在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:2010年( 69 )
消防団
さきほど買い物に出かけた。人も車も少ない。突然先方の真っ黒な中に明るいところを発見。実は私たちが家で紅白を見ながら夜更かしをしているときに、消防団員の皆様は家族と離れてここで私たちを守りながら夜更かしをしているのである。
刚才出去买东西,一路上车稀人少,忽然发现前面黑暗中一处灯火通明。原来当我们在家里看着红白歌赛守岁的时候,消防团的各位离开家人在这里守岁,守着我们。
f0056261_21362686.jpg

他の職業等に就いている一般市民によって団員は構成されており、自治体から装備および僅かな報酬が支給される(報酬がない団も存在する)。その活動はボランティア精神で成り立っている。

[PR]
by tubomim | 2010-12-31 21:36 | 2010年
掘りコタツ(坑式被炉)
当初、大象を選んだ理由の一つはあの象のひづめの器用さと勤勉さ。小さいときに、母が父によく“機械を教えているくせにミシンの修理すらできない”という言葉をぶつけていたのを耳にしたから。
当初选择大象的理由之一就是看上了那个灵巧勤快的大象蹄子,因为小时候常听妈妈叨唠爸爸“还是教机械的呢,连个缝纫机都不会修。”

しかし、私が選んだこの勤勉なひづめは、絶えず家の内外で物づくりか物壊しかをしている。このために20数年間私は母の数十倍(回数)以上、大象に“いじくらないで!”と叫んだことがある。先日北京から家に戻ってきたらなんと大象が家のリビングで大きな穴を掘った!本人曰く“掘りごたつ”だって?!しかし、今回私は叫んでいなかった。昨日も今日も2日間連続この堀の中で昼寝をしていたら、温かくてなんとも最高な気分になったからであった。
但是,我选的这个勤快的象蹄子,不停地在我家屋里屋外不知是作着还是在毁着。为此这20多年来我以高出妈妈数十倍的次数,向大象喊着“别再折腾了!”前两天从北京回到家一看,没想到这次大象在客厅挖了个大坑!按人家说那是“坑式被炉”?!不~过,这回我可没吵吵,因为昨天今天连着两天我都是在这个坑里睡的午觉,暖暖和和别提多好了。
f0056261_2332521.jpg
発掘現場ではありません、我が最高の昼寝場です。
不是挖掘现场,是我午睡的好地方。
f0056261_23312968.jpg

f0056261_23311035.jpg

[PR]
by tubomim | 2010-12-30 23:26 | 2010年
“年末セール”?“年底大甩卖呢?”
只今部屋を片づけながら、マイ・オークションにどんどん出している。小象には「年末セール?」と言われた。並べてみるとやはり中国関係が多い。
一边收拾屋子,一边可劲地往“我买我卖”上堆,小象旁边说话了“怎么了?年底大甩卖呢?”摆上去一看净是中国货。
[PR]
by tubomim | 2010-12-29 14:48 | 2010年
デルタ航空(达美航空)
今年家の事情で、仕事の合間を縫って頻繁に東京⇔北京間で飛んだ。息子の小象がネットで真剣に安いエアチケットを検索した結果、2万円台で往復できるこのデルタ航空に出会った。
今年因为家里的事,我在工作之余频繁地穿梭于东京⇔北京之间。儿子小象在网上拼命地为我寻找便宜机票,结果发现了2万多日元可以往返的达美航空。

安さの代わりに東京出発は夜7~8時、北京出発に至っては朝7~8時台。しかしこれは忙しい私にとってはちょうど効率的な時刻である。そのほかにもう一つ気に入ったのはアメリカサイズのお陰だろうか、席前後の間隔がゆったりしていること。ちょっぴりデルタの宣伝になったが、宣伝料は一銭ももらっていない。しかしノースウェスト時代の遺産と合わせると、私はすでにマイルで航空券をもらえるようになった。
便宜的代价就是要在晚上7~8点才能从东京出发,而北京的出发时间又是在清晨7~8点左右。不过这对于一天到晚忙忙叨叨的我来说倒正是可以有效利用的时间。此外也许是美国尺寸的缘故,位子前后的间距略感宽松,这一点也很让我满意。在此为达美作了点宣传,不过广告费咱可分文未取。但是,加上西北航空那时攒下的积分,我已经可以获取一张免费机票了。
f0056261_025322.jpg
f0056261_03722.jpg

