在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
大学院受験1(报考研究生院1)
 小さなアパートを整理し終わると、私は学校に通い始めた。出国手続きから出国後に住処を定めるまでの険しい障害を突き抜けて、私はついに学校に向かうことができるのだ。しかし第一歩を踏み出すや、私は沈んだ気分になった。理由は交通費!毎日、こうして一往復すると、毎月いくらかかるのだろう?!まあ、しばらく様子を見ることにしよう。
  安顿好了小家,我就开始上学。从办理出国手续,到出国后落脚,冲破了艰难险阻的我终于可以走向学校了。但刚迈出第一步我就觉得很沉重,原因是交通费!每天如此一个往返,每月需要多少钱呀?!……咳,走一步算一步吧
  安頓好了小家,我就開始上學。從辦理出國手續,到出國後落腳,衝破了艱難險阻的我終於可以走向學校了。但剛邁出第一步我就覺得很沉重,原因是交通費!每天如此一個往返,每月需要多少錢呀?!……咳,走一步算一步吧。

 私は大学院の研究生として留学した。半年後のある日、先生は、大学院生の入学試験で忙しいので、二週間自習するようにと私に言った。この時に、ようやく私は自分がなったこの研究生とは、研究を目的とするものであり、修士や博士の学位を授与されるものではないと知った(中国の研究生とは修士と博士のことをいう)。それでは困る。
  我是作为大学院(研究生院)的研究生来留学的。半年后的一天老师说让我自学两周,因为他忙于大学院生的入学考试。至此我才明白我读的这个研究生是以研究为目的的,并不授予硕士、博士学位。(中国所谓的研究生是指博士与硕士)那怎么行呢?
  我是作為大學院(研究生院)的研究生來留學的。半年後的一天老師說讓我自學兩周,因為他忙於大學院生的入學考試。至此我才明白我讀的這個研究生是以研究為目的的,並不授予碩士、博士學位。(中國所謂的研究生是指博士與碩士)那怎麼行呢?

 私は大学院の院生になるため日本に来たのだ。日本の進学率が厳しいとか受験地獄とかよく聞いていた。しかし当時、中国の大学に入るのも簡単ではなかった。私が高校を卒業した時、クラスの49人の中に私ともう一人の男の子だけ大学に入ったのである。あの時、一方では全国統一大学入学試験制度が復活したばかりで、一方では農村下放労働制度もまだ廃除しない頃であった。大学の入学通知書を手に握って、試験におちた仲間を農村まで見送りする時の私の気持ちは、どうも言葉では言い表せない。そのころ進学率が何パーセントだったかわからないが、目の前のみんなが分母になったことによって、私はやっとこの分子になったと感じた。
  我来日本就是为了大学院学位的。经常听说日本的升学率严格以及考试地狱等等。但当时在中国考大学也并不容易。在我高中毕业时,班里49人中只有我与另外一名男生考进了大学。那时一方面刚刚恢复了全国大学统一高考制度,另一方面上山下乡劳动的制度尚未废除。手里握着大学录取通知单去欢送考试落榜的同学们上山下乡时,我的心情简直无法用语言表达。我不知道那时的入学率是百分之多少,但我清楚地感到是由于眼前的他们作了分母,我才当了这个分子。
  我來日本就是為了大學院學位的。經常聽說日本的升學率嚴格以及考試地獄等等。但當時在中國考大學也並不容易。在我高中畢業時,班裏49人中只有我與另外一名男生考進了大學。那時一方面剛剛恢復了全國大學統一高考制度,另一方面上山下鄉勞動的制度尚未廢除。手裏握著大學錄取通知單去歡送考試落榜的同學們上山下鄉時,我的心情簡直無法用語言表達。我不知道那時的入學率是百分之多少,但我清楚地感到是由於眼前的他們作了分母,我才當了這個分子。
 
