在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
青春の歌(青春之歌)
父親の体はとても元気で、大概の病気はすぐに治ってしまった。大病にかかったことも無かった。去年の五月に心臓の不調を感じて、母親の再三の説得を受けて、ようやく病院へ検査に行った。その結果、入院して心臓バイパス手術を受けなければならないと告げられた。このときになって初めて医療保険証を使った。
老爸的身体特棒,小病一抗就过去了,大病也没来麻烦过。去年五月偶感心脏不适,在老妈的再三劝说下,才去医院检查。结果被告知需要住院作心脏搭桥手术,这才第一次启用了那个医保蓝本。

話を聞いた私は大急ぎで北京に戻り、病院に駆けつけた。病室へと駆け込むと、父親が歌集を読みながら手術を待っているところだった。実は今は四川にいる、一人の父の大学の同級生が送ってきてくれたもので、歌集の扉にはお互いの親しみをこめた呼び名が書いてあった。その内、手術室の看護士さんが父親を手術を始めるために迎えに来た。父親は私に「何かでこのページを挟んでおいて。術後に続きを見るから。」と言いつけた。
我听说后急忙跑回北京,跑到医院,跑到病房,看到的老爸正在那里看着歌本等候手术呢。原来这是一位现在四川的他的大学同学送来的,扉页上还写着彼此亲切的小名。手术室的护士来接爸爸去手术了,爸爸叮嘱我“找个东西把这页夹住,术后我接着看。”
f0056261_23244148.jpg
f0056261_23353451.jpg

父親のこの同級生は候さんといって、私が2008年に四川地震の被災地に向かった際に成都でお会いした。その際、候さんはこのように語っていた。
爸爸的这位老同学,姓候,我在2008年去地震灾区时在成都见过他。当时他给我讲了很多关于他们当年在学校的事情,其中一段讲道:

あの頃、私たちは本当に歌を歌うことが好きでした。あるとき、学校が私とあなたのお父さんを勉強させるために北京へと送りました。このとき、学校がくれたお金を使って、北京でみんなのために何か楽器を一つ買って帰ろうと考えました。二人で何軒かの楽器屋さんを回って、最終的に伴奏用のアコーディオンに目をつけました。私たち二人はどちらも楽器が出来なかったのですが、店の人が演奏したのを聴いたときにとてもいい音だったからです。帰ってからしばらく考えた末に、あなたのお父さんが、「出来ないなら学べばいい」と言ったので、私たちはまたあの店に行きました。少し教えてもらうと、あなたのお父さんが、「買おう!」と言ったので、それを買った後、二人でアコーディオンを背負って北海公園に行きました。ボートを借りて、湖上の柳の木下で練習を始めたのです。あの頃の公園は今ほど人が多くなかったので、私たちは一人が歌って、一人が演奏して…楽しいことこの上なかったですね。
我们那时候可爱唱歌呢,有一次学校派我和你爸爸去北京学习,我俩揣着学校给的钱想在北京为大家买一件乐器。两人转了几家乐器行,最后看中了一架伴奏用的手风琴。可是我俩谁都不会乐器,只是听店里的人拉的很好听。我们回来后又琢磨了很久,你爸爸说“不会咱们就学呗”于是我俩就又去了那家乐器店,请人家指点了一番,你爸爸说:“买吧!”买完我俩就背着手风琴跑到北海公园租了条船,在湖面上柳荫下练开了。那时公园不像现在这么多人,我俩一个拉一个唱,别提多高兴了。

このとき、私は湖上のあの青春を謳歌する二人の若者が見えた様な気がした。70歳を過ぎた今でも成都高齢者合唱団の主力であると、青春のよき思い出を顔に浮かべたこの方は教えてくれた。ただ、体格は昔ほど格好良くなくなったと語り、それを聞いた私はその場で大笑いした。
此时,我仿佛看到了湖面上那两个充满朝气的青年人。脸上荡漾着青春美好回忆的这位老者告诉我,年过七十的他现在仍就是成都老年人合唱团的主力,只是身板不如以前帅了,听得我当场哈哈大笑。

父親は心臓バイパスと言うこの山を順調に乗り切ることが出来たが、残念ながら、今年の初めに癌が見つかった。放射線治療によって一度は治まったが、10月に入ると日ごとに体調が悪化し、入院して18日目でこの世を去ってしまった。入院期間中もテレビの音楽番組を見ると、昔と変わらず、点滴を受けている手をたたいてリズムを取っていた。父親を送った日に私は棺の中に大きな封筒を入れた。中には我が家全員が揃った写真を1枚と父親が好んだ歌集を1つ入れた。納骨の日には骨箱の中に日ごろが父親が手放さなかったいくつかの小物を入れた。その時に母親の話に従って、父親が好んだ聴いた昔の歌のCDを1枚入れた。父親があの世でも青春の歌を聞けるように。
爸爸顺利地度过了心脏搭桥的这一大关,可惜今年年初又得了癌症。放疗后得到了控制,可是进入十月后日渐不适,住院十八天就去世了。住院期间听到电视里的音乐节目他依旧会举起扎着点滴针头的手打拍子。在为爸爸送行那天我在棺材里放了一个大信封,里面装着一张我们家的全家福,还放了一个爸爸喜爱的歌本。下葬那天我们在骨灰盒里放了几件爸爸平日爱不释手的小东西,妈妈叮嘱给爸爸带上一张他喜爱的老歌光盘,让他在天国也能听到青春之歌。
f0056261_015214.jpg

これはベランダの譜面台に置かれた、父親がサックスを吹くために手書きで写した一冊の楽譜である。
这是凉台乐谱架上爸爸为练习吹奏萨克斯管而手抄的一册乐谱。
[PR]
by tubomim | 2010-12-17 23:11 | 2010年