今朝もこのデルタで北京から東京に戻り、明日から休み。これで私の忙しい2010年にも終止符が打てそう。この写真は今朝北京空港で撮影した物である。2011年、この日が昇るように…
今晨也是乘坐这个达美从北京回到东京的。明天开始休息,到此我繁忙的2010年好像可以结束了。这个照片是今晨在北京机场拍照的,愿2011年就如同这冉冉升起的太阳……

[PR]
by tubomim | 2010-12-29 00:03 | 2010年
青春の歌(青春之歌)
父親の体はとても元気で、大概の病気はすぐに治ってしまった。大病にかかったことも無かった。去年の五月に心臓の不調を感じて、母親の再三の説得を受けて、ようやく病院へ検査に行った。その結果、入院して心臓バイパス手術を受けなければならないと告げられた。このときになって初めて医療保険証を使った。
老爸的身体特棒,小病一抗就过去了,大病也没来麻烦过。去年五月偶感心脏不适,在老妈的再三劝说下,才去医院检查。结果被告知需要住院作心脏搭桥手术,这才第一次启用了那个医保蓝本。

話を聞いた私は大急ぎで北京に戻り、病院に駆けつけた。病室へと駆け込むと、父親が歌集を読みながら手術を待っているところだった。実は今は四川にいる、一人の父の大学の同級生が送ってきてくれたもので、歌集の扉にはお互いの親しみをこめた呼び名が書いてあった。その内、手術室の看護士さんが父親を手術を始めるために迎えに来た。父親は私に「何かでこのページを挟んでおいて。術後に続きを見るから。」と言いつけた。
我听说后急忙跑回北京,跑到医院,跑到病房,看到的老爸正在那里看着歌本等候手术呢。原来这是一位现在四川的他的大学同学送来的,扉页上还写着彼此亲切的小名。手术室的护士来接爸爸去手术了,爸爸叮嘱我“找个东西把这页夹住,术后我接着看。”
f0056261_23244148.jpg
f0056261_23353451.jpg

父親のこの同級生は候さんといって、私が2008年に四川地震の被災地に向かった際に成都でお会いした。その際、候さんはこのように語っていた。
爸爸的这位老同学,姓候,我在2008年去地震灾区时在成都见过他。当时他给我讲了很多关于他们当年在学校的事情,其中一段讲道:

あの頃、私たちは本当に歌を歌うことが好きでした。あるとき、学校が私とあなたのお父さんを勉強させるために北京へと送りました。このとき、学校がくれたお金を使って、北京でみんなのために何か楽器を一つ買って帰ろうと考えました。二人で何軒かの楽器屋さんを回って、最終的に伴奏用のアコーディオンに目をつけました。私たち二人はどちらも楽器が出来なかったのですが、店の人が演奏したのを聴いたときにとてもいい音だったからです。帰ってからしばらく考えた末に、あなたのお父さんが、「出来ないなら学べばいい」と言ったので、私たちはまたあの店に行きました。少し教えてもらうと、あなたのお父さんが、「買おう!」と言ったので、それを買った後、二人でアコーディオンを背負って北海公園に行きました。ボートを借りて、湖上の柳の木下で練習を始めたのです。あの頃の公園は今ほど人が多くなかったので、私たちは一人が歌って、一人が演奏して…楽しいことこの上なかったですね。
我们那时候可爱唱歌呢,有一次学校派我和你爸爸去北京学习,我俩揣着学校给的钱想在北京为大家买一件乐器。两人转了几家乐器行,最后看中了一架伴奏用的手风琴。可是我俩谁都不会乐器,只是听店里的人拉的很好听。我们回来后又琢磨了很久,你爸爸说“不会咱们就学呗”于是我俩就又去了那家乐器店,请人家指点了一番,你爸爸说:“买吧!”买完我俩就背着手风琴跑到北海公园租了条船,在湖面上柳荫下练开了。那时公园不像现在这么多人,我俩一个拉一个唱,别提多高兴了。

このとき、私は湖上のあの青春を謳歌する二人の若者が見えた様な気がした。70歳を過ぎた今でも成都高齢者合唱団の主力であると、青春のよき思い出を顔に浮かべたこの方は教えてくれた。ただ、体格は昔ほど格好良くなくなったと語り、それを聞いた私はその場で大笑いした。
此时,我仿佛看到了湖面上那两个充满朝气的青年人。脸上荡漾着青春美好回忆的这位老者告诉我,年过七十的他现在仍就是成都老年人合唱团的主力,只是身板不如以前帅了,听得我当场哈哈大笑。