 大学に入るとびっくりした。クラスの中は大学が存在しなかった10年間に貯まった厖大な分母から厳選されたわずかな分子で、そして勉強することができない環境の中で勉強をしてきた優秀分子ばかりである。同級生と比べると年齢の差もあるし、レベルの差も痛感された。厳選された分子の中でさらに厳選されて大学院に行くのは当時、相当難しかった。確かにうちのクラスには一人もいけなかったみたい。
  进大学后我惊奇的发现,班里都是从没有大学的10年里积攒下来的庞大的分母中严格筛选出来的分子,而且净是在无法学习的环境中学习出来的优秀分子。与班里同学相比不光是年龄上的差距,让我更感到水平上的差距。从严选出来的分子中再进一步精选去读研究生,这在当时实在太难了,记得我们班上好像一个人都没考上。
  進大學後我驚奇的發現, 班裏都是從沒有大學的10年里積攢下來的龐大的分母中嚴格篩選出來的分子,而且淨是在無法學習的環境中學習出來的優秀分子。與班裏同學相比不光是年齡上的差距,讓我更感到水平上的差距。從嚴選出來的分子中再進一步精選去讀研究生,這在當時實在太難了,記得我們班上好像一個人都沒考上。
f0056261_1733844.jpg

人生は旅
[PR]
by tubomim | 2006-03-31 16:31 | 2000年
四畳半2(四叠半2)
 私はまず薄緑色のカーペットを買って来ると、黄ばんだ畳の上に敷いた。それから百円ショップ(北京の8元ショップにあたる)で買ってきた緑色のイミテーションのつる草を四方の古びた木枠にかけた。壁の上方には一幅の額をかけ、窓前には花をかざり、畳に体を伸ばして、気持ちよく京劇を口ずさんだりした。隣人がテレビを見ている時、私は彼のテレビを聴く。テレビのない私の部屋がいつかオリジナル・ヒアリング・ルームなるとは、思いもしなかった。500円で木製の小さな電気スタンドを買い、狭い部屋を明るくして、夢を充満させた。4日分のアルバイト料で小さな「多目的」冷蔵庫も買った。それはドアを閉めれば「冷蔵」、ドアを開ければ「冷房」になった。家の中のどの品物にも私の心血が詰まっていた。ここは私の自力更生の楽園となったのだ。
  我先买来一块浅绿色的地毯,铺在发黄的榻榻米上,又用100日元店(相当于北京的8元店)买来的绿色吊叶遮饰在四周发旧的木框上。上方挂了一块匾,窗前摆了一盆花,躺在地上歇口气,得意地哼出了京剧唱腔。隔壁看电视,我就听电视,没有电视的小屋倒成了独特的听力室。500日元换回一盏木制小台灯,照亮了小屋,充满了幻想。4天工挣来一只“多功能”的小冰箱,关起门它管“冷藏”,打开门它供“冷房(冷气)”。家里的每一件东西都凝结着我的心血,这里成了我自力更生的乐园。
  我先買來一塊淺綠色的地毯,鋪在發黃的榻榻米上,又用100日元店(相當於北京的8元店)買來的綠色吊葉遮飾在四周發舊的木框上。上方掛了一塊匾,窗前擺了一盆花,躺在地上歇口氣,得意地哼出了京劇唱腔。隔壁看電視,我就聽電視,沒有電視的小屋倒成了獨特的聽力室。500日元換回一盞木制小臺燈,照亮了小屋,充滿了幻想。4天工掙來一隻“多功能”的小冰箱,關起門它管“冷藏”,打開門它供“冷房(冷氣)”。家裏的每一件東西都凝結著我的心血,這裏成了我自力更生的樂園。
 
