望ましかった。そうすれば、時間も交通費も節約できる。
  一年70多万日元,上哪儿去筹集呢?在这里是不会想到亲戚、朋友的,只有靠自己,打工去!那时留学生人数少,社会还不开放,信息也不灵通,打工的工作很难找。一方面人家不愿意要留学生,一方面自己只能在课余时间干,最好还能在学校和家的沿路上,这样既省时间又省路费。
  一年70多萬日元,上哪兒去籌集呢?在這裏是不會想到親戚、朋友的,只有靠自己,打工去!那時留學生人數少,社會還不開放,資訊也不靈通,打工的工作很難找。一方面人家不願意要留學生,一方面自己只能在課餘時間幹,最好還能在學校和家的沿路上,這樣既省時間又省路費。

 大多数の留学生が皿洗いを足がかりにスタートを切るのだ。彼らは、どれほど多い感動的な皿洗いマーチを心身で演奏していたのだろうか。洋食レストランで働く友人が、2週間中国へ帰国することで、やっとの思いで手に入れた仕事を失うことを心配していたため、私は2週間の肩代わりをするチャンスを手に入れることができた。
  大多数留学生都是靠刷碗起步的,他们演奏了多少可歌可泣的刷碗进行曲。朋友有一份西餐馆的工作,她回国两周怕因此丢掉这来之不易的工作,于是我便有机会顶替了两周。
  大多數留學生都是靠刷碗起步的,他們演奏了多少可歌可泣的刷碗進行曲。朋友有一份西餐館的工作,她回國兩周怕因此丟掉這來之不易的工作,於是我便有機會頂替了兩周。

 毎日、学校が引けて、店に駆けつけ帽子をかぶり、前掛けをして、店の裏のドアを押したその瞬間、私は刑場に行くような気持ちになった。足は鉛を注ぎ込まれたようで、本当に入りたくない。しかし、中に入ってしまうと、ねじを巻かれたように、飛び回った。というのは店の日本人店員がテーブルを片付け、丸めたナプキンを投げる時には、いつも本当に「ヒューッ」という音がしていたほど速かったのだ。仕事が引けると、体中が疲れきっていて、話をすることもできなくなってしまう。これでもある時、何度も繰り返し注文しているのに、私が要領を得なかったのに腹を立てた客が、ついに「君は500円の時給しかもらっていないのか。」と言われた。なぜなら当時の相場ではパートタイマーの時給は600円だったからだ。日本の洋食の呼び方は基本的に外来語であり、音だけを表して、意味は表さないので、慣れていないと憶えにくい。たとえば、ピザだけでも、焼き方、調味料などの違いによって何種類もの呼び方がある。あれからほぼ20年が過ぎて、まだ名前を言えないものもあるかもしれないが、洋食を注文する時には特にはっきりと言うように注意している。なぜなら私はあの「時給500円」のアルバイトの姿が忘れられないからだ。
  每天下学后,赶到店里戴好帽子,扎好围裙推开店门的那一刻,我就有赴刑场的感觉,腿像灌了铅似的,真不愿意进,可进去后就像上了弦似地飞转。真的!店里的日本人收拾餐桌扔脏纸团都带“嗖”的一声响。下班时整个一个筋疲力尽,话都说不出来。就这样还有一次因为客人点菜重复多次我也没弄明白,气得他最后说:“你是不是只拿500日元的小时工?”因为当时的行情小时工一小时工资600日元。日本的西餐基本上都是外来语只标音不表意,不熟悉很难记。如仅比萨饼一种根据烤法、佐料等的不同就有很多种叫法。20年过去了,虽然,可能还有叫不上名来的,但我点西餐时特别注意说清,因为我难忘那个500日元的小时工。
  每天下學後,趕到店裏戴好帽子,紮好圍裙推開店門的那一刻,我就有赴刑場的感覺,腿像灌了鉛似的,真不願意進,可進去後就像上了弦似地飛轉。真的!店裏的日本人收拾餐桌扔髒紙團都帶“嗖”的一聲響。下班時整個一個筋疲力盡,話都說不出來。就這樣還有一次因為客人點菜重複多次我也沒弄明白,氣得他最後說:“你是不是只拿500日元的小時工?”因為當時的行情小時工一小時工資600日元。日本的西餐基本上都是外來語只標音不表意,不熟悉很難記。如僅比薩餅一種根據烤法、佐料等的不同就有很多種叫法。20年過去了,雖然,可能還有叫不上名來的,但我點西餐時特別注意說清,因為我難忘那個500日元的小時工。
[PR]
by tubomim | 2006-04-10 16:06 | 2000年