父親は心臓バイパスと言うこの山を順調に乗り切ることが出来たが、残念ながら、今年の初めに癌が見つかった。放射線治療によって一度は治まったが、10月に入ると日ごとに体調が悪化し、入院して18日目でこの世を去ってしまった。入院期間中もテレビの音楽番組を見ると、昔と変わらず、点滴を受けている手をたたいてリズムを取っていた。父親を送った日に私は棺の中に大きな封筒を入れた。中には我が家全員が揃った写真を1枚と父親が好んだ歌集を1つ入れた。納骨の日には骨箱の中に日ごろが父親が手放さなかったいくつかの小物を入れた。その時に母親の話に従って、父親が好んだ聴いた昔の歌のCDを1枚入れた。父親があの世でも青春の歌を聞けるように。
爸爸顺利地度过了心脏搭桥的这一大关,可惜今年年初又得了癌症。放疗后得到了控制,可是进入十月后日渐不适,住院十八天就去世了。住院期间听到电视里的音乐节目他依旧会举起扎着点滴针头的手打拍子。在为爸爸送行那天我在棺材里放了一个大信封,里面装着一张我们家的全家福,还放了一个爸爸喜爱的歌本。下葬那天我们在骨灰盒里放了几件爸爸平日爱不释手的小东西,妈妈叮嘱给爸爸带上一张他喜爱的老歌光盘,让他在天国也能听到青春之歌。
f0056261_015214.jpg

これはベランダの譜面台に置かれた、父親がサックスを吹くために手書きで写した一冊の楽譜である。
这是凉台乐谱架上爸爸为练习吹奏萨克斯管而手抄的一册乐谱。
[PR]
by tubomim | 2010-12-17 23:11 | 2010年
紅葉(红叶)
父の、あの「満足したピリオド」を安置した次の日に、私は北京から日本へと戻った。翌日からは某省庁の19名と共に休む暇も無く各地へと視察に赴き、このミッションを終えた日からは某市の30数名と共に列島を東奔西走して企業誘致を行った。昨晩、ようやく自宅に帰り、今朝は小象の学校での面談。夜になってようやくここで自分のことに取り掛かることが出来た。
安置好父亲那个“满意的句号”的第二天,我从北京飞回东京。翌日就陪同某部的19位马不停蹄地去各地考察,送走此团的同时又接上某市的30多位东奔西走地在列岛招商。昨晚才转回家,今早又赶到小象的学校去面谈,入夜,总算可以坐在这里整理一下自己的事情。
f0056261_23371675.jpg
ここ数日、日本の紅葉は真っ赤に染まってきた頃で、道中では止めることのできない火焔の如く私のカメラに飛び込み、中で燃えて膨らんだ。
这几天正值日本的红叶如火欲燃,一路上红叶就像似势不可挡的火舌钻进了我的相机,在里面燃烧膨胀。

幸いにも父が世を去る前に、私は病院のベッドのそばで一週間立ち会うことが出来た。この間に、最も私を悲しませ、涙が止まらなかった出来事があった。父は朦朧とした意識の中で、「徳勝門外から710番のバスに乗り、香山に紅葉を見に行こう。」と寝言のようにつぶやいたのである。このとき、北京の紅葉はいよいよ赤く染まろうとしていた。去年の今頃、父親は家族と共にこの710番のバスに乗って、香山に紅葉を見に行ったのである。しかし、今年はここで横になり、天に召されるのを待っていた。
有幸在父亲去世前,我依偎在他的病床边守护了一周的时间。在此期间最让我难过,让我泪流不止的就是听到他朦胧中喃喃地说:“从德胜门外乘710路,去香山看红叶。”此时北京的红叶正要见红,去年的这个时候父亲就是与家人一起乘710路汽车去香山看红叶的,可是今年他却躺在这里等待着上帝的召唤。

父はどれほど生活を愛し、自然を愛していたか。入院する数日前でさえも、暮らしの中で見つけた様々な美しい物をカメラで記録していたのである。途切れることの無い、大粒の涙を抑えきれず、私はベッドのそばを離れて、廊下へと逃げて、さらに中庭へと出て行った。見上げてみると、木は紅葉で真っ赤に染まってきており、本気で父親の慢慢来を病床から、車で連れ出して一緒に香山の紅葉を見に行こうかと考えた。
父亲是多么地热爱生活、热爱自然,就在住院的前几天他还用相机捕捉纪录了他发现的生活中美好的点点滴滴。断线的泪珠让我从床边躲到了楼道,又让我从楼道躲到了庭院。仰头望着树上挂满的泛红树叶,我当时真有心从病床把慢慢来搬起来开车陪他去看看香山的红叶!