 私はここで大学院の論文を書き上げ、多くの人に中国語を教え、日中友好事業の橋渡しをし、「読売新聞」に連載する文章を書いた。ある日、読売新聞社の小旗を掲げた2台の取材の車がゆっくりと「下町」に入り、私の小さなぼろ「アパート」の前に止まった。パシャパシャと私の写真を撮った時、周囲の人たちはフラッシュにつられて、ようやく目をしばたたかせながら、私という「外人」に目を向けた。
  我在这里完成了研究生的论文、我在这里教会了很多日本人中文、我在这里为中日友好事业牵线搭桥、我在这里写出了连载日本《读卖新闻》的文章……当挂着读卖新闻报社小旗的两辆采访车,徐徐驶进小巷,停在我的小破楼前左拍右照时,周围人才随着闪光灯眨着眼看我这个“外人”。
  我在這裏完成了研究生的論文、我在這裏教會了很多日本人中文、我在這裏為中日友好事業牽線搭橋、我在這裏寫出了連載日本《讀賣新聞》的文章……當掛著讀賣新聞報社小旗的兩輛採訪車,徐徐駛進小巷,停在我的小破樓前左拍右照時,周圍人才隨著閃光燈眨著眼看我這個“外人”。

 その後14年の間に、私は引越しを何度も経験した。当然、回数を重ねるごとに、移り住む家は大きくなり高級になっていった。しかし、引越しをするごとに、私のあの「四畳半」への懐かしさは増していった。結婚した時、私は夫と一緒にわざわざあの場所に出かけて行った。両親が来日した時も、案内した。息子も大きくなって物心がついてから連れて行った。苦労を思い出すためでなく、当時の楽しみを噛みしめるためなのだ。不思議なことに、あの頃すでにぼろぼろだったアパートは、いまでも健在である。階段をのぼると、あの「ぎしぎし」という板のきしむ音がまた聞こえた。私は体中の血が、感覚を取り戻したように湧き返るのを感じた。時に悩み迷う日には、自分がかつてそこで築いた輝きを思い出す。
  14年间我经历了多次搬家,当然越搬越大越高级。可越搬越想我那“四叠半”。结婚时我曾和丈夫专程去过。父母来日时,我又陪他们去过。儿子长大懂事后,我也带他去过。我不是去忆苦,而是去思甜。奇怪的是当年已是风烛残年的它,却依然健在。踏上楼梯我又听到了那“吱吱”作响的木板声,我觉得身上的血在涌动,似乎又找到了感觉,终日彷徨的我会想起自己曾经在这里创造过辉煌。
  14年間我經歷了多次搬家,當然越搬越大越高級。可越搬越想我那“四疊半”。結婚時我曾和丈夫專程去過。父母來日時,我又陪他們去過。兒子長大懂事後,我也帶他去過。我不是去憶苦,而是去思甜。奇怪的是當年已是風燭殘年的它,卻依然健在。踏上樓梯我又聽到了那“吱吱”作響的木板聲,我覺得身上的血在湧動,似乎又找到了感覺,終日彷徨的我會想起自己曾經在這裏創造過輝煌。
      
 今や一戸建てを持つようになったが、それを自慢する気にはならず、常にあの「四畳半」での往年のほこりばかりを話したくなるのである。
  真的,如今我有了“独户小楼”却自豪不起来,偏偏爱提那“四叠半”里的当年勇。
  真的,如今我有了“獨戶小樓”卻自豪不起來,偏偏愛提那“四疊半”裏的當年勇。
f0056261_1620778.jpg

時の流れに


1999年12月10日
[PR]
by tubomim | 2006-03-29 14:08 | 1999年
3月24日(夕方)小田原城の桜
f0056261_23442895.jpg


f0056261_23464486.jpg


f0056261_23535194.jpg


f0056261_23584382.jpg

[PR]
by tubomim | 2006-03-27 23:47 | 2006年
四畳半1(四叠半1)
 
時刻は只今3月26日00:00分になりました。3月26日はなんの日?何の日でもありません。ただ単に20年前に私が日本に上陸した日なのです。ここで数年前に書いた来日当初の文章を載せさせていただきます。 

