在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
東漸寺(东渐寺)
文字化けのため、再投稿


先週の今日、私はブロ友の花子ママさんの新しいお家へ遠足に出かけた。遠足先は小金、別に小金井の「井」が抜けたわけではない、ただ私はあまり知らなかった場所である。
上周的今天,我到博友花子妈妈的新家去郊游。郊游的地点是小金,并不是我把“小金井”的“井”漏掉了,只是我不太知道“小金”这个地方。

予定より早く着いたので、駅前でぶらぶらしてみた。びっくりしたのは駅前の近代商業施設を背景に、本土寺、東漸寺、一月寺、八坂神社、貝塚、おまけにマツモトキヨシの発祥地など歴史のゆかりのある⇒があっちこっちを指している。
我比预定时间早到了,就在车站前蹓跶蹓跶。让我没想到的是以站前现代商业设施为背景,本土寺、东渐寺、一月寺、八坂神社、貝塚、外加Matsumoto kiyoshi的发祥地等等,这样有着历史渊源的⇒指向四面八方

迎えに来てくれた花子ママさんは自宅より先に近くの東漸寺に案内してくれた。私たち三人が商業施設の裏の通りに沿って歩いていた。なぜか両側には立派な瓦を乗せた古い住宅、店舗、お寺が多く並んでいる。「小金宿」という看板を見かけたので辞書を調べたらなんとここは水戸街道千住宿から3つ目の宿場町になっていた。 この通りを散策するだけ遠足の価値が十分あると思った。
来接我们的花子妈妈在到她家之前,先带我们去了附近的东渐寺。我们三人沿着商业设施背后的小街走着,不知何故街道两旁排列着很多盖着漂亮瓦顶的老住宅、店铺、还有寺庙。看到了“小金宿”的牌子,我赶紧查阅字典。没想到这里竟是水户街道从千住宿起始的第三站客栈村镇,我觉得仅在 这条街上走走就很有郊游的价值。
f0056261_20252258.jpg
約7、8分ほど歩いたら右手に東漸寺が現れ、総門の右には「勅願所」(ちょくがんしょ)の石碑が建っている。今から約520有余年前に開創され、明治初頭に明治天皇によって皇室の繁栄無窮を祈願する勅願所となった。
大约走了7、8分钟右手出现了东渐寺,大门右边立着“勅愿所”石碑。这里开创于520年前,在明治初期因明治天皇而成为祈愿皇室无限繁荣的勅愿所。
f0056261_20571485.jpg
総門のから前進しると1804年に再建された山門。この山門に掛けられている扁額「佛法山」は中国、明の何請甫の筆によるものらしい。
从大门往前走是1804年再建的山门。这座山门上悬挂的匾额“佛法山”据说出自中国明代何请甫之笔。
f0056261_21243043.jpg
参道の両側にはあじさい、もみじなど四季折々の植物。植物が得意なのぶえさんと同行してよかった、いろいろ教えてもらえるから。この巨大な根っこは何の木?巨木の根っこが好きな大象のために何枚も撮った。
参道两旁绣球花、红叶等四季植物尽展。多亏擅长植物的nobue女士同行,教给我很多。这个巨大的树根是什么树?为了?喜欢大树根的大象拍摄了好几张。
f0056261_21343056.jpg
山門を潜りぬいたら、なんと一面に桜吹雪の傑作、桜絨毯。「木がいっぱいで、一人で来た時にはとても心が静めるところなの。」と花子ママさんの言葉がよくわかる。
钻过山门,没想到满地都是樱花缤纷的杰作,樱花地毯。此时我特别能理解花子妈妈说的那句话“这里树特别多,一个人来的时候感到心里特别的静。”
f0056261_21554243.jpg
さらに次の門を抜け、有名な樹齢320年の枝垂桜。残念ながら既に散って葉桜状態。
再穿过下一道门,就是具有320年树龄的著名枝垂樱。遗憾的是已成了花落叶樱。
f0056261_21563015.jpg
樹齢400年以上といわれる「亀の松」。樹皮のつややかな網目模様と曲がりくねった枝振がお見事。
传说具有400多年树龄的“龟松”。光亮的树皮网纹及扭转的枝干漂亮之极。

また六地蔵のところで見かけた「境外遺跡 貝塚」という表示にとても興味があった。実は来た電車の中で読んだ「歴史 脳ドリル」の中には「なぜ縄文時代中期の貝塚は今の海岸線から離れた台地に残っているものが多い。」の回答に「上昇した海面は東京湾の場合、関東平野の奥深くまで侵入し…東京では、上野の山の西郷さんの銅像あたりまでは海岸で、対岸は千葉の松戸あたりになっていた。」と紹介されているから。まさか!次回の遠足の楽しみにしておこう。
另外,当我在六地藏那里看到“境外遗址 贝塚”时感到特别有兴趣。因为在来这里的电车里我读的那本《历史 脑锻炼》里有一问是“为什么绳纹时代的贝塚多遗留在远离如今海岸线的高地上?”答案解释“海面上升,东京湾当时漫延到关东平原深处……在东京,上野山坡上的西乡铜像附近为海岸,对岸则在千叶的松户一带。”难道正是这里!留作下次郊游的乐趣吧。

東漸寺ばかり紹介していたが、肝心な花子ママ邸のご訪問は?詳細は花子ママさんの家へどうぞ!いっぱい食べて、いっぱいしゃべて、本当に楽しかった!ありがとうございました!そして素敵な町にお住まいなんて本当に羨ましい!シェフの手作り料理最高!次は手作りチャールズ・ヨットの進水式を楽しみにしております。
光介绍东渐寺了,关键的花子妈妈宅邸的访问呢?详情请到花子妈妈家里来。吃了很多,聊了很多,高兴至极!万分感谢!住在这么好的地方着实让我羡慕!厨师长亲手烹饪的佳肴妙不可言!下次就期待着手工查尔斯游轮的下水典礼了。

翻訳ブログ人気ランキング参加中
[PR]
by tubomim | 2012-04-27 19:28