在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
夢①(梦想①)
f0056261_13352625.jpg今年のカレンダーもあと1ページだけ。町もクリスマス気分に染まり、まもなく2009年はサンタについて来る。2008年のお正月を私は北京の実家で過ごした。
今年的月历也翻到了最后的一页。街头也沉浸在一片圣诞气氛之中,过不了几天2009年就将随同着圣诞老人来临。2008年的元旦我是在北京的娘家度过的。

ソファーで横になって本を読んでいる私と机の前でパソコンに向かっている父との間に親子の会話が交わされた。いつもと同じく、日本での生活や仕事などについて聞かれ、もちろん今後の予定についても触れていた。「できれば本を一冊出してみたいな」と言ったら、父は手元のキーボートを置いてこっちに向かってきた。「この話、数年前にも聞いたことがあるね。」
躺在沙发上看书的我与坐在桌前敲打计算机的父亲随便的聊着。内容和每次一样,无非是问问我在日本的生活与工作,当然也会聊到今后的打算。“可能的话,我想出一本书。” 说到这里爸爸放下手中的键盘转过来了“这话,几年前我好像就听过呀。”。

確かに私は前から自分の本を出したいという夢を持っていた。そしてこの夢を実現させるためにかつて動いたこともある。が、素人の私には出版というものが難しすぎて、戸惑っている間に夢がどこかへしぼんで行った。しかし諦めたわけでもない、今みたいに余裕がある時にこの夢はまた膨らんでくる。
的确,很早以前我就有一个想出一本自己的书的梦想,而且为了实现这个梦想我也确实活动过。但是,出版这件事,对于外行的我来说实在是太难了。踌躇之间那个梦想就不知萎缩到哪里去了,可是也没有放弃,因为像现在这样悠闲的时候,那个梦想又会膨胀出来。

「ただ夢を見たかったら今のままでいい。しかし夢の本は天井から落っこちて来ないよ。具体的にどこに困難があった?その困難はどうしても越えられなかった?本当に越えることができなかったら諦めて別の夢を見ればいい。人間は進歩しなくちゃ。さもなければ来年またここで横になって同じ夢を見るかもよ。」
“如果只是做做梦,你就像现在这样也可以,但是梦想的书可是不会从天上掉下来的。具体哪里遇到了困难?这个困难是不是无论如何也克服不了了?如果真的过不去了,那就放弃,去梦想点别的也可以。人必须得进步,不然明年这会儿你也许还会躺在这里作同样的梦呦。”

私は起きた。北京滞在はあと三日、この三日間を利用して本格的にぶつかってみたい。着替えて出かけようとしている私に「目標は本を出すこと。ああだこうだ言わずになんとかして本を出せばいい。」と70才も過ぎた父に後ろからさらに言い付けられた。
我翻身起来了。在北京我还有3天,我要用这3天出去真的闯一闯。换好衣服正准备出门,只听70多岁的父亲在后面叮嘱我“你的目的是出书,不要强调这个那个的,想办法把书出来就可以。”

家から出て、私は有名な王府井書店に向かった。この大きな建物の中、本の海だけではなく人の海でもあり、床に座って本を読む人もずいぶんいる。本の海に囲まれた私はこんなたくさんの本を出しているなら、この中に自分の一冊があってもいいじゃないかと一瞬思った。しかし私のあのなかなか一冊にならなかった苦労を考えると、私は初めてここで並んでいる一冊一冊の本の奥にある作者の努力の姿が見えてきた。有名人にも絶対に無名な時代があると思った。ほかにもまだ本にならなかった私の夢のようなものが回りにいっぱい浮かんでいるように見えた。
出了家,我就奔那有名的王府井书店去了。这里不仅书多,人也多,有很多人就坐在地上看书。看看周围上上下下这么多的书,我突然想,这么多的书里,怎么就不能有我的一本呢?但是想想我那总是成不了一本书的辛苦,我第一次看到了每本书后面作者努力的身影,我想就是有名人他也一定有过无名的时代。此外,我仿佛还看到了很多尚未变成书的和我一样的梦想在这里萦绕。

日本と関連のある本は店頭に並んでいる。昔の《菊と日本刀》、また最近日本を訪問した有名キャスターが書いた《白岩松が見た日本》があった。あれだって日本を数日訪問した感想だけじゃないか。私はこの出版社に電話をした。「私は日本に長くもぐっているもので、岩松よりじっくり見ているかも…」とこのように本の出版社を探りながら一社一社に電話をし続けた。インターネットや友人関係などを生かして目標に向かって努力した。1月3日、ついにこの中の一社と話が付いた。
书店门口摆着与日本有关的书。很早以前的《菊花与刀》、还有前一段访问过日本的名主持人写的《岩松看日本》。那不过就是访问了日本几天的感受吧,于是,我就给这个出版社打了电话“我在日本沉底很久,也许比岩松了解的深入一点......”就这样,我一家一家地打电话,寻找着能为我出书的出版社。网络、朋友能利用的都调动起来,奔着我的目标努劲。1月3日,终于与其中的一家签约了。
f0056261_9185732.jpg
夏休み、私はやっとここで私のあの一冊を購入することができた。
暑假,我终于在这里买到了属于我的那一本。

7月に、念願の、自分にとって初めての本ができた。まだいろいろと気にいらないところもあるが、夢は現実になった。出版した喜びより常に気になっていたことに決着が付いた爽快さの方が大きい。父のお陰で 2009年には私はもう同じ夢を見なくていい。一歩進んで新しい夢を見ることができる。夢が父に励まされながら現実になった。しかし夢自体は皆さんに励まされながら見てきた。ここで今まで暖かく励ましてくださった皆さまに本当に心から感謝する。
7月,我的第一本书终于出来了。虽然还有很多不满意的地方,但是梦想变成现实了。与出版带来的喜悦相比,了却了一件常年的心事,更让我感到格外的爽快。多亏爸爸,2009年我就不用再做这个梦了,可以往前走一步,做新的梦了。那个梦想在爸爸的鼓励下变成现实了。但这个梦想本身是受到大家的鼓励才开始做的,所以在这里对热情鼓励我的各位表示衷心的感谢!
   《東瀛手記》
167ページ、68篇構成。1/4はブログ上で未発表のもので、残りは発表したままかさらに内容を加えたものである。ほとんどのものが一篇1000字未満で、中国語だけになっている。日中相互理解に少しでも貢献できれば本当に嬉しい。これも私の夢である。
ちなみに日本からの購入ですが、Shiraさんの記事にご紹介があります。 私の手元にも北京で購入したものが少しあるので、ご希望の方にはご連絡いただければ、1000円(送料込み)でお送りいたします。



[PR]
by tubomim | 2008-12-03 22:57 | 2008年