 日本の和室の大きさは一般的に畳の枚数で数える。「一枚」は日本語で「一畳」という。普通一番小さい部屋は「四畳半」で、約7㎡あまりあろう。「四畳半」なんと親しみ深い言葉だろう。それは、私たち多くの留学生の日本における出発点である。14年前、私は単身で東京にやって来た。とことん歩き疲れ、冷たい眼差しにさらされて、ようやく自分のものとなる四畳半を見つけた時、うれしさのあまり、私は北京の家族に電話をかけて大声で言った。「なんと日本にも私の場所があるのよ。たったの四畳半だけど、そこで自由気ままに大の字になって寝られるのよ。日本で最初の私の家になるのよ。」
  日本和式房子的大小,一般以榻榻米的张数计算。“一张”日语中称为“一叠”,一般最小的房子是“四叠半”约为7平米左右。“四叠半”多么亲切的字眼,它是我们大多数留日学生在日本的起跑点。14年前,我只身来到东京,当我踏破铁鞋,遭尽白眼,终于找到属于我的那个“四叠半”时,激动得我打电话大声告诉国内家人:“在日本国居然有块地方属于我,虽然它只有四叠半,但我可以在里面无拘无束,四仰八叉。它将是我在日本的第一个家。”
  日本和式房子的大小,一般以榻榻米的張數計算。“一張”日語中稱為“一疊” ,一般最小的房子是“四疊半”約為7平米左右。“四疊半”多麼親切的字眼,它是我們大多數留日學生在日本的起跑點。14年前,我隻身來到東京,當我踏破鐵鞋,遭盡白眼,終於找到屬於我的那個“四疊半”時,激動得我打電話大聲告訴國內家人:“在日本國居然有塊地方屬於我,雖然它只有四疊半,但我可以在裏面無拘無束,四仰八叉。它將是我在日本的第一個家。”

  私のその「家」は、東京の「下町」にある、(ちょうど北京の前門、菜市口近辺にあたるだろうか)余命幾ばくもない二階建ての小さいな「アパート」だった。私は、一階の一番奥に住んでいるのが大家さんだということだけは知っていた。なぜなら、毎月あそこへ家賃を渡さなければならなかったからだ。大家のおじいさんは毎回お金を受け取れるだけの隙間しかドアを開けなかった。私はいつもそれを見て日本国の門戸を思い浮かべた。このドアは「外人」とはどんなものなのかを私に物語っていた。日本人は普段、外国人を「外人」という。当時不動産屋の張り紙には「ペット」、「水商売」、「外人」不可と明確に書いてあった。今国情、相場も少し変わったようで、窓に今度は「ペット」、「水商売」、「外人」可と親切に書き換えてある。しかし態度が変わっても感情は変わってないことも見て取れる。
  我的这个家在东京都内的市井小巷(大概相当于我们北京过去的前门、菜市口一带),一座风烛残年的木板二层小楼。我只知道一层最里面住的是房东,因为我每月要把房钱交给他,他每次也就只开一个能够把钱收进去的门缝。我常常由此想到日本的国门,这个门告诉我什么是“外人”。日本人总爱把外国人叫做“外人”,那时房地产租赁公司的窗子上,都明确地写着“宠物”、“陪酒”、“外人”不可。现在国情、行情似乎都变了,窗子上又都热情地写着“宠物”、“陪酒”、“外人”可。不难看出态度变了那感情也难变。
  我的這個家在東京都內的市井小巷(大概相當於我們北京過去的前門、菜市口一帶),一座風燭殘年的木板二層小樓。我只知道一層最裏面住的是房東,因為我每月要把房錢交給他,他每次也就只開一個能夠把錢收進去的門縫。我常常由此想到日本的國門,這個門告訴我什麼是“外人”。日本人總愛把外國人叫做“外人”,那時房地產租賃公司的窗子上,都明確地寫著“寵物”、“陪酒”、“外人”不可。現在國情、行情似乎都變了,窗子上又都熱情地寫著“寵物”、“陪酒”、“外人”可。不難看出態度變了那感情也難變。