f0056261_23423817.jpg
その後、私たちは何箇所かの墓地を見学し、最終的に父親慢慢来のあの「満足したピリオド」を西方郊外の万佛園に嵌めこむことにした。そこは、一山全てが紅葉に覆われて、真っ赤に染まっていたからである。
此后,我们去看了几处陵园,最后决定把慢慢来那颗“满意的句号”镶嵌在西郊的万佛园,因为那里满山红叶,层林尽染。

明日私は再度北京へと戻り、その後は、研修団と共に九州で「一村一品」について学ぶことになっている。しばらくは、私を休ませないで。暇があると、私は景色に触れる度に、感慨にふけり、物を見るたびに、人を思い出すから。
明天我又将去北京,回来后还要陪团去九州学习“一村一品”。近期还是别让我闲着,因为有空我就会见触景生情,见物思人。
[PR]
by tubomim | 2010-11-27 23:39 | 2010年
北京街頭の銀杏
f0056261_20191573.jpg
f0056261_211685.jpg
f0056261_21165410.jpg
f0056261_21171730.jpg
f0056261_2117595.jpg



追記:
北京からはエキサイトブログへの投稿、コメント閲覧はできるものの、コメントへの返信はできません。皆さんから多くの暖かいコメントをいただき心から感謝いたします。

慢慢来自身は死後自分のお墓はないものだと思っていましたが、先日北京西側郊外の万佛園でお墓を選び、墓石の裏には、慢慢来自作の墓碑銘(エピタフ)である「私は自分の人生に満足したピリオドを打った」と記入しました。
[PR]
by tubomim | 2010-11-05 20:21 | 2010年
満足したピリオド(满意句号)
2010年10月26日、慢慢来は満足したピリオドを打ちました。ここで、生前にお世話になった皆様に感謝の意を示させていただきます。
2010年10月26日慢慢来画上了满意句号。在此感谢生前予以他理解帮助的亲朋好友。
[PR]
by tubomim | 2010-10-27 13:03 | 2010年
ノーベル賞(诺贝尔奖)下
f0056261_2252381.jpg
この話題が彼の少年時代の多くの面白い話と共に忘れ去られていた10年後、先月私は「週間文春」上で突然、「マネしてはいけない危ない実験 稲妻を捕獲する」という記事を見つけた。よく読んでみると、実はこれはイグノーベル賞受賞者のアメリカ人、テオ・グレイ氏の傑作のひとつだった。「彼の著書には炎と轟音に満ちた、過激で愉快な50余りの実験が紹介されている。これらの危ない実験は特別な研究室ではなく、自宅の作業場の小部屋で行われている。」文章は最後に、「自由研究の参考にはならないかもしれないが、自由すぎる科学の面白さを満喫して欲しい。」
就在这个话题与他童年的很多趣话一起被淡忘的10年后,上个月我在《周刊文春》上突然发现了“危险实验 捕获闪电”的题目。细读原来这是搞笑诺贝尔奖得主美国人西奥多・格雷(Theodore Gray)的杰作之一。“在他的著书中介绍了50多种充满火焰与轰响的过激而快活的实验。这些危险的实验不是在特别的实验室,而是在自家的小作坊里进行的。”文章最后写到:“虽然不能当作自由研究的参考,但是可以尽享过于自由的科学的乐趣。”

ここで挙げた「自由研究」とは日本の小学校の夏休みの宿題には欠かせない、あの「自由研究」である。近年、この「自由研究」はとてもホットな話題であり、多くは親子の合作である。また、多くの面白いサイトや書籍もある。数年前に私はブログ上に息子の小学3~6年生の際の「自由研究」を載せたが、あまり出来が良くないにもかかわらず、その後、夏休みになる度に私のブログへ予想できないほどのアクセス数をもたらしてくれる。
这里提到的“自由研究”就是日本小学暑假作业必不可少的“自由研究”。近年来这个“自由研究”特别火热,而且多是家长孩子联合作战,出现了不少有趣的专门网站与书籍。几年前我在博客上纪录了儿子小学3~6年级的“自由研究”,虽然研究得并不怎么样,可是此后每到暑假都会为我的博客获取不少意想不到的点击数量。

