在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
最新のコメント
>harusion11さ..
by tubomim at 09:57
こんにちは とてもきれ..
by harusion11 at 23:08
>arip314:新年在..
by tubomim at 08:56
新年好!您塗得太精彩了!
by arip314 at 16:55
花子ママさん、あけまして..
by tubomim at 15:11
つぼみさん、お久しぶりで..
by hanako_mama at 22:09
>chinahouse:..
by tubomim at 22:17
哇!你祖父是大画家呀!真棒!
by chinahouse at 16:43
> hanako_mam..
by tubomim at 16:47
>Fujimotoさん:..
by tubomim at 16:46
>hanako_mam..
by tubomim at 16:45
先日は、お宝を拝見できて..
by hanako_mama at 17:39
Googleで調べてしま..
by T.Fujimoto at 14:34
ベトナムには注目してい..
by p3-saito at 23:39
在我这边(台湾)越南餐厅..
by お節介じいさん at 12:02
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
けんかするほど仲がいい(不打不成交)
「一博一品(2008)」30名の作者の最年長者は当時79歳の福田さんであった。福田さんはブログを持っていないのでその文章をここで紹介させていただきます。
《一博一品(2008)》30名作者中年纪最大的是当时79岁的福田先生,因为他没有博客,所以将他的文章在这里介绍一下。

福田さんと出会ったのは1987年日本、中国、ネパール連合登山(エベレスト)の打ち合わせの時であった。その後、福田さんは中国へ旅に行くたびに日本留学を希望していた中国の若者を日本に呼んできた。合わせて30名の留学生の面倒を見てきた。留学だけではなく、それぞれの就職、転職、結婚、離婚、出産、その子供たちの面倒までも。。。。。。今この30名の元留学生は日本と中国でそれぞれ活躍している。すでに80歳になった福田さんはこの5月、また中国へ旅に出かける。相変わらず総隊長として、相変わらず徒歩で、相変わらずとても元気である。
与福田先生认识是在1987年中国、日本、尼泊尔三国联合攀登珠穆朗玛峰的会谈之际。此后,他每次去中国旅行都会办来希望到日本留学的中国青年,一共30名。不仅照顾他们留学,还有就职、转职、结婚、离婚、乃至他们的下一代。。。。。。现在这30名原来的留学生都活跃在中国与日本各地。已经80岁的福田先生这个5月又要去中国旅行了,依旧是总队长,依旧是徒步之旅,依旧身体硬朗。

                 福田さんの自己紹介
福田、男性。79歳。出身地:神戸 現住地:神戸

本格的な登山を中学1年生から始める。
1959年神戸大学欧州親善学術旅行隊隊長として日本製スクーターでヨーロッパ一周。
1986年神戸大学西蔵学術登山隊事務局長。未踏峰のクーラカンリ初登頂。
1990年~2000年世界文化遺産万里長城学術踏査隊隊長(玉門関~山海関6000km)。
2006年昆明~横断山脈(4000~5000m)を登山、ラサに至り、チョモランマの大本営へ。
                   福田的自我介绍
福田,男,79岁。出生地:神户 居住地:神户

从中学1年级开始正式登山。
1959年作为神户大学欧洲亲善学术旅行队的队长, 驾驶日本产轻型摩托车巡访欧洲各地。
1986年任神户大学西藏学术登山队事务局长。首次成功攀登处女峰库拉岗日峰。
1990年~2000年任万里长城学术徒步考察队队长(玉门关~山海关全程6000km)。
2006年攀登昆明~横断山脉(4000~5000m), 到达拉萨,并前往珠穆朗玛大本营。


                   福田さんの文章
                   福田先生的文章




1960年当時、ヒマラヤの南側には既に7000mクラスの未踏峰は無かったが、それまであまり人の入らなかった中国側のチベットにはまだこの7000mクラスの未踏峰があったので、この未踏峰の登山許可をもらうべく「中国登山協会」へ「神戸大学山岳会」として交渉をしていた。たまたま中国登山協会の主席である史占春氏が京都にいらした時に私は神戸大学の代表として京都で史主席と登山許可の件でお会いした。
早在1960年,喜玛拉雅山南侧7000米以上的处女峰就已经没有了。但是在以往人们很少进入的中国一侧的西藏地区尚存有人类未曾涉足的7000米以上的处女峰。为了获得该地区处女峰的登山许可,“神户大学山岳会”与“中国登山协会”进行了交涉。一个偶然的机会,中国登山协会主席史占春先生来到了京都。此时,我作为神户大学的代表为了登山许可之事在京都拜会了史主席。