  当時アパートの住人は、私一人が「外人」だったし、私一人が女だった。たぶん出稼ぎの単身者が多かったのだろう。玄関に脱いである、踵を踏んづけた靴から判断できた。アパートにはお風呂もなかったし、トイレだって男女共用になっていた。長いこと、寝る時には、本箱をドアにあてがい、包丁を敷布団の下に潜ませていた。薄い木の扉のふちに細くて小さな鉄の棒を差し込んでひねるだけのものが錠前だなどと、どうしても信じられなかったのだ。まもなく、幸い、隣に人が引っ越して来た。毎晩聞こえてくる彼のイビキのおかげで、心強くなった。そのうち、私はそのイビキに慣れて「平安無事だよ…!」という拍子木のリズムとして聞くようになった。たまたまそのリズムが聞こえないと、どうしても「周辺有事」と感じてしまい、夜通し安心することができなかった。
  小破楼里只有我一个“外人”,也只有我一个女人。从楼门口脱下的那些踩倒后帮的鞋判断,大概住的是些临时进城打工的单身汉。楼里没有浴室,只有一个男女共用的厕所。很长一段时间我都是用书箱顶住门,褥子下放着菜刀睡的。因为我怎么也不相信薄薄的木门板边上插着的那个细细的小铁棍,就是铁将军(頑丈な錠前)。多亏隔壁搬来了邻居,他那每晚的鼾声给我壮了胆,后来我习惯把他的鼾声当成“平安无事喽!……”的梆子声。偶尔听不到梆子响,总觉 “周边有事”,彻夜不得安生。
  小破樓裏只有我一個“外人”,也只有我一個女人。從樓門口脫下的那些踩倒後幫的鞋判斷,大概住的是些臨時進城打工的單身漢。樓裏沒有浴室,只有一個男女共用的廁所。很長一段時間我都是用書箱頂住門,褥子下放著菜刀睡的。因为我怎么也不相信薄薄的木门板边上插着的那个细细的小铁棍,就是铁将军(頑丈な錠前)。多虧隔壁搬來了鄰居,他那每晚的鼾聲給我壯了膽,後來我習慣把他的鼾聲當成“平安無事嘍!……”的梆子聲。偶爾聽不到梆子響,總覺 “周邊有事”,徹夜不得安生。
[PR]
by tubomim | 2006-03-26 00:00 | 1999年
第二の新天地――「泰康路210弄」(五)
(すみませんが、この記事は日本語のみ)
 芸術ストリートと呼ばれているので、もっと人工的なものを想像していたが、相変わらず人々の生活が続いている。窓にかかった洗濯物、自転車を追いかけている犬、木の陰で昼寝している猫、ランドセル背負っている小学生。自宅前でお茶を飲んでいる老人にオープンカフェでコーヒーを楽しんでいる外人。露地の中を通っている自転車に露地入り口に止まっている高級外車。これこそここの味! (写真11、12参照)
f0056261_2065589.jpg f0056261_20143590.jpg


 

                                                         









(写真11)生活感が溢れている芸術ストリートで散歩する姉妹と食事する兄弟

f0056261_19483331.jpg

(写真12)裏通りのオープンカフェ
この扇風機に注目してください、涼しそうな水幕が見えますか
 
 今日は泰康路210弄を軽く流したという感じですが、どこもひと味違った雰囲気を持っていて、実に奥深い細道であった。もっともっと魅力のある店が泰康路にはありそう。これからどう変貌するか目が離せない街である。
普通の観光に飽きた時に泰康路210弄へWelcome!
[PR]
by tubomim | 2006-03-19 18:43 | 2005年
第二の新天地――「泰康路210弄」(四)
(すみませんが、この記事は日本語のみ)
 記事(三)の赤い廊下の写真と同じビルの一室ににぎやかな、お得意様セールが行われている。2003年10月にロンドンから上海に上陸したX-RAY STARはすでに31店舗をオープン、2004年から2005年にオープンする予定の店舗も33店舗になっている。月収2000元~5000元のOLをターゲートするこのモダンファッションショップはおしゃれなOLたちに大いに受け入れられ、強い勢いで中国全土に展開している。(写真7、8,9、10参照)
f0056261_1351341.jpg

