在日中国人女性の随筆  
tubomim.exblog.jp

日本語・中国語併記ブログ
記事ランキング
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 05月
2004年 06月
2003年 08月
2003年 07月
2002年 10月
2002年 05月
2002年 04月
2001年 12月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 08月
カテゴリ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログジャンル
画像一覧
本当にあった話(真实的故事)
「一博一品(2008)」30名の作者の一人として当時72歳の慢慢来は下記の文章を投稿した。日本語は当時13歳の小象が翻訳した。中国語はここ⇒《真实的故事》をご参照。
作为《一博一品(2008)》30名作者中的一员,当时72岁的慢慢来投了下面的这篇文章。日文由当时13岁的小象进行翻译,中文请参照这里⇒《真实的故事》


実は慢慢来はこの文章を一度投稿したものの削除した。なぜかというと、小さい時に両親から聞いたこの話が「本当にあった話」というタイトルを裏切らないよう、山西省の太原市、交城県の親戚や知人を通じて調べていた。調べた結果、この話を知っている人は今でも多くおり、「そして日本人としての習慣はずっと保ち続けていて、常に山村のオンドルの上で正座をして人と話している。」という証言まで見つけた。そこで慢慢来は再投稿した。
其实慢慢来将这篇文章投稿后,自己又删掉了。为什么呢?为了让这个小时候听父母讲的故事,不辜负《真实的故事》这个题目,慢慢来通过山西省太原市、交城县的亲戚及朋友去进行调查了。调查的结果,至今还有不少人知道这件事,还有人证实“这位老太太一直保持着日本人的习惯,总是跪在炕头上与别人聊天。”于是,慢慢来再次投稿。

今年のはじめに「一博一品(2008)」は出版した。お祝いすると同時に慢慢来はこの話について詳しい情報を知っている人がいないかとネット上続けて募集している。なぜかと聞いたら「書いた以上、自分のできるかぎり最善を尽くし『本当にあった話』を記録したい」とパソコンに向かった慢慢来が見せてくれた父親の背中。
今年年初《一博一品(2008)」》出版了,在祝贺的同时,慢慢来又在网络上继续寻找有没有更了解这件事的人了。这是为什么呢 ? “我既然写了,就尽自己的努力记述一个《真实的故事》” 我静静地望着趴在电脑前慢慢来让我看到的这位父亲的背影。


   山西に咲いた花-梅子の恋物語

「交城山、交城川、交城県を潤わさず、分水県を潤す」。山西省交城県はこの一つの有名な民謡によって全国に名が知られている。だが、そこは一つの小さくて貧しい県で全体の80パーセントもの面積が山地である。ここには交通といえるものがない。曲がりくねった山道にはロバとリヤカーしか通れない。しかし、この山のある集落の中に一人のその地でとても尊敬されている日本人のおばあさんがいる。あの「抗日」の時代にあっても誰も彼女を責めることはなかった。このおばあさん、もしまだ生きているならば、およそ百歳になるだろう。私は彼女の本名を知らないので、ここでは「梅子夫人」と呼ぼう。

話によると、あのころ梅子は日本の貴族のお嬢様だった。彼女が中国の留学生の王さんと相思相愛になり、結婚した後、夫と共に中国にやってきた。まずは太原に、その後、この、まるで世の中から隔絶されたような王さんの実家に流れ着いた。
 
最もロマンチックなのはやはり彼(彼女)らが日本にいたときの恋物語だろう。当時日本にいた中国の留学生たちは、彼らの相思相愛は絶対に不可能で、王さんには分不相応だと皆思った。しかし後になって、これは覆された。そう、二人の恋は真実になってしまったのだ。

日本にいる間、王さんはとても貧しく、刺激の無い生活を送っていた。暇なときにはよく退屈しのぎに窓の外を見た。これが彼の一日のうちで最も自由な時間であった。しばらくして、決まった時間に必ず、ある日本人のお嬢様が自転車で窓の前を通り抜けていくのを彼は発見した。その内、時間になると一目見ようと体が勝手に動くようになった。見れば見るほどのめりこんでいく。このお嬢様は何を取ってもいいのである。

