「ほっ」と。キャンペーン
在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
最新のコメント
>harusion11さ..
by tubomim at 09:57
こんにちは とてもきれ..
by harusion11 at 23:08
>arip314:新年在..
by tubomim at 08:56
新年好!您塗得太精彩了!
by arip314 at 16:55
花子ママさん、あけまして..
by tubomim at 15:11
つぼみさん、お久しぶりで..
by hanako_mama at 22:09
>chinahouse:..
by tubomim at 22:17
哇!你祖父是大画家呀!真棒!
by chinahouse at 16:43
> hanako_mam..
by tubomim at 16:47
>Fujimotoさん:..
by tubomim at 16:46
>hanako_mam..
by tubomim at 16:45
先日は、お宝を拝見できて..
by hanako_mama at 17:39
Googleで調べてしま..
by T.Fujimoto at 14:34
ベトナムには注目してい..
by p3-saito at 23:39
在我这边(台湾)越南餐厅..
by お節介じいさん at 12:02
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
<   2002年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
一人の落ちこぼれも出してはならない(一个不能少)
 10月9日体育の日、健康、運動についての文章を少しUPさせていただきます。
  10月9日是日本的国民公休日「体育节」,在这里贴几篇关于健康、运动的文章。
 息子は頭が良く、勉強はよくできるが、体は鈍く、運動は特に苦手だ。小さい頃から、ブランコ、鉄棒、自転車、なわとびなど何一つできなかった。去年、自転車に乗る練習をしていて、4針縫うけがもしたが、結局乗れるようにはならなかった。
  儿子的脑子灵,学习好,可身体笨,运动特别不好。从小打秋千、上单杠、骑车、跳绳样样都学不会。去年为练骑车还去医院缝了4针,结果还是没学会。
f0056261_23565734.jpg

ハンドルを握るとこの緊張した顔になる、補助輪がついているのよ。
一捏手把就变成这幅紧张的小脸,其实自行车两边都带着扶助轮呢。

 今年はさらに煩わしい出来事があった。全校でクラスごとのなわとび大会が開催されたからだ。息子は一人でクラス全体の足を引っ張った。個人跳びは、前回しも後ろ回しもできない。集団跳びは、息子に順番が回ってくるたびにつかえてしまう。皆の意見で息子は縄を回す役になったが、残念なことに、息子は足が不器用なだけでなく、手も不器用だ。それから、息子はもっぱら声援を送る役をさせられることになった。これは息子が得意とするところだったが、先生は言った。「一人の落ちこぼれも出してはならない。」
  今年遇到了更大的麻烦,因为全校举行班级的跳绳比赛大会。他一个人拖了全班的后腿,单跳正反一个都过不去,集体跳只要轮到他就数不下去。大家出主意让他负责抡绳,可惜儿子不光脚笨,手也笨。又让他专管助威呐喊,这可是儿子的强项,但老师说:“一个也不能少”。

 そこで、学校では先生が息子の練習を指導し、放課後は友達と一緒に公園で練習した。私までが、とっくに固まってしまっている全身の筋骨を奮い起こして、息子と一緒に庭で練習した。なわとびの縄だけでも3本が練習によって切れたが、息子はやはり跳べるようにはならなかった。私はしかたなく「先生、どうしてもだめだったら、当日は風邪を引かせましょうか。」と連絡帳に書いた。しかし、息子は特に悲観せず、日記にこう書いた。「僕はまだ跳べないけれど、みんなが『小象君、跳んで!』と言うのを聞くと、体中に力が湧いて来る。いつかはわからないけれど、きっとみんなと一緒に跳べるようになる。」
  于是,在学校老师指导他练,下学后和小朋友们一起到公园去练,连我也抖落起一身早已僵硬的筋骨陪着儿子在院子里练,光跳绳就练断了3根,可儿子还是一个过不去。我无奈地在联系本上写道:“老师,实在不行,那天就让他感冒吧”。然而,儿子并不悲观,他在日记里是这样写的:“虽然我还不会跳,但我一听到大家喊:小象君,跳! 我就浑身来劲儿,哪一天我还不知道,但我一定会和大家一起跳。”