(写真7)ショッピングするテレビ司会者の姿も偶然に発見 「可以照相吗?」「OK!」
f0056261_1373461.jpg

(写真8)OLで賑わう店内
f0056261_13262497.jpg

(写真9)その購買力
f0056261_13292945.jpg

(写真10)そのスタイル
[PR]
by tubomim | 2006-03-18 13:06 | 2005年
第二の新天地――「泰康路210弄」(三)
(すみませんが、この記事は日本語のみ)
 板金工場から変身した400㎡あまりの多目的な尓冬強芸術センター。美術展、オペラ、喫茶に読書。天井のクレーンに床のグランドピアノ、まさに泰康路の独特な味そのもの!(写真5参照)
f0056261_22411579.jpg

(写真5)尓冬強芸術センター
 
 古い工場ビルの狭い廊下に世界から集まった芸術家がここでおしゃれな工房を構築している。(写真6参照)
f0056261_22413978.jpg

(写真6)変身したおしゃれな廊下
[PR]
by tubomim | 2006-03-16 22:43 | 2005年
第二の新天地――「泰康路210弄」(二)
 (すみませんが、この記事は日本語のみ)

 横丁に入って一軒目、ギャラリー「紅門」。赤い壁に釘付けられた「1936年天然味の素」、「1960年上海人民針工場」の看板がここの歴史を静かにつぶやいている。(写真2参照)
f0056261_23275577.jpg
 
(写真2)ギャラリー「紅門」
 
 隣には上海進出5年目のアメリカ人陶芸家Jeremyの陶芸スタジオ、前は展示室で、後ろは工房になっている。(写真3参照)
f0056261_23262246.jpg

 (写真3)一服するJeremyさん
 
 多彩な民族の手刺繍製品で飾られている苗族の手芸ショップ。製品販売のほかに貴州からプロの先生がその場で指導してくれる。基本コースは4回で、一通りの基本テクニックを学ぶことができる。指導料:500元(4回分)、材料費:120元。(写真4参照)
f0056261_2328918.jpg

(写真4)苗族の手芸ショップ
[PR]
by tubomim | 2006-03-15 23:28 | 2005年
第二の新天地――「泰康路210弄」(一)
 (すみませんが、この記事は日本語のみ)
 上海の新天地から南西へ1キロ~2キロ離れているところに第二の新天地――「泰康路210弄」という芸術ストリートがあると聞いて、早速行った。地下鉄の陜西南路駅からタクシーに乗り換え、「泰康路210弄」と頼んだら、10分もかからないうちに「田子坊」と書いてある細い路地の入り口で下ろされた。(写真1参照)
f0056261_23134743.jpg

(写真1)泰康路210弄――田子坊
高級車に自転車、出稼ぎに国際結婚家族。

 ごく庶民的な生活感があふれる普通の細い横道に入ると、なんと中国人だけではなくイギリス、フランス、デンマーク、カナダ、アメリカ、日本など外国人のギャラリー、アトリエ、スタジオ、ブティック、オープンカフェ及びセレクトショップ……次々と目に入ってくる。

 泰康路は下町にある420メートルほどの昔ながらの街路で、百年以上の歴史がある。路地の中には古い町工場や倉庫、周りには中洋折衷・混在の住宅がある。経済発展、都市計画及び環境保護のため工場が移転したり、生産中止したりして、古い住宅も手をこまねいて、高層ビルの津波の到来を待っているところ、思いがけない海外内のデザイナーや芸術家から青眼を受け、活気を注入され、再開発されたおしゃれスポットになった。古い工場や倉庫、雑居ビルなどをリノベーションして、もともとの風景を生かしながら、全体をNYのソーホーを目指して、急速に変貌を遂げた。新天地が人為的な感じがするのに対し、こちらは比較的ありのままを自然に利用している感じがする。
[PR]
by tubomim | 2006-03-14 23:05 | 2005年
仰天ニュース8(惊人消息8)
 先日大家から奥様への一本の電話が聞こえました。「どうも小美人が女の子じゃないみたいな…」、えっ何?!びっくり仰天!ちょっと待って、これはどういうこと、大家さ~ん しっかりしなさいよ!
  前日房东打给他太太的一通电话让我听到了。“小美人怎么好像不是女孩子。。。”哎,什么?! 吓死我了!等等,这是怎么回事?房~东,你好好说!
  前日房東打給他太太的一通電話讓我聽到了。“小美人怎麼好像不是女孩子。。。”哎,什麼?! 嚇死我了!等等,這是怎麼回事?房~東,你好好說!