史主席が「神戸大学からチベットの7000mクラスの未踏峰の登山申請が出ているので、私は今回その登山許可をするつもりだ。その山はナムチャバルク峰(7782m)の北にあるギャラベリ峰(7294m)だ。但しこの山を神戸大学と日本○○協会と○○山岳連盟の三者で登る様に許可する。」と言われた。私はこの許可にはビックリした。中々降りない登山許可が降りた事よりも「神戸大学の単独許可」ではなく、民間の登山グループとの抱き合わせの許可を史主席がされた事である。
史主席说“神户大学提出了攀登西藏地区7000米以上处女峰的申请,我这次准备批准该项登山活动。批准的山峰就是位于南迦巴瓦峰(7782m)北部的加拉白垒峰(7294m)。但是,这个山峰是批给神户大学、日本○○协会及○○山岳联盟三家联合攀登的。对这个许可我感到出乎意料。出乎意料的不是一直没有得到的许可终于被批准了,而是史主席批准的不是“神户大学的单独许可”却是与民间登山组织捆绑在一起的许可。

そこで私は「史主席は日本の登山史をご存じない。日本では戦前、戦後を問わず登山をリードしてきたのは『大学山岳会』であります。戦後民間の登山会が出来ましたが、登山と言うものは一つの思想その物で、大学山岳会と民間山岳会とではこの登山に対する思想が違うのです。こうした思想即ち考え方の違うグループが一緒に登山すると万一危険な状況になるとこの思想、考え方の異なる者同士では安全確保が出来ません。ですから私は史主席が神戸大学に許可を下さる事に心からお礼申し上げますが、この三者合同の登山には反対です。このギャラベリ峰を神戸大学に単独で許可を下さい。」とお願いした。 
于是我说:“史主席您不了解日本的登山史。日本不论在战前战后,主导登山运动的一直是“大学山岳会” ,战后才有了民间的登山会。但登山本身是一种思想的体现,大学山岳会与民间登山会对登山的思想是不同的。让这种思想即思惟方式不同的组织一起去登山,一旦发生万一的情况,这种思想、思惟方式各异的人们在一起是无法确保安全的。所以我对史主席批准神户大学此次登山表示衷心的感谢,但是对此次的三家联合登山表示反对。请您批准神户大学单独攀登加拉白垒峰。”

ところが史主席は机を叩いて怒った。「中国の7000mクラスの峰もあまり数はなく、その中からこのギャラベリ峰を選んでやったのだ。申請が沢山出ているから、今回この三者で登る様に許可をしてやったのに…何と言うことか!」と。
没想到史主席一听却击案大怒:“中国并没有那么多7000米以上的高峰,这次是特意在这里面为你们选择了这个加拉白垒峰。因为申请登山许可的团队太多了,所以才批准了你们三者联合登山……你还有什么好讲的!”

「史主席のその御高配には深く感謝致しますが、神戸大学としてはこの民間登山会との合同登山は出来ません。ですから神戸大学に単独登山をする許可をお願いします。」と重ねてこの単独登山への許可をくれる事をお願いした。
“非常感谢史主席对我们的特别关照,但是作为神户大学不能与民间登山会联合登山。所以恳请您批准神户大学单独登山。”就这样我再次提出了希望单独登山的请求。

実は1980年代、その当時のチベットでの未踏峰の最高峰はナムチャバルワ峰(7782m)で、それはヤルツァンポ河の南側に位置している。そのヤルツァンポ河の北側に有るのがこのギャラベリ峰(7294m)だった。神戸大学山岳会は、このナムチャバルワ峰の登山許可を申請していた。だが、中国登山協会から「ナムチャバルワ峰は中国の未踏峰の最高峰で、中国の宝物である。この山は中国で登るのでこの山の許可は出来ない」と言われた。そして、その結果許可が下りたのが、三者合同登山のギャラベリ峰だったのである。
其实在上世纪80年代,当时西藏的最高处女峰是南迦巴瓦峰(7782m),位于雅鲁藏布江南侧。在雅鲁藏布江北侧还有一座山峰,就是这个加拉白垒峰(7294m)。神户大学山岳会申请的是南迦巴瓦峰,可是中国登山协会说“南迦巴瓦峰是中国最高的处女峰,是中国之宝。该山要由中国的登山队来攀登,所以不能批准。”最后许可是批下来了,但内容是三家联合攀登加拉白垒峰。