日本の18名のノーベル賞獲得者を見ると、日本の子どもたちの自由研究を思い出す。研究そのものは笑える物かもしれない。他人と意見が異なるかもしれない。しかし、自由研究のためには自由な環境が必要であり異なる意見を述べることを許すことが必要である。皆様もご存知かもしれないが、2000年にカエルを浮き上がらせる実験でイグノーベル賞を獲得したアンドレ・ガイム氏は今年「グラフェンの開発」によって本当にノーベル物理学賞を獲得した。
看到日本的18位诺贝尔奖得主,我想到了日本孩子们的自由研究。也许研究得很可笑,也许意见与他人不同。但是自由研究要有个自由的环境,允许探索,允许发表不同的意见。大家也许知道2000年因为“磁悬浮青蛙”获得搞笑诺贝尔奖的俄罗斯裔荷兰物理学家安德烈・海姆(Andre Geim),今年(2010年)就因为“二维石墨稀材料的开创性实验”而成为了真正的诺贝尔奖物理学奖的得主。

ノーベル賞が褒め称えるのは夢をかなえた人だが、激励するのは夢を持った多くの人々である。

诺贝尔奖奖励的是个别梦想成真的人,而激励的却是众多拥有梦想的人。
2010年10月10日
[PR]
by tubomim | 2010-10-17 22:48 | 2010年
ノーベル賞(诺贝尔奖)上
今年、また二人の日本人科学者がノーベル賞に選ばれ、これで通算18名の日本人がノーベル賞を獲得したことになった。
今年又有两位日本科学家获得了诺贝尔奖,至今已经有18位日本人获得了诺贝尔奖。

息子の小象が5~6歳の時に、日本人白川秀樹氏が導電性高分子の発見と発明によりノーベル化学賞を獲得されたので、テレビではこの事を毎日繰り返し放送した。テレビを見ることが好きな小象はある日、見ているうちに突然庭で草刈をしている大象に向かって「父さん、僕もノーベル賞を取ってあげるからね。」と言った。それを聞いた大象はぱっと振り返って「今、何と言った?!」そこで小象はまた改めて言った。息子が何を言ったのかは覚えていないが、その時に細くなった彼の父親の目は今でもはっきり覚えている。
记得在儿子小象5~6岁那年,日本人白川英树因为导电性高分子的发现与发明获得了诺贝尔化学奖,电视节目里每天反复进行播放。喜欢看电视的小象,一天看着看着节目,突然对在院子除草的大象喊道:“爸爸,我也要给你拿个诺贝尔奖!”听得大象猛回头“儿子,你说什么?!”小象又重复了一遍,儿子说的什么记不清了,只记得当时他老爸的眼睛眯成了一条缝儿。

その晩、私と小象はベッドでまたこの話題について話した。「小象、君は将来何を発明したいの?」小象があれこれと思いめぐらしていうちにいきなり稲妻が光り、その後雷鳴が轟いた。びっくりした小象は驚いて私の胸の中に飛び込んできた。雷鳴が過ぎた後、彼は「僕は稲妻を研究する。これを使って発電できるかな。ほら、すごいエネルギーでしょ。」「でも、空の上じゃ届かないでしょう。それに一瞬で過ぎ去ってしまうでしょう。どうやって研究するの…」話しているうちにこんな結論にたどりついた。「どういう場合に稲妻が発生するかを調べて、同じ条件を作り上げて、地上や室内で発生させたものを集めて、それから発電に使えるかどうか試す。」そんなことを言っているうちに彼は夢心地へと入ってしまった。私も子どもとの楽しい想像を楽しんだ。
当晚,我与小象在床上又提起了这个话题,“儿子,将来你发明个什么呢?”正当小象胡思乱想的时候,突然来了几道闪电紧接着是轰轰雷鸣,小象吓得躲在我的怀里。待电闪雷鸣过后,他说“我就研究闪电,看看能不能用它发电,你看它有多大的Energy呀。”“那,闪电在天上你够不着呀,再说一闪就过去了,你怎么抓来研究呀……”母子俩个异想天开地聊着“先研究一下它什么情况下打闪,给它创造一个同样的条件,让它在地上打,在房间里打,然后收集起来看看能不能发电。”说着说着儿子进入了梦乡,我也享受了一场与儿子的天方夜谭。
[PR]
by tubomim | 2010-10-17 22:38 | 2010年