 「ごめん!君は、No、お前はどうも男の子のようだ。」「いやだよ!」「いやでもしようがない、でもこれは本当に想定外だな…」「ふん!この一年間もう想定外が多い!」これはまさか波乱万丈な「猫生」だな… なるほど あのケンタくんへの思いはただの片思いでした。馴染みの名前も考えなくちゃ…
  “对不起!小姐, No 小兄弟,你可能是个男孩子。”“我不干!”“不干也没办法,但这确实是意想不到呀。。。”“哼!这一年意想不到的也太多了!”这整个一个波澜壮阔的「猫生」。。。原来如此,对健太的依恋那只是我的一厢情愿。叫惯的名字也不得不改。。。
  “對不起!小姐, No 小兄弟,你可能是個男孩子。”“我不幹!”“不幹也沒辦法,但這確實是意想不到呀。。。”“哼!這一年意想不到的也太多了!”這整個一個波瀾壯闊的「貓生」。。。原來如此,對健太的依戀那只是我的一廂情願。叫慣的名字也不得不改。。。

 「いつもめそめそするなよ、人間だっていろいろあるのだから。なにかやることも考えなさい!」厳しい!やっぱり男はつらいよ。
  “别老哭鼻子了,连人还有个旦夕祸福呢。还是想想干点什么吧!”好严厉!到底是男人真辛苦呀!
  “別老哭鼻子了,連人還有個旦夕禍福呢。還是想想幹點什麼吧!”好嚴厲!到底是男人真辛苦呀!

 なににしようかな、そうだ!まずこれを記事にして、少なくとも皆さんの言葉の勉強に猫の手を貸すことができれば…さらにペットの問題、社会問題…もしかして「一石二鳥」ではなく「一石数鳥」になるかも、これはすごい!僕だって役にたつ猫になりたいんだもん。すっかり元気になりました!
  干点什么呢?这样吧!我先把这些写成文章,至少也可以向学习语言的各位助我小猫的一臂之力呀。。。再有宠物问题、社会問題。。。没准还不是「一箭双雕」而成了「一箭数雕」呢,好棒呦!我也想成为有用的猫嘛。这下儿彻底精神了!
  幹點什麼呢?這樣吧!我先把這些寫成文章,至少也可以向學習語言的各位助我小貓的一臂之力呀。。。再有寵物問題、社会问题。。。沒准還不是「一箭雙雕」而成了「一箭數雕」呢,好棒呦!我也想成為有用的貓嘛。這下兒徹底精神了!

f0056261_1113728.jpg

元気になりました!
精神起来了!
 しばらくの間ご辛抱・ご清聴・ご応援心から感謝いたします。私「小美人」の任期満了に伴い「子猫劇場」もしばらく休場させていただきます。幕間の間に,後任の名前を考えていただけば幸いですが…
  谢谢各位长时间的忍耐、垂听及支持!伴随我「小美人」的任期结满,「小猫剧场」也将暂停演出。幕间休息时间, 如果您能帮助考虑一下继任者的名字我将非常荣幸!
  謝謝各位長時間的忍耐、垂聽及支持!伴隨我「小美人」的任期結滿,「小貓劇場」也將暫停演出。幕間休息時間, 如果您能幫助考慮一下繼任者的名字我將非常榮幸!
2006年3月9日
[PR]
by tubomim | 2006-03-09 11:10 | 2006年