そこで、それから私は何回も北京に足を運んだ。史占春主席は忙しい方で登山協会へお伺いしても中々お会いする事が出来ない方であった。世界中の登山家がチベットの未踏峰の登山許可を求めて“お百度参り”をしていた時である。京都にて私たちの間で登山について激しい議論があったが、それによって逆にお互いに知りあい、親しくなった。私が北京に行く度にどんなに忙しくてもできる限りの時間を作って会いに来てくれた。大分前のことだが、深夜2:00に私が宿泊している前門飯店に会いに来てくれたときの光景は今でも鮮明である。こうして、次第にお互いに心が通う「老朋友」となった。そして、1984年のクリスマスの前夜、史主席から電話が入り、「クリスマスプレゼントに神戸大学にブータンとの国境にあるクーラカンリ峰(7538m)の登山を許可する。」と言われた。私は思わず“ヤッター”と叫んだ。そして1986年4月21日に初登頂を成し遂げた。この事から神戸大学と中国登山界の交流も益々盛んになった。
于是,此后我便多次前往了北京。史占春主席很忙,就是拜访了中国登山协会也往往是难得一见。当时正是世界各地的登山家们为了取得西藏处女峰的许可,多次前往百般恳求之时。在京都我与史主席之间关于登山有过激烈的争论,可是我们由此相互了解,反倒亲近了。我每次去了北京,史主席不管多忙都会尽量挤出时间来看我。很久以前有一次史主席曾在半夜2:00到我住宿的前门饭店来看我,那时的情景让我至今难忘。就这样我们成了心灵相通的“老朋友”。在1984年的圣诞节前夜,我接到史主席的电话:“作为圣诞礼物,批准神户大学攀登位于与不丹边境的库拉岗日峰(7538m)。”我不由得高喊:“太棒了!”1986年4月21日,我们终于初次成功登顶。从此神户大学与中国登山界的交流就越来越频繁了。

1987年、そして1989年にバイクで中国大陸20000kmを横断。1995年水上バイクで長江(武漢~山峡~重慶)遡行など、今まで中国のあっちこっちを旅したが、大半は他人が体験したことの無いコースなので、申請から実施するまでもめることが常にともなう。しかしもめることにより私の「老朋友」がどんどん増えてきた。
1987年、1989年驾驶摩托车穿越中国大陆20000km,1995年驾驶水上摩托沿长江逆行而上(武汉~三峡~重庆)等,迄今为止我到过中国的很多地方。大多是他人没有走过的线路,所以从申请到实施整个过程经常会发生争执。但是伴随着这样的争执,我的“老朋友”也越来越多。

日本と中国の間でもお互いにもめたリ、指摘したりすることがしょっちゅうあるが、実はその大半が相手と実際に会ったことも無い人である。そのため、多くは自分のイメージの中の相手ともめたりしているのではないかというような気がする。実際に会ってみて、意見が合わないときには、たとえけんかしたとしても、すればするほど分かり合うことができ、お互いに理解ができる。
日本与中国之间也经常会发生相互争执,相互指责的事情。其实大多数人连对方的面都还没有见过,很多都是在与自己印象中的对方进行争执。而实际一接触,意见有分歧时,即使是争吵起来也是越吵越能相互了解,从而达到相互理解。

実際に近づいてみて分かったことだが、お互いにただ一人の人間と人間であり、そして同じ地球に住んでいる人間であるということである。
实际走近一看就会明白,我们彼此不过只是一个人与另一个人而已,而且都是住在同一个地球上的人。
[PR]
by tubomim | 2009-04-16 11:10 | 2008年 | Comments(2)
Commented by zxt7867 at 2009-04-16 15:11
さすが、つぼみさん、请教请点击那里是more吗?分かりやすいですね。
Commented by tubomim at 2009-04-16 22:01
>zxt7867さん:長いので、めったに使わない「more」を使わせていただきました。