 大会の日がやって来た。息子はやはり跳べるようになっていなかったが、上機嫌で身支度をすると出かけて行った。さらに、出かける前に、必ず見に来るようにと私に言った。私は息子を慰めるつもりで出かけて行き、遠い場所に隠れて見ていた。息子のクラスの集団跳びの順番がやって来た。息子の前後に並んでいる友達は、息子と肩をたたき合ったり、握手をしたりしていた。息子に順番が回って来た。ふと見ると、後ろの友達がそっと彼を押し、みなが「小象、行って!」と叫んでいた。私は本能的に目をつぶった。絶対にその後に悲惨な場面がやって来るとわかっていたからだ。野球でホームランが出た時のような歓声がどっと沸き起こるのが聞こえた。まさか奇跡が起ったのだろうか。そんなはずはない。昨夜だって跳べなかったのに。ふと見ると、息子はすでに列に戻り、友達の後ろに並んで、興奮した様子で手を挙げ、私にOKのサインを送ってよこした。今度は、私は目を見開いて、じっと見た。そしてはっきりと見たのだ。息子は大胆に突き進んで行き、縄を跳ばずにうまく走り抜けて来た。同時に、私は隣のクラスの車椅子に乗った手足のなえた女の子が皆と一緒に列に並び、先生に車椅子を押されて突き進んで行くのを見た。校庭の内外、いたるところで拍手が起きた。これが「一人の落ちこぼれも出してはならない」ということなのだ。
  比赛的日子到了,儿子还是一个不会跳。但他兴高采烈地打扮好出发了,出门前还嘱咐我一定要去看。我就抱着准备安慰儿子的心情去了,躲在远远地看。轮到他们班的集体跳了,排在儿子前后的小朋友跟他又拍肩又握手,轮到儿子跳了,只见后面的小朋友轻轻地推了他一把,就听大家喊:“小象,上!”。我本能地闭上了眼,因为我知道那后面一定是惨不忍睹。我就听到象棒球打出了本垒打似的,爆发出了一片欢呼声。难道奇迹发生了?不可能,昨晚他还不会跳。只见儿子已经回到队里排在小朋友的后面,兴奋地向我举手示意OK。这次我瞪大了眼睛定睛看,看清楚了,儿子大胆地冲上去,并没跳,又顺利地冲出来了。同时我还看到隔壁那个班,有位坐在轮椅上手脚耷拉的小女孩和大家一起排队,由老师推着冲了过去,全场内外掌声四起。这就叫“一个不能少”。

 大会の後も、息子はみなと毎日なわとびの練習を続けた。ついにある日、息子は学校から帰ると、興奮した様子で連絡帳を取り出して私に見せた。そこには、「小象君、おめでとう。とうとう跳べるようになったね。」という先生の言葉があった。その夜、私たちは息子を十分に祝ってやった。その後、連絡帳に絶えず新しい記録が書かれていった。「1回、2回、3回…。前回し37回、後回し3回。」期末の保護者会で、このことを話すと、なんと他の子の保護者も皆知っていて、このことを喜んでいた。なぜなら、子供たちは学校から帰ってから、どうしたら私の息子が皆と一緒に跳べるようになるかをしょっちゅう両親と相談していたからだ。私は息子のなわとびについては、とっくに匙を投げていたのに、息子はみなの力で跳べるようになったのだ。
  比赛大会后,儿子继续和大家每天练跳绳。终于有一天儿子下学进门就兴奋地掏出联系本给我看。老师写到:“祝贺你,小象君!终于跳起来了!”这天晚上我们好好给儿子庆祝了一番。之后联系本上的记录不断更新, “1个、2个、3个……正跳37个,反跳3个”。期末家长会上,说起这事,原来别的小朋友的家长也都知道,都在为此高兴呢,因为他们的孩子回家后经常和家长商量,怎样才能让我儿子和大家一起跳。对跳绳我早已不抱希望的儿子是大家的力量让他跳起来了。

 日本人は団体活動を得意とし、集団精神を重んずると言われる。息子が通っていた日本の保育園や小学校の運動会には個人競技の種目が全くなく、集団競技の種目しかなかったことを思い出した。
  都说日本人擅长集体活动,讲究团队精神。我想起了儿子参加的日本保育园、小学的运动会就根本没有过个人比赛项目,只有集体项目。
2002年5月4日

[PR]
by tubomim | 2002-05-04 22:44 | 2002年 | Comments(55)