だが困ったことに彼女は一回も彼に興味を示したことが無い。王さんは一つの策略を練り、梅子が下校し帰宅する最中を狙って、一台のボロ自転車を借りて後から追いかけた。そして、彼の前輪が梅子の後輪に追いついた瞬間、いきなりハンドルを回した。梅子は道路の上にひどく転んでしまい、王さんまでもがビックリした。梅子がここまでひどく転ぶとは彼も思っていなかった。彼は梅子を抱えると一気に病院へと走っていった。治療と入院手続きの最中に、彼は電話で梅子の家族にこのことを知らせた。だが、梅子の両親が病院に駆けつけるより先に、彼は病院を離れていた。

三日後、王さんは花束を持って梅子の見舞いに来た。偶然梅子の母も病室にいた。梅子の母は彼の行為に再三感謝を示した。五日目にまた来ると、彼女の母の態度は急に180度変わった。危うく彼を病室からつまみ出すところだった。このとき、どうやら梅子の両親は何かに気が付いたらしく、再度梅子が彼と会うことを許さなかった。また、病院の看護士にもそう伝えた。

これには梅子もちんぷんかんぷんだった。だが、梅子は王さんが相変わらず彼女に会いに来ていて、窓の外であるときは手を振って、あるときは軽く頭を下げて、何か梅子のしぐさを見ると満足げに帰っていくのを見つけた。王さんが来る時間も決まっていて、時間になっても来ないと梅子は気を揉んだ。このあと、梅子の家は二度と静まらなかった。そして、その騒ぎは終わりを知らなかった。梅子の両親はいろいろな飴と鞭を使った。だが、それも実らず最終的には、無情にも「家族の縁を切る」という決着になった。梅子は後ろも振り向かず、後へも引かずに夫の王さんと中国にやってきた。

中国に帰ってくると、王さんは太原で給料のいい仕事を見つけた。二人の生活はとても満ち溢れた幸せなものであり、また家には相次いで二人のかわいい娘が生まれた。だが、神様に願いは届かなかったようだ。運命の悪魔は無情にも襲い掛かってきた。王さんは突然の病で帰らぬ人となり、あっという間にこの幸せな一家は苦境に陥った。かわいそうな梅子は藁にもすがる思いだった。そこで、梅子は頼れる知人も無く、土地勘も無い太原を去ることにした。そして、最終的には王さんの故郷でいまだ会ったことも無い王さんの親戚を頼ることに決めた。

こうして、夫を亡くした母子は交城県のこのとても貧しい山村にやってきた。村人は、好奇心と同情の気持ちを持って彼女たち3人を受け入れた。梅子が初めてやって来たときは、再度まったく見知らぬ世界に入ったようだった。彼女が知っていた僅かな中国語はここではまるで通じなかった。だが、梅子はここを唯一の家だと認めた。梅子のあきらめない性格と優しい心が彼女の人生に再度奇跡を起こした。彼女の境遇は孤独で誰にも助けてもらえない状態から仲良く互いに助け合うまでに至り、最終的には村人の心からの親しみと尊敬を受けるまでに至ったのである。彼女は交城の山村の方言も身に付け、誰も彼女を外国人だとは見抜けない。だが、日本人としての習慣はずっと保ち続けていて、常に山村のオンドルの上で正座をして人と話している。聞いた話によると、二人のきれいな娘さんは既に山から出て新たな世界を切り開いたという。だが、彼女たちは永遠に、尊敬する母である梅子を忘れることは無いだろう。

この物語は私の父親がまだ在世のころ何度となく話してくれた。父親はおろか母親までもが王さんと知り合いである。なぜなら父親は1920年(民国9年)に北京師範大学理工化学学部を卒業後、公費留学生として日本東京帝国大学に留学に行った際、日本にいた王さんと同年代で交城県出身の同郷であるからだ。
2006年 06月 12日
[PR]
by tubomim | 2009-04-07 20:01 | 2009年